新しい

公称対実量

公称対実量

実際の変数とは、価格やインフレの影響が取り除かれた変数です。対照的に、名目変数は、インフレの影響が抑制されていない変数です。結果として、名目変数は実際の変数ではなく、価格とインフレの変化の影響を受けます。いくつかの例が違いを示しています。

名目金利と実質金利

年末に6%を支払う額面で1年の債券を購入するとします。年初に100ドルを支払い、年末に106ドルを受け取ります。したがって、債券は6%の金利を支払います。インフレーションを考慮していないため、この6%は名目金利です。人々が金利について話すときはいつでも、特に明記しない限り、名目金利について話している。

今、その年のインフレ率が3%であると仮定します。今日は商品のバスケットを買うことができ、100ドルかかるか、来年そのバスケットを買うことができ、103ドルかかるでしょう。 6%の名目金利で100ドルで債券を購入し、1年後に売却して106ドルを取得し、103ドルで商品のバスケットを購入すると、3ドルが残ります。したがって、インフレを考慮に入れた後、100ドルの債券は3ドルの収入を得ます。 3%の実質金利。名目金利、インフレ率、実質金利の関係は、フィッシャーの方程式で記述されます。

実質金利=名目金利-インフレ

インフレが正の場合、通常はそうですが、実質金利は名目金利よりも低くなります。デフレがあり、インフレ率が負の場合、実質金利は大きくなります。

名目GDP成長率と実質GDP成長率

GDPまたは国内総生産は、国で生産されるすべての商品とサービスの価値です。名目国内総生産は、現在の価格で表される生産されたすべての商品とサービスの価値を測定します。一方、実質国内総生産は、基準年の価格で表される生産されたすべての商品およびサービスの価値を測定します。例:

2000年に、国の経済が2000年の価格に基づいて1,000億ドル相当の商品とサービスを生み出したと仮定します。基準年として2000を使用しているため、名目GDPと実質GDPは同じです。 2001年には、経済は2001年の価格に基づいて1100億ドル相当の商品とサービスを生産しました。 2000年の価格が使用される場合、それらの同じ商品とサービスは、代わりに$ 105億で評価されます。次に:

2000年の名目GDP = 1,000億ドル、実質GDP = 1,000億ドル
2001年の名目GDP = 1,110億ドル、実質GDP = 1,050億ドル
名目GDP成長率= 10%
実質GDP成長率= 5%

繰り返しますが、インフレが正の場合、名目GDPと名目GDP成長率は名目GDPよりも低くなります。名目GDPと実質GDPの差は、GDPデフレーターと呼ばれる統計でインフレを測定するために使用されます。

名目賃金と実質賃金

これらは、名目金利と同じように機能します。したがって、名目賃金が2002年に50,000ドル、2003年に55,000ドルであるが、価格レベルが12%上昇した場合、2003年の55,000ドルは2002年に49,107ドルを購入するので、実際の賃金は終わりました。以下により、基準年の観点から実際の賃金を計算できます。

実質賃金=名目賃金/ 1 +基準年以降の価格上昇率

基準年からの価格の34%の上昇は0.34と表されます。

その他の実変数

他のほとんどすべての実変数は、実質賃金と同じ方法で計算できます。連邦準備制度は、個人在庫の実質変化、実質可処分所得、実質政府支出、実質民間住宅固定投資などの項目に関する統計を保持しています。これらはすべて、価格の基準年を使用してインフレを説明する統計です。