生活

人間のクローニングは禁止されるべきですか?

人間のクローニングは禁止されるべきですか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

一部の州では人間のクローン作成は違法であり、米国連邦の資金を受け取っている機関は実験を禁止されていますが、米国では人間のクローン作成に対する連邦政府の禁止はありません。あるべきですか?よく見てみましょう。

クローニングとは

クローニングとは、「両親と遺伝的に同一である子孫の発達を指します。」クローン作成はしばしば不自然なプロセスと呼ばれますが、自然界ではかなり頻繁に発生します。たとえば、同一の双子はクローンであり、無性生物はクローン化によって繁殖します。しかし、人工クローンは非常に新しく、非常に複雑です。

人工クローニングは安全ですか?

未だに。羊のドリーを作成するのに277回の不成功な胚着床が必要であり、クローンは急速に老化し、他の健康上の問題を経験する傾向があります。クローニングの科学は特に進歩していません。

クローニングの利点

クローニングは次のことに使用できます。

  • 胚性幹細胞を大量に生産します。
  • 動物を遺伝的に改変して、より簡単に人間に移植できる臓器を作ります。
  • 個人またはカップルが有性生殖以外の手段で生殖することを許可します。
  • 置換臓器組織をゼロから成長させます。

この時点で、米国での生の議論は、ヒト胚のクローン化についてです。科学者は一般に、クローン化された人間がおそらく深刻な、そして最終的には健康上の問題に直面することを考えると、クローン化が完了するまで人間をクローン化することは無責任であることに同意します。

人間のクローニングの禁止は憲法の義務をパスしますか?

少なくとも今のところは、ヒト胚のクローン作成が禁止されているでしょう。建国の父は人間のクローン作成の問題に対処しませんでしたが、中絶法を見ることによって最高裁判所がクローン作成をどのように裁定するかについて教育的な推測をすることは可能です。

妊娠中絶には、胚または胎児の利益と妊娠中の女性の憲法上の権利という2つの利益があります。政府は、胚および胎児の生命を保護することに対する政府の関心はすべての段階で正当であるが、「説得力のある」、つまり、女性の憲法上の権利を上回るのに十分ではなく、通常22または24週間と定義される生存可能性の点まで
人間のクローンの場合、憲法上の権利が禁止によって侵害される妊婦はいません。したがって、最高裁は、政府が人間のクローン作成を禁止することにより胚の生命を保護するという正当な利益を推進できない憲法上の理由はないと裁定する可能性が非常に高い。
これは、組織固有のクローニングとは無関係です。政府は、腎臓または肝臓組織の保護に正当な関心を持っていません。

胚クローニングは禁止される可能性がある-米国では禁止されるべきか?

ヒト胚クローンに関する政治的議論は、2つの技術に焦点を当てています。

  • 治療的クローニング、またはそれらの胚を破壊して幹細胞を採取することを目的とした胚のクローニング。
  • 生殖クローン、または着床を目的とした胚のクローニング。

ほぼすべての政治家は、生殖クローン作成を禁止することに同意していますが、治療的クローン作成の法的地位については継続的な議論があります。議会の保守派はそれを禁止したい。議会のほとんどの自由主義者はそうしません。

FDAとヒトクローニングの禁止

FDAは、人間のクローンを規制する権限を主張しています。つまり、科学者は許可なく人間をクローンすることはできません。しかし、一部の政策立案者は、FDAがいつかその権限を主張するのをやめるか、議会に相談せずに人間のクローンを承認するかもしれないと心配していると言います。