情報

封建制度における階級アイデンティティに関する事実

封建制度における階級アイデンティティに関する事実


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

封建時代の日本は、軍事準備の原則に基づいた4層の社会構造を有していました。頂上には大名と武士がいた。農民、職人、商人の3種類のcommon民がsaの下に立っていました。他の人々は階層から完全に除外され、革なめし、動物の屠殺、非難された犯罪者の処刑などの不快なまたは汚れた義務に割り当てられました。彼らは部落民、または「村の人々」として丁寧に知られています。

基本的な概要では、このシステムは非常に厳格で絶対的なようです。ただし、このシステムは、簡単な説明が示すよりも流動的で興味深いものでした。

ここに、封建的な日本の社会システムが人々の日常生活で実際にどのように機能したかのいくつかの例があります。

•普通の家族の女性が武士と婚約した場合、彼女は2番目の武士の家族に正式に養子にされることができます。これにより、common民とtermの婚term禁止が回避されました。

•馬、牛またはその他の大型家畜が死亡した場合、地元の追放者の財産となりました。動物が農民の私物であったかどうか、またはその体が大名の土地にあったかどうかは関係ありませんでした。一度死んだのは イータ それに対する権利がありました。

•1600年から1868年までの200年以上にわたり、日本の社会構造全体は、militaryの軍事施設の支援を中心に展開していました。しかし、その期間中、大きな戦争はありませんでした。ほとんどのmuraは官僚を務めていました。

•武士階級は基本的に社会保障の形で生活していました。彼らには米で一定の給料が支払われ、生活費の増加に対する昇給は受けませんでした。その結果、一部のサムライ家族は生計を立てるために傘やつまようじなどの小物の製造に頼らなければなりませんでした。彼らは密かにこれらのアイテムを行商人に渡して売ります。

•武士階級には個別の法律がありましたが、ほとんどの法律は3種類すべてのcommon民に等しく適用されました。

•サムライとcommon民には、異なる種類の住所がありました。 common民は彼らが住んでいた帝国の州によって特定され、whileは彼らが仕えた大名のドメインによって特定されました。

•愛のために自殺を試みたが失敗したCommon民は犯罪者と見なされたが、処刑されなかった。 (それは彼らに願いを与えるだけでしょう?)それで、彼らは追放された非人になりました、または ひにん、代わりに。

•追放されることは、必ずしも退屈な存在ではありませんでした。江戸(東京)の追放者の一人、だんざえもんは、武士のように2本の剣を身に着け、通常は大名に関連する特権を享受しました。

•武士とcommon民の区別を維持するために、政府は「剣狩り」または カタナガリ。剣、短剣、または火器で発見されたCommon民は死に至るでしょう。もちろん、これも農民の蜂起を思いとどまらせました。

•大名への特別奉仕のために名誉を授与されない限り、Common民は姓(姓)を持つことを許されませんでした。

•が イータ 追放のクラスは動物の死体の処分と犯罪者の処刑に関連しており、ほとんどが実際に農業によって生計を立てていました。彼らの汚れた義務はただの副業でした。それでも、彼らは一般の農民と同じ階級にいるとは考えられませんでした。

•ハンセン病(ハンセン病とも呼ばれる)の人は、 ひにん コミュニティ。しかし、旧正月と真夏の前夜には、彼らは街に出て公演しました モノヨシ (お祝いの儀式)人々の家の前で。町民はその後、食べ物や現金で彼らに報いました。西部のハロウィーンの伝統と同様に、報酬が十分でない場合、ハンセン病患者はいたずらをするか、何かを盗みます。

•盲人は、家族の家にいる限り、生まれたクラス--、農民など-に留まりました。ストーリーテラー、マッサージ師、または物beいとして働くために彼らが冒険した場合、彼らは視覚障害者のギルドに参加しなければなりませんでした。

•と呼ばれる一般人 ゴムネ、通常は追放者のドメイン内にあったはずのパフォーマーや物ggいの役割を引き受けました。しかし、ゴムネが物ggingいをやめ、農業や工芸に落ち着くとすぐに、彼らは平民としての地位を取り戻しました。彼らは追放されたままであると非難されませんでした。

ソース

ハウエル、デビッドL 19世紀の日本におけるアイデンティティの地理、バークレー:カリフォルニア大学出版局、2005年。