面白い

ロバートウィルトン

ロバートウィルトン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ロバートウィルトンはのために働いた タイムズ ロシアで14年間。これには、彼が第一次世界大戦とロシア革命について報告したことも含まれていました。ウィルトンは、モーガンフィリップスプライスによって批判されました。 マンチェスターガーディアン、および他のリベラル派、彼がLavrKornolov将軍によって試みられた軍事クーデターのために与えた支援に対して。彼の本、 ロシアの苦悶、1918年に発行されました。

晴天のために誰もが戸外に出てしまい、橋と大道へのアプローチがなんらかの理由で開いたままになっていたため、アドミラルティとモスクワ駅を何マイルも隔てるまで、あらゆる年齢と条件の群衆がネフスキーに向かいました。人と黒人でした。組み立てないようにという警告は無視されました。コサックは見えませんでした。警備員の小隊は中庭や脇道のあちこちに描かれていました。群衆はかなり機嫌が良く、兵士たちを応援し、目に見える少数の警察にのみ醜い姿を見せていました。

午後3時過ぎ歩兵に通りを片付けるように命令が出された。警備員の一団がサドバヤ近くの駅を占領し、アニチコフ宮殿の方向にいくつかのボレーを発射しました。 100人のようなものが殺されたか負傷しました。撮影現場では、何百もの薬莢が雪の中に散らばっていて、雪には血がたっぷりと散らばっていました。

ボレーの後、大通りはクリアされましたが、群​​衆は歩道に残りました。兵士に対する敵意は示されなかった。人々は「パブロフスキー(パブロフスキー警備隊連隊)、ごめんなさい。あなたは義務を果たさなければなりませんでした。

驚異的で、ロシア人の性格にほとんど精通していない見知らぬ人にとって、街中の兵士や民間人の群衆の秩序と善良さは、おそらくロシア革命の最も印象的な特徴です。

昨日のタヴリーダ宮殿では、兵士と民間人の大規模な集まりが衝突を回避する方法を見るのは素晴らしいことでした。建物の内部では、さまざまな議会委員会の作業が昼夜を問わず激しく行われていました。

残念ながら、このアナキズムの宣伝には、男女の何人かの学生が盲目的に協力している。しかし、今日の見通しは明らかにより希望的であり、過激派と穏健派の間の違反は回避される可能性があり、制憲議会が彼女の170人全員の投票によってロシアの運命を決定するまで、両方とも現在の暫定政府を支持することに同意します百万人。この巨大な総選挙の組織化には当然時間がかかります。

私はイギリスのノースクリフプレス、特にペトログラードの特派員ウィルトンの忌まわしい行動に愕然としました。ウィルトンは、兵士と労働者の連合についての挑発的な報告を広めたことで、よく知っています。西ヨーロッパで彼らの信用を傷つけようとしています。私はロシアの人々が向きを変えることを願っています タイムズ ペトログラードの特派員。


ロバートウィルトン

ロバート・ウィルトンは、英国国防大臣の私的秘書であり、国が独立する前の期間にコソボの首相の顧問であり、アルバニアの国際人権ミッションの責任者であり、ほとんどの期間、バルカンに住み、働いてきました。過去12年間。彼はまた、この地域の歴史と文化について書き、アルバニアの詩を翻訳しています。彼はTheIdeas Partnershipチャリティーの共同創設者であり、疎外されたバルカンコミュニティと協力しています。

彼の最初の総督文学史スリラーは、最高のデビュー小説で初の歴史作家協会/ゴールズボロクラウンを獲得しました。シリーズには4つあり、すべて非常に高い評価を得ています。彼の紳士冒険家の小説は、第一次世界大戦前の数年間の諜報活動と謎のより卑劣な側面を探求する一連の歴史的な娯楽です。

バルカン半島での執筆と翻訳に加えて、ロバートはScriptHackの映画執筆ブログに寄稿しています。


著者: ロバートウィルトン フォーマット: ハードカバー 発売日: 05/06/2014

読者を戦前のスパイの世界に引き込む、ペースの速い魅力的な物語。宣戦布告に至るまでの数か月で、4人のありそうもない新しいエージェント、3人の男性と1人の非常に知的な若い女性が、ブリティッシュインテリジェンスによって採用されました。それぞれが彼らの軍事連絡官であるノックスと会うとき、私たちはヨーロッパ中の彼らの蛇行をたどります。彼らの使命は、&lsquoThe Spider&rsquoと呼ばれるカウンタースパイを洗い流して特定することです。彼らは私たちのアーチの悪役、ヒルデブラントによって追跡されます。ヒルデブラントは私たちのスパイのそれぞれを追い詰めることに自分自身を巻き込むという不思議なコツを持っています。 4つすべてが最終的にウィーンとエキサイティングで予想外のデノウメントに引き寄せられます。最初は、少し混乱して、たくさんのキャラクターを紹介されますが、それはあなたをスパイしています。これは優れた読み物です。


Q&A:ロバートウィルトン(著者 裏切り者のフィールド)

英国内戦時代を背景に選んだ歴史小説作家の数は増え続けています。私の考えでは、過去20年間のそれぞれの約15と比較して、2010年以降に30を超える小説(物語は1635〜1660のどこかに設定されています)が発行されています(私のリストを参照)。これは、印刷物とデジタルの自費出版の急増によるものもありますが、17世紀に設定された小説に対する主流の出版社の欲求の高まりも反映しています。

ロバートウィルトンの 裏切り者のフィールド(2013)は、空位期間中に活動している2人の軍事諜報機関間の競争に関するものです。私はロバートに、1650年代について書くようになった経緯、その期間中の知性について特に興味をそそられたもの、そして彼の執筆と研究を導くものについて尋ねました。

Struan:前のあなたの小説 裏切り者のフィールド, 反逆の潮、ナポレオン時代に設定されました。 17世紀にあなたを惹きつけたのは何ですか?

ロバート:精査と調査のための総監の活動の説明は、英国の歴史のさまざまな危機の陰で何が起こっていたかを示しています。次はどの時期に焦点を当てるべきか迷っていたとき、たまたま自宅の棚に内戦の本を見ました。それは私に、常に政府の背後にある力であった組織、つまり安定と継続のための永遠の力が、神聖な右君主制からクロムウェル共和国への移行をどのようにナビゲートしたかについて考えさせられました。

そして、私がかなり馴染みがあると思っていた期間について読むほど、それがどれほど異常な期間であったか、つまり軍事的および政治的激変だけでなく、アイデアの爆発に巻き込まれました。

S:物語は、紛争の反対側にいるものの、軍事諜報機関で働いている2人の男性、ジョン・サーローとロイヤルリストのモーティマー・シェイ卿に関するものです。このライバル関係のアイデアはどのようにして生まれたのですか?

R:皮肉なことに、2人の個人間の境界線を越えた競争は、2つのシステム間の緊張と矛盾する考えを表すための便利な方法です。そして、私はそのより広い緊張のいくつかを捕らえたかった-アイデアの嵐、英国の魂のための一種の戦い。それから、もちろん、彼らは両方ともかなり並外れた男性でした:三十年戦争のかけがえのない、人生よりも大きなベテランと無限の悪行Thurloeは新しい時代の産物であり、新しい世界、そして徐々に古い力と調和するようになります。


ロバートウィルトン。写真&#169エリザベスゴーイング。

S:小説では、イギリス内戦で広く使用されていた敵のコードや暗号を解読しようとするときに、サーローが経験する思考プロセスを見ることができます。ペンを紙にセットする前に、紛争のこの魅力的な領域をどのくらい深く探求しましたか?

R:本当に印象に残ったのは、情報を制御したり歪めたりしたい人にとって、印刷の普及が何を意味していたかということだと思います。以前は、公式の真実が1つあり、政府や宗教についての正統性が1つありましたが、それを受け入れるか、問題を抱えていました。印刷物と政治と宗教の新しい理論の相互に関連した広がりで、それは永遠に変わりました。ニュースシートだけでなく、居酒屋を巡るパンフレットやバラードも。非常に多くの人々が非常に多くの情報源にさらされました。それは前向きなことと見なされていますが、それは人々が真実のライバルバージョンを提供されていると信じるものを選択しなければならなかったことを意味します。それは宣伝家にとって、そしてスパイにとっては肥沃な土地です。

読者に同じ経験をさせたいので、私は精査と調査のための総監のアーカイブからの文書を含めました-何が真実であるか、またはどの真実が嘘の中に隠されているかについて同じ選択をしなければならないからです。

S:本の早い段階で、コルチェスター包囲戦についての鮮やかな説明があります。包囲について書いたときに言及した特定の資料、または一般的に「第二次内戦」と呼ばれる期間はありましたか?

R:私はおそらくインターネットについて少しおかしなことになっているはずですが、それはかなり素晴らしいです-特にバルカン半島のテラスに座っている間に17世紀の英国の雰囲気と歴史的な詳細を取り戻そうとしている場合はそうです。写真や地図、テキストソース。ロイヤルリストの襲撃や謎の中心での死など、ドンカスター/ポンテフラクトのシーンでは、わずか100年ほど後に書かれたポンテフラクトの素晴らしい歴史を見つけました。

重要な出来事の詳細な説明と主要な情報源のいくつかを組み合わせることができました。これにより、何が起こっているのかだけでなく、人々がどのように話し、考えているのかについて特別な感覚が得られます。

S:国会議員とレベラーのトーマス・レインバラの死を取り巻く謎は、小説の重要な要素です。プロットのこの要素を研究するときに、特にレインバラについて何に興味がありましたか?彼についてのあなたの意見はあなたの研究の間に全く発展しましたか?

R:そうだったと思います。彼は有望なプロットポイントとして始まりました:私の初期の読書では、私は常に謎の本当の瞬間を探しています、それでレインバラの説明のつかない殺害はすぐに魅力的でした-彼の死のドラマ、奇妙な状況で通りで切り倒され、そして混乱人々が詳細を見始めたとき、それはそれを取り囲み始めました。 (本の最後に私が提供する解決策は、私がこれ以上主張できないすべての事実に適合しているようです。)

それから私は彼についてもっと学び始めました:確かに物議を醸す人物、そしておそらく彼が海軍に移されたときの少しの野蛮人は彼の乗組員が反乱を起こしました。同時に、彼はレベラーの象徴であり、彼の葬式、数千人の男性が行進し、忠誠心の大規模な公のデモであり、したがって当局にとって重大な潜在的脅威でした。

それはすべて彼の死の謎を煽った。それからあなたはパトニー討論で彼のスピーチを読みます、そしてそれは自由の最も素晴らしい礼拝堂です。 「本当に私は、イギリスにいる最も貧しいヒーは、最大のヒーとして生きる人生を持っていると思います。したがって、本当に、サー、私は、政府の下で生きるすべての人が最初に彼自身の同意によって生きるべきであることは明らかだと思います。その政府の下に身を置くために」。それは革命的なもので素晴らしいものでした。彼らが彼を怖がっていたのも不思議ではありません。


チャンネル4のトーマス・レインバラ役のマイケル・ファスベンダー 悪魔の娼婦 (2012).

S:物語は多くの異なる視点の間をジャンプし、プロットの開発に役立つ一次資料も含まれています。書き始める前に、どの程度ストーリーを描きますか?

R:私が望むほど多くはありません。どういうわけか、私はいつもオープニングの強い考えとエンディングのかなり強い考えから始めます、そしてそれらをどのように結合するかについての手がかりではありません。キャラクターの豊富な組み合わせ、さまざまなプロットのストランド、そしてもちろん歴史的な出来事のフレームワークがある場合、それらを組み合わせるのは少し頭痛の種であり、私は通常、ある種の視覚的な計画になります-ほとんど文字通り地図が表示されますさまざまな人々やイベントがどのようにリンクするか。

登場人物とその物語を自然に発展させたいと思うことと、現代世界の豊かさの一部を捉えたいと思うことと、興奮とエネルギーで物語を動かし続けたいと思うことの間には、トリッキーなバランスがあります。

ひどく洗練されているように聞こえますが、オリバー・クロムウェルがアイルランドにいることを歴史が知っているときに、ロンドンにオリバー・クロムウェルを置いたことに気付く瞬間が常にあります。または、エジンバラからヨークまで約20分で乗るキャラクターが必要です。角を曲がって、そのすべての無益さに静かに泣きます。

S:あなたは国防省を含む多くの政府部門で働いてきました。あなたのキャリアは、歴史小説の執筆にどのように役立ちましたか、または影響を与えましたか?

R:舞台裏、政治の裏側、私たちが知っていると思う歴史の裏側で何が起こっているのかを感じさせてくれたと思います。私は、総督小説が何世紀にもわたって国を安定させてきた、歌われていない役人の一種のお祝いにしたかったのですが、小説が発展するにつれて、歌われていない役人は無能、悪党、裏切り者であるように見えます。

S:あなたの次の小説は何世紀に設定されますか?

NS: サラエボの蜘蛛 世界が絶壁を飛び越えて戦争に突入する前の、1914年夏の最後の狂った週に設定されています。ヨーロッパが危機に瀕している中、ホワイトホールの老人は、自分たちを完全には理解していない任務で、4人の若いエージェントを大陸中に送り出しました。老人は、彼が来ることを知っている戦争のために英国を準備する最後の試みで、彼らの人生で-彼自身の秘密結社で-ギャンブルをしている。 4人のエージェントの話は6月28日、歴史のターニングポイントの1つであるサラエボに集まります。

ロバートウィルトンは、作家、外交官、詩の翻訳者であり、The IdeasPartnershipチャリティーの共同創設者です。受賞歴のあるComptrollerate-Generalの小説のうち、Treason's Tide、Traitor's Field、The Spider of Sarajevoはすべて、本物の本として電子的に入手できます(@ComptrollerGenをフォローしてください)。彼はコーンウォールとバルカン半島の間で時間を分けています。

私の質問に答えるために時間を割いてくれたRobertと、AtlanticBooksのCorinnaZifkoとAlisonDaviesに感謝します。


ロバートウィルトンバートン

(サイド1)
この場所の近くには、かつてロバートウィルトンバートンの家である「4階建てのコテージ」がありました。広いポーチと出窓のある平屋建てのバートンは、1885年に、4階建ての子供向け雑誌への売り上げで建てました。ジョージア州カムデン郡で生まれたバートンは、アラバマ州ラファイエットで育ち、そこでさまざまなテーマで新聞の記事を書き始めました。 1870年代初頭、彼は兄と一緒にアラバマ州オペライカに本屋を開きました。 1878年、アラバマ農業機械大学の要請により、バートンはオーバーンに最初の書店をオープンしました。すぐに「カレッジシティのコーヒーハウス」として知られるようになりました。

(サイド2)
バートンは、全国の雑誌や新聞に数多くの地元のカラーストーリーを書きました。ニグロ方言での彼の最高の物語の多くは、彼のほら話で知られるオーバーンの元奴隷である「マレンゴジェイク」ミッチェルを特集しています。 1991年に、これらの物語はとして出版されました デレムナント真実。 現役の長老派教会であるバートンは、タウン教育委員会の書記、郡学校の監督、タウンカウンシルの書記、およびカレッジボードの書記も務めました。彼の書店は1968年に売却され、彼の家は1993年に解体されました。

オーバーンヘリテージアソシエーションとヒストリックチャタフーチー委員会によって1999年に建てられました。

歴史的標識は次のトピックリストに記載されています:アフリカ系アメリカ人&ブルアーツ、手紙、音楽&ブル教育。このエントリの重要な歴史的な年は1885年です。

位置。 32&deg 36.403&#8242 N、85&deg 28.645&#8242 W. Markerは、アラバマ州リー郡のオーバーンにあります。マーカーは、バートンストリートの東0.1マイルのイーストマグノリアアベニューにあり、東に進むと左側にあります。タッチして地図を表示します。マーカーは、次の住所またはその近くにあります:315 East Magnolia Avenue、Auburn AL 36830、United States ofAmerica。道順をタッチします。

他の近くのマーカー。少なくとも8つの他のマーカーがこのマーカーの徒歩圏内にあります。オーバーンユナイテッドメソジスト教会創設者礼拝堂(約700フィート離れており、直線で測定)ボーマン-オナー-スタイルズハウス(約0.2マイル離れている)市庁舎(約0.2マイル離れている)オーバーン1865

も参照してください。 。 。ロバートウィルトンバートンについてのアラバマの記事の百科事典。 (2014年6月15日に、アラバマ州モンゴメリーのマークヒルトンによって提出されました。)


ロバートウィルトン-歴史

ロバートウィルトン、ロシアの苦悶(1918)とロマノフの最後の日(1920)を含む。 16章

ウィルトンはサンクトペテルブルクのタイムズオブロンドンの特派員でした。

Peter Myers、2001年4月19日ロマノフ朝の最後の日の第16章が2017年4月28日に追加されました。2018年9月21日更新。

あなたはhttp://mailstar.net/wilton.htmlにいます。

ロンドンタイムズのサンクトペテルブルク特派員であるロバートウィルトンは、十月革命は「疑似ユダヤ人」、つまり宗教を放棄したユダヤ人が率いるユダヤ人革命であり、その多くは西ヨーロッパからレーニン、またはアメリカからトロツキーと一緒に来たと述べています。宗教的なユダヤ人でさえ、彼らを恐れていました。ボルシェビキの悪意は、ロシアのものからのユダヤ人の疎外から生じました。ウィルトンは、ポーランドや他の国々でのユダヤ人の同化が失敗したので、ユダヤ人の問題に対する唯一の解決策はシオニズムであると言います。

1920年の本が最初にここに提示されます。なぜなら、それは誰がボルシェビキ革命を主導したかについての抑制された事実を与え、1918年の本はより多くの説明資料を与えるからです。

2017年4月28日追加:すべての革命政党を運営するユダヤ人を指名するロマノフ朝の最後の日の第16章は、英国と米国の版から省略されました。ここでは、フランス語版からの翻訳が初めて公開されています。

(1)ロマノフ朝の最後の日々
(2)ロマノフ朝の最後の日の第16章、すべての革命党を運営しているユダヤ人に名前を付ける
(3)ロバート・ウィルトンによるロシアの苦悶

(1)ロバート・ウィルトン、ロンドン、ソーントン・バターワース・リミテッド、1920年、ロマノフの最後の日々。

Sovnarkomの代表である非実体は、私たちに興味を持っていません。私たちは、悪意があるとしても、

赤い世界。それらのほとんどは、プロの革命家の仲間外ではまだ知られていない。レーニンと共にドイツから出てきた数百人のユダヤ人とシカゴから来た数百人のユダヤ人のかなりの割合がこのギャラリーに含まれるに値します。彼らは間違いなくロシアを支配下に置いていたからです。それらを列挙して説明するには、少量が必要になります。エカテリンブルクのドラマで目立つ人物だけをスケッチする必要があります。最も重要なものは、スヴェルドロフ、サファロフ、ヴォイコフ、ゴロシュチェッキン、そして殺人犯のユロフスキーでした。その他は後ほど紹介します。

サファロフとヴォイコフの名前は、レーニンの同乗者のリストに含まれています。どちらも非常に強力なボルシェビキであり、行政府と警察の支部で高い地位を占めています。スヴェルドロフはソビエトの無冠の皇帝でした。彼の権威はレーニンやトロツキーよりも1年以上高かった。

ユダヤ人の殺人者とその共犯者であるドイツ・マジャールの「レッツ」が白人の前進の前に翼を握ったとき、これらの囚人は将来の処分のためにパーマに送られましたが、彼ら自身は地獄のようなデザインを達成するのを助けて西に急いでいましたユダヤ人の悪鬼、ヤンケル・スヴェルドロフの-「すべてのロマノフ家」を根絶するために。他の人たちはすでに彼らの前にPermを持っていて、デザインはそこで完全に達成されていました。パーマでのロマノフ家の殺害は、エカテリンブルクでの家族の殺害のちょうど24時間後に起こりました。

しかし、なぜこれらすべての予防策があるのでしょうか。人々が彼らの遅い支配者を罰しようとすることをとても切望しているなら、なぜ「処刑」を行うことと彼らの「抑圧者」の死を人々に知らせることの両方において、あらゆる種類の巧妙な策略に訴えるのですか?

答えは簡単です。スヴェルドロフと彼の仲間は人々を確信していませんでした。その理由も同様に単純です。彼らはロシア人ではなく、ユダヤ人でした。彼ら

「国際主義者」であり、すべての国籍を否定しましたが、ロシアの名前で偽装していました。彼らの真っ只中のロシア人は、デュープまたはダミーでした。クラッシンは地面をきれいにするために来るかもしれません、しかしアプフェルバウム-カメネフは真剣な仕事のために現れました。 1920年にロンドンで起こったことは、ロシア自体の赤のメカニズムと控えめな方法で匹敵します。

人口の数によると、ユダヤ人はボルシェビキロシアを支配するコミッサールの10人に1人であり、10人に9人です。どちらかといえば、ユダヤ人の割合はさらに高くなっています。

これらの男性はロシアの人々を恐れ、彼らはロシア人であるためロマノフ家を恐れ、彼がロシア皇帝であったためニコライロマノフを恐れ、そして彼が彼の人々と同盟国への忠誠心から誘惑されることを拒否したとき、彼らは彼がすべきだと決心した死ぬ-彼とすべてのロマノフ家。この決議は、反ボルシェビキ軍の前進が犯罪を洗練し、正当な罰を回避するという合理的な希望を与えたときに実行されました。そして、元皇帝の死の必要性についてユダヤ人がモスクワを支配したことは非常に明確であったため、殺人の1か月前に、ニコラー2世が死んだという報告が続いた。

ドイツ人は、レーニンのユダヤ人の群れをロシアに送ったとき、彼らが何をしているのかを知っていました。彼らは彼らを破壊の代理人として選びました。どうして?ユダヤ人はロシア人ではなく、彼らにとってロシアの破壊はすべてビジネス、革命、または財政の邪魔をしていたからです。ロシアでのボルシェビキの全記録は、エイリアンの侵略の印に消えることなく感銘を受けています。ユダヤ人スヴェルドロフ(ドイツの有償代理人としてロシアに来た)によって意図的に計画され、ユダヤ人ゴロシェキン、シロモロトフ、サファロフ、ボイコフ、ユコフスキーによって実行された皇帝の殺害は、ロシア人の行為ではありませんが、この敵対的な侵略者の。

ロシアにおけるユダヤ人の支配は、特定のロシア人によって支持されています:「バージェス」ウリアノフ、別名レーニン、「高貴な」チチェリン、「反対者」ボンチ-ブルエビッチ。それらはすべて単なるスクリーンまたはダミーであり、その背後でスヴェルドロフとソブデピアの千人と一人のユダヤ人は、働く人々の無知に訴えることによってロシアを破壊し略奪した破壊の仕事を続けています、彼らは今新しいものをセットアップするために彼らのデュープを使用しています世界が知っているどの専制政治よりも悪い専制政治。

ソビエトダムは、記念碑が建てられた3人の英雄を奉献しました。カール・マルクス、ユダ・イスカリオテ、そしてレオ・トルストイ、そのうち2人はユダヤ人である革命、背教、アナキズムに関連する3人の名前です。

ユダヤ人カネギサーがユダヤ人ウリツキーを暗殺したとき、ソビエトは国中のテロを叙階しました。ロシアの血の川は、不幸なロシアのユダヤ人の支配者に反対することを敢えてしたユダヤ人によって引き起こされた汚れを一掃しなければなりませんでした。

皇帝または皇帝をモスクワに連れて行くことは危険を伴います。ユダヤ人はエカテリンブルクで発見された恐ろしい電報の中にいて、彼らが彼らの雇用においてロシア人の誰も信用しなかったことを示しています。そのため、ロマノフ家はエカテリンブルクに留まりました。

1915年の秋、ウィーンにドイツとオーストリアの参謀の代表が集まり、ロシアにおける革命運動の推進計画について話し合った。その後、「ロシア」革命のすべての概要が定められたのは、その会議で、赤い悲劇の主要な俳優が選ばれたときでした。レーニンとスヴェルドロフ、そして彼らの間に間隔を置いたユダヤ人の破壊者のホストです。スイスのリゾートの静けさの中のロシアの舞台での婚約と彼らの登場、彼らの部分の研究とリハーサル。

「ロシア」革命に資金を提供したお金はドイツのお金でした、そして-私はそれをドイツの秘密のアーカイブで裏付けられることができる最も強い証拠で言います-ヤーコフ・スヴェルドロフは1917年11月7日までドイツ人から給料を受け取りましたすべてのロシアの皇帝、彼は想像を絶する戦利品を自由に使えるようにしました。

(2)ロマノフ朝の最後の日の第16章、すべての革命党を運営しているユダヤ人に名前を付ける

ナセルによるフランス語版からの翻訳。

英語訳が出版されたのはこれが初めてです。

翻訳者注:私はロシア語に精通していないため、名前をフランス語スタイルのままにしました(例:スヴェルドロフのスヴェルドロフ)。

エカテリンブールソビエトは肉屋が何をしていたかを知らなかったことが証明されています:Yourovski、Golochtchekine _Sverdlof_のエージェントとその仲間のVolkof、Safarof、Syromolotofロシアの「大統領」BeloborodofはGolochtchekineの命令の下で行動していました。

エカテリンブールソビエトのメンバーの名前を引用しました(p.103)。外見上、過半数はロシア人であり、ソビエティアの規則に反して、それは実際にはロシア人の過半数でした。ウラルの住民は、公然とユダヤ人の組織を容認しなかっただろう。しかし、私たちが知っているように、ソビエトは決して偽物に過ぎず、権威はスヴェルドロフの手に残っていました。

ファイルには、上記の個人名の行動に関する非常に正確な文書が含まれています。彼らは実際の製造を組織し、偽造品を製造し、皇帝の脱出を組織するためのいわゆる陰謀を確立しました。ニコラスとホワイトオフィサーの間で交換されたとされる手紙の草案などを見つけることができます。

レッドエージェントが語ったように、「調査」のためにエカテリンブールにやってきたアメリカの新聞の特派員は、皇帝を救うために不思議なことに来た飛行機、または脱出を容易にするためにイパチェフ館に入った使用人に関する素晴らしい話を報告しました。

モスクワソビエトのマスコミは、1918年5月4日にこの嘘のキャンペーンすべてに合図を送り、皇帝を解放するための白人の陰謀について説明し、ウラルソビエトが皇帝の警備を担当していたため、すべての懸念は役に立たなかったと付け加えました。 (この章の終わりを参照してください。)

ソビエトのウラルの「大統領」とモスクワの首長との間の会話は時々直接の有線によって起こりました。電信局での警察の捜索は、いくつかの期待外れの結果をもたらしました。過失または反ボルシェビキの従業員の介入のいずれかによって、ファイルは貴重な文書からサイズが大きくなりました。これが1つです。Sverdlofが一方の側で話し、Beloborodofがもう一方の側で話します。

Sverdlof。 _ 最近どうですか?

Beloborodof._正面の状況は、昨日私たちが思っていたよりも良く、他のすべてのセクターをクリアした敵がすべての部隊をエカテリンブールに集中させていることが知られています。

Sverdlof。 _長く持ちこたえることができますか?

Beloborodof._言うのは難しい。私たちは自分たちの立場を維持するためにあらゆる手段を講じています。絶対に必要ではないものはすべて避難しました。昨日、メッセンジャーはあなたが興味を持っているすべての文書を残しました。 C.C.E.の決定をしましょう知られていると私たちはあなたが知っているテキストを通して人々に知らせることができますか?

Sverdlof。 _C.C.E。の大統領会議で18日、ウラルソビエトの決定を通常のものとして認めることが決定された。テキストを公開できます。私はすぐに私たちの出版物の正確なテキストを送信します。

この本で引用されている7月22日にフランスの新聞が発行したボルシェビキのラジオのテキストであるため、それを複製することは無意味です(p.102)。

読者は、直接の有線でその会話の性格と内容を理解するでしょう。もちろん7月19日に発生しました。 Sverdlofが出版の許可を与えたので、人々は20日に「知らされた」ことを覚えています。私たちはそれを見ることができます、コマンドでSverdlof。

私は、ウラルとモスクワのユダヤ人の勢力によって交換された電報を手にしています。ほとんどがコードであり、コードを担当するレーニンの秘書であるゴルボウノフの住所が記されています。これらの通信の内容を明らかにすることなく、私は彼らがあらゆる点でエカテリンブールの犯罪の話を確認していると言うことができます。その上、以下の文書は十分に明確であり、実行はモスクワですでに4日に決定され、読者に知られている個人によって決定されたことを示しています。

Sverdlofは、状況を報告し、口頭での指示を受けるために信頼できる人物を送るように、同僚に命令を送信します。 Golochtchekineはすでにモスクワにいます。彼はすでにロマノフに同情していたロシアの警備隊についての心配を引き起こしました:

モスクワ:C.C.E。の大統領にGolochtchekineのSverdlof。

Syromolotofは、センターの指示に従って問題を整理するためにすでに行っています。心配は無駄です。 Avdeiefが解雇されました。彼の助手モクカインは逮捕された。 YourovskiがAvdeiefに取って代わります。インサイドガードは完全に安心し、他の人に取って代わられました。 4558ベロボロドフ。 _ 4、VII

SyromolotofはSverdlofの指示をもたらしました。 Yourovskiは、Golochtchekineの復帰を待っている間、すぐに仕事に取り掛かりました。ロシア人はすでにマジャール人の死刑執行人に取って代わられた。

モスクワでは、スヴェルドロフはミルバッハとの関係を数日間追求した。ドイツ大使は7月7日に殺害されました。

ロマノフ殺害当時の赤の独裁政権は、レーニンを除いて完全にユダヤ人で構成されていました。彼の本名は、シンビルスクの高貴なブルジョアであるウラジミール・ウリヤノフです。ロシア人だけがそのような破壊的な想像力を発揮することができたでしょう、ユダヤ人だけが彼の普遍的な激動の計画を実現することができたでしょう。しかし、レーニンの構想にはユートピア的な目標は他にありませんでしたが、セム族の行動は本当の目標であるロシアの乗っ取りを追求していました。

そうすることで、彼らは、戦争によって一時的に危うくされた、ドイツとロシアの間の仲介者の伝統を継続しているだけでした。ブルジョアユダヤ人とボルシェビキユダヤ人の間のかなり表面的な違いにもかかわらず、カイザー州と協力してスヴェルドロフによって追求された計画は、実際の赤の独裁政治と密接に同盟した共和党ドイツの間の計画とまったく同じでした。世界は、ロシアの支配を強化しながら、ドイツ人に彼らの借金を清算する機会を与えています。トロツキズムの「アメリカ主義」は、スヴェルドロフの「ゲルマニズム」との何よりも前に、ウィルソン政府による赤政権の拒絶の後、遅すぎて同盟となった。

第II章を終えたソビエト公務員のr&eacutesum&eacuteは、15人のドイツ人の参加を示しています。赤軍の軍隊を除いて、さまざまな部門に巧みに配置されたこれらの代表者は、外部の出来事にもかかわらず常に働いて、完璧な連絡を保証しました。

それはボルシェビキ党の中央委員会にあり、残りの権力は今ここにあり、1918年のその構成です:

ブロンスタイン(トロツキー)、アプフェルバウム(ジノビエフ)、ルーリー(ラリーヌ)、オウリツキー、ボロダルスキー、ローゼンフェルト(カメネフ)、スミドビッチ、スヴェルドロフ(ヤンケル)、ナカムケス(ステクロフ)。ユダヤ人。 9

Oulianov(レーニン)、Krylenko、Lounatcharski。ロシア語。 3

他の社会主義の「ロシア」政党も同じ状況にあります。ここに彼らの中央委員会があります:S.D。メンシェビキ:11人のメンバー、すべてのユダヤ人共産主義者:6人のメンバー、うち5人はユダヤ人、1人はロシアのS.R. (右)、15人のメンバーのうち13人のユダヤ人、2人のロシア人(ケレンスキー-ユダヤ人の出身でない限り-およびチャイコフスキー)S.R。 (左)12人のメンバー、うち10人はユダヤ人、2人はモスクワのアナキスト委員会、5人は4人のユダヤ人、1人はポーランド地区のロシア党、12人はスベルソン(ラデク)、クラクマル・ザゴルスキー、シュワルツ(ゴルツ)。

いわゆる野党と呼ばれるこれらの政党は、ボルシェビキと多かれ少なかれ公然と協力し、ロシア人を阻止している。 Of 61 individuals heading these parties, there were 6 Russians and 55 Jews . Whatever the label, a revolutionary government will Jewish.

Here the Revolutionary Council of the People: Oulianof, (Lenin), president, Russian Tchitcherine, Foreign Affairs, Russian Lounatcharski Public Education, Russian Djougachvili, Nationalities, Georgian Protian, Agriculture, Armenian Lourie (Larine), Economic Council, Jew Schlichter, Food Supplies, Jew Bronstein (Trotski), War and Navy, Jew Lander, State Control, Jew Kauffman, Public Land, Jew Schmidt, Labor, Jew E. Lilina (Knigissen), Public assistance, Jew Spitzberg, Religion (Cults), Jew Apfelbaum (Zinovief), Interior, Jew Avelt, Hygiene, Jew Isidore Goukovski, Finances, Jew Volodarski, Press, Jew Ouritski, elections, Jew I. Steinberg, Justice, Jew Fenigstein, Refugees, Jew Savitch and Zaslavski, his assistants, Jews. Of 22 Members, 3 Russians, 1 Georgian, 1 Armenian, 17 Jews.

Here is the Central Executive Committee:

Y. Sverdklof, president, Jew Avanessof, secretary, Armenian Bruno, Letton Breslau, Letton Babtchinski, Jew Boukharine, Russian Weinberg, Jew Gailiss, Jew Ganzburg, Jew Danichevski, Jew Starek, German Sachs, Jew Scheinmnn, Jew Erdling, Jew Landauer, Jew Linder, Jew Wolach, Czech Dimanstein, Jew: Encukidze, Georgian Ermenn, Jew Ioffe,Jew Karkhline, Jew Knigissen, Jew Rosenfeldt (Kamenef), Jew Apfelbaum (Zinovief), Jew Krylenko, Russian Krassikof, Jew Kapnik, Jew Kaoul, Letton Oulianof (Lenin), Russian Latsis, Jew Lander, Jew Lounatcharski, Russian Oeterson, Letton Peters, Letton Roudzoutas, Jew Rosine, Jew Smidovitch, Jew Stoutchka, Letton Smiltch, Jew Nakhamkes (Steklof), Jew Sosnovski, Jew Skrytnik, Jew Bronstein (Trotski), Jew Teodorovitch, Jew Terian, Armenian Ouritski, Jew Telechkine, Russian Feldmann, Jew Froumkine, Jew Souriupa, Ukrainian Tchavtchevadze, Georgian Scheikmann, Jew Rosental, Jew Achkinazi, Imeretrian Karakhane, Karaim Rose, Jew Sobelson (Radek) Jew Schlichter, Jew: Schikolini, Jew Chklianski, Jew Levine (Pravdine), Jew.

62 Members, 5 Russian, 6 Lettons, 2 Germans, 1 Czech, 2 Armenians, 2 Georgians, 1 Imeretian, 1 Karaim, 1 Ukrainian, 41 Jews .

Here now are the members of the Extraordinary Commission of Moscow :

Dzerjinski, president, Pole Peters, vice-president, Letton Chklovski, Jew Zeistine, Jew Razmirovitch, Jew Kronberg, Jew Khaikina, Jewess Karlson, Letton Schaumann, Letton Leontovitch, Jew Rivkine, Jew Antonof, Russian Delafabre, Jew Tsitkine, Jew Roskirovitch, Jew: G. Sverdlof (brother of the president), Jew Biesenski, Jew Blioumkine (murderer of Count Mirbach), Jew Alexandrovitch (accomplice of the preceding) Russian I. Model, Jew Routenberg, Jew Pines, Jew Sachs, Jew Jacob Goldine, Jew Galperstein, Jew Kniggisen, Jew Latzis, Letton, Daybol, Letton Suissoune, Armenian Devlkenen, Letton Liebert, Jew Vogel, German Zakiss, Letton Schillenkuss, Jew Janson, Letton Kheifiss, Jew

In all, 36 with 1 Pole , 1 German, 1 Armenian, 2 Russians, 8 Lettons, 23 Jews .

No need then to be surprised of the Jewish complicity in the murder of the Romanof family. The absence of such a complicity would have been astonishing.

(See pages 253, 269, 279 the innuendos of the king slayers concerning the various rumors that were spread: the Red autocracy new how to spread false news in order "to work" at ease. At pages 105 and 121 we saw how the Soviets themselves were fooled.).

(3) Russia's Agony by Robert Wilton , London, Edward Arnold, 1918.

For a proper examination of the situation in Russia under the Old Regime, and more particularly of the events that occurred during the Revolution, it becomes necessary to deal at some length with the position of the Jews. It had an intimate bearing upon all that happened in 1917.

Something like six millions of Jews inhabited the Russian empire at the beginning of the war. They were twice as numerous as the Germans, with whom they were largely associated in business. Their numbers had been enormously increased as the result of an evil act - the partition of Poland at the end of the eighteenth century . By this political blunder Russia strengthened the Brandenburg-Prussian realm, and saddled herself with the Polish and Jewish questions. Thereby she was destined to come, sooner or later, into direct collision with the Germans and to find herself handicapped in her struggle.

The ancestors of the Polish Jews had fled from Germany to escape persecution . But they brought with them a deep-rooted association with that country. During the centuries of abode in Teutonic lands they had evolved a specific language called Yiddish, a German jargon. They acted as a sort of advance guard of German penetration. In Poland they enjoyed a large measure of freedom.

All business was in their hands. They acted as agents to the great landlords. The urban population was - and remains - mostly Jewish . But Poles and Jews lived peacefully enough together. The Jews certainly had the best of the bargain they prospered, and were not ungrateful. They helped the Poles with money during the insurrections of 1831 and 1863.

Thirty years ago the Poles began to go into business for themselves. Competition arose. The landlords started agricultural associations to shake off the Jewish monopoly. A rift betokened itself, and has been growing ever since, - effectively discrediting Assimilationist theories, largely based upon the earlier and one-sided adjustment of Polish and Jewish interests.

Old Russia tried vainly to denationalize the Poles, and, obeying the dictates of self-preservation, to prevent the Jews from spreading eastward. This was the origin of the Pale.

No Jew was supposed to enjoy rights of residence, roughly speaking, east of the Dnieper. The Little Russians had become more or less inured to Jewish methods, and were left to bear the brunt of an ever-increasing Jewish element . For every Jewish boy and girl had to marry and produce a numerous progeny. Such was the Talmudic law. Unpermitted to hold lands and incapacitated for husbandry, the Jewish masses filled the towns and settlements, managing to eke out a miserable existence, living under the menace of pogroms , which exploited Gentiles were ready to perpetrate whenever the police gave the signal.

That the enforcement of the Pale system would lead to abuses was to be expected. Jews could not own land or reside outside specified settlements, even within the

The history of Polish politics during the past three decades does not enter within the scope of this book. In the author's opinion, based on long residence in Poland , it should afford convincing evidence of the utter failure of Assimilation or of any solution of the Jewish problem except Zionism .

青白い。 The police were able to levy blackmail for all kinds of real or alleged infractions of this rule. Wealthier Jews could always evade it by means of bribery. Without this source of income the police could not, indeed, have made ends meet. Their pay and allowances were ludicrously insufficient. But with the help of the Jewish revenue they accumulated comfortable fortunes. Thus the police had an interest in the Jews so long as the Pale was maintained, and tolerated or prompted pogroms only when the okhrana judged them to be necessary. We shall see how this system of corruption gradually affected the whole Empire.

In addition to his inborn propensity for the accumulation of riches, the Jew living within the Pale was incited thereto by the degrading position of his impecunious co-religionary. The poorest peasant lived like a prince in comparison with the average Jew . A piece of herring, an onion, and a crust of bread formed the Jew's diet. Dirt, squalor, and privation were his destined portion. Besides, the pogroms affected rich and poor alike. Was it surprising that the Jew strove to escape from the Pale by fair means or foul, and that to him the lands east of the Dnieper seemed like a Canaan, a land flowing with milk and honey, where he might wax rich and live secure? But how could the moneyless Jew hope to reach it? The struggle to gain affluence was naturally intense. Only the craftiest and least scrupulous could hope to raise their heads above the seething mass of Jewish pauperdom.

Among this suffering multitude the devil of class-hatred raised a fearsome harvest. The teachings of Karl Marx, a German Jew, were here decocted in their quintessence and spread by migrants from the Pale into more favoured lands - into the heart of Russia, into England and far America. Like many a noisome malady that has come to afflict mankind from the Near and Farther East, the worst political poisons exuded from the Pale.

The rich and poor among the Jews were bound together by ties of religion and charity. The wealthier Israelites gave of their abundance to the less fortunate ones of their faith. But this bond was not a comprehensive one. Certain important elements repudiated it by severing all ties with Jewry. For apostasy was one of the manifold evils arising out of Jewish disabilities. The poorer Jew could also break open the door of his prison by passing stringent academic tests . Then he went into the cities, an isolated, needy adventurer, quickly losing his faith, dominated by thirst for vengeance , seeing in the most violent political creeds and methods an appeal to redress the wrongs of his people, and ready to implicate the bourgeois Jew and the Gentile in his feelings of class and political hatred.

Through the schools the Jew sought to satisfy his desire for freedom rather than a thirst for learning. University degrees gave certain rights and privileges, including the right to travel or reside anywhere in Russia. Every Jewish boy strove to enter a university . For this purpose he had to matriculate through a high school. The proportion of Jews admissable had to be limited, however, or they would have swamped the "gymnasia" within the Pale. Only the very cleverest Jewish boys could gain access to the State schools and eventually enter the university. And the proportion of Jewish undergraduates was also restricted. It represented more than double the Jewish to the Gentile population , but that did not satisfy Jewish appetites. Handicapped, the Jews yet managed to exceed the norm at the close of their studies, because they were more persistent and could endure greater privations than the poorest Russian student. An outcry was raised when the Ministry of Education insisted on refusing further admittance to Jewish undergraduates until the proportions had been readjusted.

Attempting to safeguard the Russians from the Jewish encroachment became more pronounced and desperate

as the tide of Hebrew invasion rose higher, and - I may add - as outcasts from Jewry developed revolutionary tendencies. The Jews were slowly but surely pervading all the lucrative professions : the Bar and medicine and to a lesser degree art and literature. They had small inclination for science or engineering. Commissions in the Army and Navy were barred to them. Commerce and industry could not appeal to the impecunious Jew. These lucrative branches were reserved for wealthy Hebrews, who, by payment of a certain Guild tax (amounting to about £100 per annum), could reside everywhere. In banking and industries the Jews became all-pervasive, as in the Press . They were confidants of Grand Dukes. The bureaucracy tried to restrain their irresistible sway by introducing senseless restrictions. For instance, a Jew could not be freely elected to boards of companies.

Numerous methods of evading the law of residence arose. Dentists' and chemists' assistants and certain artificers were granted partial exemptions. These callings were glutted with Jews. "Colleges" sprung up which did a profitable trade in "diplomas." The police readily winked at irregularities for a consideration. Petrograd was full of Jews who had no legal right of residence . They lived in suburban districts on payment of a "private tax" to the police, who watched over their interests paternally, and were disposed to molest only those Jews who had a right to reside there.

It becomes clear that the purpose for which the Pale and all the other anti-Jewish restrictions had been devised was mistaken and mischievous. It defeated itself. It led to the penetration of Russia by Hebrew elements of the most aggressive kind which had severed themselves from Jewry - had become pseudo-Jews - while it left the Jewish masses to suffer in congestion and misery. 。

No instigation was necessary to provoke pogroms . They would have occurred oftener if the police had not interfered. The Little Russian, Lithuanian or Polish peasants, wrecked Jewish shops whenever Jewish "exploitation" assumed intensive forms . A similar phenomenon had been observed in Austria-Hungary, and recurrence in Russia since the Revolution puts an end to the fiction that the police alone were responsible. Indeed, the frequency of pogroms during 1917 was all the more remarkable because Revolutionary Russia was disposed to champion the Jews as a race that had been oppressed by the Old Regime.

Another point must be explained before I leave the Jewish question. When the Russian armies entered Poland at the beginning of the war many regiments from other parts of the Empire knew little or nothing about the Jews. The soldiers had a religious prejudice against them and also a certain contempt, because the Jews systematically evaded service in the ranks. Here they found enormous populations of Jews who were obsequious and omniscient . Jewish "factors" supplied them with anything for money, even drink. To ingratiate themselves with officers and men they would tell them - long anticipating official knowledge - of promotions and of impending transfers of units. As the Germans displayed by means of derisive placards hoisted over the trenches a similar knowledge of military secrets, the idea gained ground that the Jews were spying in the interests of Germany. "Telephone" wires discovered around Jewish houses confirmed this suspicion. It is interesting to note that the Jews had a habit of "wiring" their houses in order to evade some of the Talmudic laws of ritual and other observances. This simple explanation accounts for many of the cruelties to which Jews were unjustly subjected. Let me add that to my knowledge Jewish soldiers of the right sort performed many gallant deeds - worthy of their remote ancestors, the Maccabeans.

Subversion had been carried out by a handful of pseudo-Jew Extremists in the Soviet, but the Soviet was a

Afterwards their numbers increased largely, and although they studiously concealed their identity under assumed Russian or Polish names, it became known that the principal ones were: Nahamkez-Steklov, Apfelbaum-Zinoviev, Rosenfeldt-Kamenev, Goldmann-Gorev, Goldberg-Mekowski, Zederbaum-Martov,

party to the traitorous business. Most of the leaders - especially the pseudo-Jews - were a truculent pack, cowering behind the soldiery, intent upon realizing their revolutionary "ideals," but terrified by a possibility of failure and eventual reprisals. 。

Himmer-Sukhanov, Krachman-Zagorski, Hollander-Mieshkowski, Lourier-Larin, Seffer-Bogdanov. Among the leaders of this gang - under Lenin - were: Trotsky, whose real name was Bronstein, and Feldmann, alias Chernov. He came to Russia in April, travelling from Switzerland and through Germany in a "sealed carriage" with Rebert Grimm, Mme Kolontay, etc., at a time when Austria, with Germany's approval, proposed "separate terms" to the Provisional Government. He had been amply provided with funds by a "wealthy lady" in Zurich. He "requisitioned" a ballet-dancer's villa opposite the fortress and preached the doctrines of Bolshevism. Having stirred up a revolt in July to defeat Kerensky's "offensive," he was permitted to go back into seclusion. It is said he went to Germany. He came back to carry out the final "victory" of Bolshevism with the aid of Bronstein-Trotsky, who had been a refugee after the troubles of 1905, when he had been Vice-President of the Labour Soviet. He had been expelled from France for anti-war agitation and before the revolution went to America. His detention at Halifax aroused the greatest fury in the Soviet against the British Government, and as "Minister for Foreign Affairs" in the Lenin "cabinet" he gave full vent to his feelings of revenge for his detention.

I was absent from Petrograd, having gone to the Front. My friends in the Capital afterwards related to me what had happened. One of them was at the Tauris Palace,

where the Soviet still had its headquarters. He related that the building was full of Jews - reporters and others - who were in terror of being captured by the partisans of the Bolshevik-Jews .

When General Polovtsov came to apprehend two of the Bolshevik ringleaders, he found Kerensky at their quarters, and from him received orders to leave them alone . When General Polovtsov proceeded to disarm the Red Guard, he was forbidden to do so by orders from Prince Lvov, "in compliance with the wishes of the Soviet."

Moreover, the Press, almost entirely in Jewish hands, had gone over to the Soviet , and Moderate organs that would not publish the Soviet proclamations glorifying spoilation and promoting Anarchy had been summarily "expropriated" on behalf of newly founded Socialist publications. The revolutionary pseudo-Jews were thus destroying Russia's hopes of a national revival and dragging the country into disaster. Yound and old, these zealots intensified revolutionary passions. Through the Press they already wielded enormous power and were capturing other channels of control, the Committees and the militia (police).

I called attention at the time to both these dangers. On April 8th I reported on the Soviet's plans "to bring about the defeat of the Russian armies and a dishonourable peace." Pacifist members of the House of Commons raised a great outcry, and M. Miliukov, who was attempting the impossible task of reconciling the Soviet's programme with sober dictates of Allied policy, indirectly supported the "Allied" pacifists. On March 26th I reported from Riga on the pernicious influence of Jewish Extremists. But this appeal to moderation was wilfully distorted by the Jewish Press. Facts cited by me on the best authority were "proved" to be non-existent, and a campaign of slander and intimidation followed. Later on M. Vinaver, the eminent Jewish Deputy, admitted in conversation with me that Nahamkez and his ilk were a greater danger to the Jews than to the Russians. I felt that I had done my duty in calling attention to the ominous feature of the situation, and refer to these incidents here simply to show how impossible it was then to speak the truth about Russia. The Soviet regime was far worse than the okhrana . I know that on one occasion, at least, the okhrana had contemplated my

expulsion for writing too freely about the Old Regime. Now, I was threatened with nothing less than murder . Under the dispensation of "freedom" applied by the Soviet, the truth had become unpalatable and dangerous in Petrograd and inacceptable in London.

Behind the veil thus dropped by the Soviet and its pseudo-Jewish supporters, British and French pacifists worked unremittingly for the success of the Soviet plan. The respective Governments encouraged Socialist deputations to come and "convert" the Russian Revolutionaries, who knew infinitely more about revolution than did these "innocents." It was even rumoured in Petrograd that Mr. Arthur Henderson would succeed Sir George Buchanan. The French experiment with M. Albert Thomas had not, however, proved a success. The Allies dealt with a proposal to hold an international congress in Stockhomlm, initiated by the Soviet in furtherance of its schemes. Oceans of ink were expended on this subject before the real motives of the Soviet were understood. Meanwhile some of the "missionaries" had themselves been "converted."

Another lamentable feature of the revolutionary period was the constant passage of Russian and pseudo-Jew revolutionaries from Allied countries. Every shipload that came from America, England or France gave trouble. The exiles would go straight from the train to the Field of Mars and "stir up" the revolutionary pot. Whether "martyrs of Tsarism" or merely German spies, they all considered themselves to be entitled to a share in the spoils, and had to be provided with "fat places" in the Food, Agrarian, and other Committees. To these shipments we owed the advent of Bronstein-Trotsky and other Bolsheviki.

From the early times of revolutionary activity there had been a "split" among the Jews, separating the bourgeois pseudo-Jew extremist. It assumed a marked character when the pseudo-Jews of the Soviet and their fellow-apostates in the Socialist ranks revealed themselves in their true anarchical colours. Some of the Bolshevist and Maximalist pseudo-Jews even "recanted" on realizing the consequences of their own doctrines, and dissociated themselves from Leninism.

Our successes in Palestine should enable the Allies to provide a solution for two great problems. The greater is the Jewish problem, which cannot be solved except by enabling the Jews to become once more a nation in Zion. The second one is the Armenian problem.

Feedback on Wilton's use of the term "pseudo Jews:

From: Gerald Goldberg [email protected]>

I came across this article of yours and wanted to make it clear to ALL Gentiles, that

All kinds of Jews have Right of Return to Israel, whether they are atheist, agnostic, perverted, pedophile, sodomite etc. The ONLY Jew who has no Right of Return to Israel, is one who has converted to Christianity.


Robert Wilton read history at Oxford and studied his MA in European History and Culture at the University of London. He has worked for the UK Ministry of Defence and in the Cabinet Office. He was Private Secretary to three Secretaries of State. He was advisor to the Prime Minister of Kosovo in the lead-up to the country's independence, and has now returned there as a senior international official. He moves between Prishtina, London and Cornwall.

His first book is a spy novel with an HNF background promoted as "O'Brian meets le Carré with a nod towards Jonathan Strange & Mr Norrell"


Robert Wilton

Robert Archibald Wilton (31 July 1868 – 18 or 19 January 1925) was a right-wing English journalist and an antisemite. He was a proponent of blood libel and claimed that execution of the Romanovs was a ritual murder by the Jews. &#911&#93

Wilton, who was born in Cringleford, Norfolk, was the son of a British mining engineer employed in Russia. In 1889 he joined the European staff of the ニューヨークヘラルド, remaining with that newspaper for fourteen years, and corresponding on both Russian and German affairs. He then took up an appointment as タイムズ correspondent in St Petersburg, and became known as a keen observer of events in Russia during the last years of the Tsarist regime. After the Revolution, he moved to Siberia. Following the collapse of the Kolchak government, Wilton managed to escape from Russia and eventually arrived in Paris where, in 1920, he rejoined the New York Herald. In 1924 he joined the staff of a newly-founded newspaper, the Paris Times (which published in English). He died from cancer at the Hertford British Hospital in Paris early in 1925. ΐ]

Wilton served with the Russian army during the First World War, and was awarded the Cross of St George. &#913&#93

He was the author of two books: Russia's Agony (published by Edward Arnold, London, 1918) and ロマノフ朝の最後の日 (1920).


Wilton History, Family Crest & Coats of Arms

The present generation of the Wilton family is only the most recent to bear a name that dates back to the ancient Anglo-Saxon culture of Britain. Their name comes from having lived in one of the places called Wilton in Cumberland, Herefordshire, Norfolk, Somerset, Wiltshire, or the East and North Ridings of Yorkshire. Wilton, Wiltshire was originally called Ellandune. "This town, which derives its name from the river Wily, is of great antiquity, and is supposed by Baxter to have been the Caer-Guilo, or capital of the British prince, Caroilius, and subsequently a seat of the West Saxon kings. It was a place of importance for several centuries preceding the Norman Conquest, possessing an eminent religious establishment, and giving name to the county the town had also a mint. Wilton is stated by Camden and other writers to have been originally called Ellandune, and to have been the scene of a sanguinary battle fought between Egbert, king of the West Saxons, and Beorwolf, the Mercian king, in which the latter was defeated. " [1]

4つのコーヒーマグとキーホルダーのセット

$69.95 $48.95

Early Origins of the Wilton family

The surname Wilton was first found in Essex where they held a family seat at Snaresbrook. The Hundredorum Rolls of 1273 had two listings, both with early spellings of the family: Margery de Wiliton, Berkshire and Ralph de Wylyton, Wiltshire. [2]

Kirby's Quest noted "Simon de Wiltone, Somerset, 1 Edward III, [(registered during the first year's reign of King Edward III.)]". [3]

One of the first records of the family was William de Wilton (d. 1264), an early English judge "who had fines levied before him in 1247, acted as justice itinerant in 1248, 1249, and 1250, again in 1253, 1255, and 1259-61. He was probably chief justice of the king's bench. He can be traced in the execution of the functions of the office till November 1263. According to Rishanger, he was slain at the battle of Lewes on the king's side (14 May 1264). " [4]

紋章と名前の履歴パッケージ

$24.95 $21.20

Early History of the Wilton family

This web page shows only a small excerpt of our Wilton research. Another 153 words (11 lines of text) covering the years 1150, 1211, 1296, 1454, 1239, 1373 and 1376 are included under the topic Early Wilton History in all our PDF Extended History products and printed products wherever possible.

ユニセックスの紋章付きフード付きスウェットシャツ

Wilton Spelling Variations

Until the dictionary, an invention of only the last few hundred years, the English language lacked any comprehensive system of spelling rules. Consequently, spelling variations in names are frequently found in early Anglo-Saxon and later Anglo-Norman documents. One person's name was often spelled several different ways over a lifetime. The recorded variations of Wilton include Wilton, Wiltone, Willton, Willtone and others.

Early Notables of the Wilton family (pre 1700)

Another 48 words (3 lines of text) are included under the topic Early Wilton Notables in all our PDF Extended History products and printed products wherever possible.

Wilton migration +

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

Wilton Settlers in United States in the 17th Century
  • Francis Wilton who settled in Virginia in 1619
  • Francis Wilton, who arrived in Virginia in 1624-1625 [5]
  • David and Nicholas Wilton, who settled in Salem Massachusetts in 1630
  • Davis Wilton, who landed in Dorchester, Massachusetts in 1633 [5]
  • Joe Wilton, who settled in Virginia in 1635
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)
Wilton Settlers in United States in the 18th Century
  • John Wilton, who arrived in Virginia in 1702 [5]
  • Joseph Dacre Appleby Wilton, who landed in South Carolina in 1761 [5]
  • Samuel Wilton, who settled in New England in 1772

Wilton migration to Canada +

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

Wilton Settlers in Canada in the 19th Century
  • Solomon Wilton was a fisherman of Burnt Island, Newfoundland in 1845 [6]
  • Mr. Joseph Wilton who was emigrating through Grosse Isle Quarantine Station, Quebec aboard the ship "General Hewitt" departing 22nd July 1847 from Bremen, Germany the ship arrived on 12th September 1847 but he died on board [7]

Wilton migration to Australia +

オーストラリアへの移住は、囚人、商人、初期の入植者の最初の艦隊に続きました。初期の移民は次のとおりです。

Wilton Settlers in Australia in the 19th Century
  • Mr. Matthew Wilton, English convict who was convicted in Lancaster, Lancashire, England for 7 years, transported aboard the "Canada" on 23rd April 1819, arriving in New South Wales, Australia[8]
  • Nicholas Wilton, who arrived in Adelaide, Australia aboard the ship "Phoebe" in 1847 [9]
  • William Wilton, who arrived in Adelaide, Australia aboard the ship "Florentia" in 1849 [10]
  • Thomas Wilton, who arrived in Adelaide, Australia aboard the ship "Stebonheath" in 1849 [11]
  • Thomas Wilton, aged 21, who arrived in South Australia in 1849 aboard the ship "Samuel Boddington" [12]
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)

Wilton migration to New Zealand +

ニュージーランドへの移住は、キャプテンクック(1769-70)などのヨーロッパの探検家の足跡をたどりました。最初にシーラー、捕鯨者、宣教師、商人がやって来ました。 1838年までに、英国ニュージーランド会社はマオリ族から土地を購入して入植者に売却し始め、1840年のワイタンギ条約の後、多くの英国の家族が英国からアオテアロアへの困難な6か月の旅に出発しました。新生活。初期の移民は次のとおりです。


Robert Wilton: How Archduke Franz Ferdinand almost lost me the plot

So, the writing’s coming along nicely. My intrepid English adventuress Flora Hathaway has reached the hunting lodge in eastern Germany, purloined the document case of the aide-de-camp of the Chief of the German General Staff, and secreted herself in her bedroom to skim through the vital papers. This is happening at least a week before the end of May 1914, to give time for the theft to be discovered, for Hathaway to be attacked during a hunt the next day, for her British military contact to retrieve the secrets, travel on to Constantinople, and make it back to Vienna in time for a mini-climax when all of the British agents are lured into a trap, this all still leaving us in good time to get to Sarajevo for 28 June 1914 and the sparking of the first world war. Much the most interesting of the secrets has come out of the Kaiser’s meeting with the Archduke Franz Ferdinand of Austria-Hungary, a meeting which we know from the historical record occurred in the Archduke’s residence at Konopischt on. [checks notes]… 26 May.

Which is too bloody late. The narrative can’t work as planned: the necessary chain of events is now impossible. My brilliantly constructed plot has just thundered into a damn great historical fact, plonked there inert and immobile, and has staggered back rubbing its head.

It’s always like this. Trying to weave an intricate espionage plot around Nelson’s pursuit of the French fleet back and forth across the Atlantic was a constant headache. Trying to do it around Cromwell’s rampaging between Scotland, Ireland and the occasional guest appearance at Westminster was closer to a nervous breakdown.

But hang on: why am I bothering? It’s fiction I’m writing. I’m making stuff up that’s the point. My pot-boiling mixture of world-worn spies, alluring-yet-ambiguous totty and an all-pervasive fog-based sense of menace is hardly Gibbon’s Decline and Fall. One of the many benefits of not being David Starkey is that I don’t have to care about all the tiresome factual stuff. Why can’t I get Cromwell back from his miracle at Dunbar in double-quick time? Give a bit of reinterpretation of the known chronology and I’m wittily deconstructing our use of the fragmentary historical record. Give him a motorbike and I’ve written a genre-busting historical/sci-fi sensation. Shakespeare distorted history to suit his own ends, etcetera.

And yet historical fiction readers are about as exacting a readership as ever ordered another bitter, re-lit their pipes and debated roundhead infantry tactics. Take the notorious obsessiveness of sci-fi enthusiasts, and add an actual factual record to obsess about. Readers of historical fiction tend to be serious readers of history too – in low-key local library talks I’ve heard high-powered debates on absolutism and reform in 17th-century Europe. They know their pikes from their pickelhauben, their mizzens from their mainbraces, and they’ll know me for a wrong’un if I put the Archduke Franz Ferdinand in a scene of great drama and plot significance when the archives show he was actually off for a weekend’s fishing.

And part of the fun of writing historical fiction is the challenge of weaving it into the framework of facts. If I wanted complete freedom of narrative and ideas I’d write books set on Mars. One of the reasons I’ve never really warmed to science fiction or fantasy is precisely because they seem so rootless. History is my way into the world, and as much as possible I want to be loyal to its truths. I want to be filling in the gaps in the historical record, not driving a motorbike and sidecar through it. I want readers to check my books against the facts, and to find it hard to spot where the fiction begins. The strength of Frederick Forsyth’s (earlier) books is the elusiveness of the join separating what was then recent history (French Army plotting against De Gaulle Nazis surviving the war) and what he was making up. Part of the brilliance of George MacDonald Fraser – with his found memoirs and extensive footnotes – is how Flashman seems to inhabit so comfortably historical events that have been minutely studied – how, for example, his fictional activities answer one of the longstanding factual mysteries about the battle of the Little Bighorn.

The appeal of historical fiction is arguably that the reader feels it could be historical fact. All fiction aspires to be somehow truthful – to how humans behave and interact perhaps to topography, or to a political reality. Historical fiction just has a whole lot more stuff to be truthful to. That means mentalities as much as dates and uniforms. Funnily enough, I think I’d feel less uncomfortable putting Cromwell on a scooter than I would making him agonise over the atrocities he committed at Drogheda.

Authors are loyal to their periods – to their truths – and I suspect all would like to feel that they’re contributing to a wider interest in them (Walter Scott pretty much invented historical Scotland). That means sticking to the facts as much as possible. It also, I think, means an aspiration to inform. Hilary Mantel’s vivid imagining of a real historical life fuelled interest in that other Cromwell and his world. One of the reasons I admire the Rome novels of MC Scott is her depiction of legionary life – including the stereotype-busting fact that homosexuality was commonplace. Somewhere on the spectrum is Truman Capote’s In Cold Blood, a “non-fiction” book telling a true story but with embellishments and inventions to give emotional power to the narrative. So perhaps is Art Spiegelman’s Maus, presenting a version of his family’s experiences of the Holocaust in a graphic novel of cats and mice.

In the end, stories are how as humans we come to terms with our existence how we hear and repeat the echoes, how we explain and how we endure. If we can keep historical fictions in books and not politics, perhaps they’re a healthy way of exploring and addressing our collective past. At the heart of my novel, The Spider of Sarajevo, set in the weeks leading to the first world war, is a series of converging narratives that are fictional, and probably a tad melodramatic. But through them I hope that the reader gets a vivid and accurate experience of the madness of that summer, of the accumulated ignorance and arrogance that brought catastrophe. And perhaps – just perhaps – it’s easier to give this understanding of a moment of historical reality through a historical fiction. Even though the Archduke Franz Ferdinand is still a considerable inconvenience.


ビデオを見る: ロバートコント (かもしれません 2022).