面白い

1803マーベリー対マディソン-歴史

1803マーベリー対マディソン-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

この画期的な判決の中で、最高裁判所は、それが合衆国憲法の最終的な仲裁人であると述べました。この権力は最終的に最高裁判所を政府の同等の支部として設立しました。


1800年の選挙で、連邦党は大統領と議会の支配権の両方を失いました。連邦党は1801年の司法法を可決し、その最後の数か月間、連邦党は依然として議会の支配権を維持していました。この司法法は、他の多くの司法任命とともに、6つの巡回裁判所と16の新しい裁判官を創設しました。

ウィリアム・マーベリーは、連邦主義権力の最後の日に裁判官に任命された人々の一人でした。彼はコロンビア特別区の治安判事に任命されました。しかし、彼の任務は決して果たされませんでした。ジェファーソンが大統領になったとき、彼は国務長官マディソンに委員会を提供しないように指示した。

マーベリーは訴えた。最高裁判所長官マーシャルのリーダーシップの下で、最高裁判所はジレンマに直面した。それがマーバリーに有利な判決を下した場合、それは間違いなく政権によって反抗されるでしょう。しかし、マーベリーに反対する判決を下した場合、裁判所には権限がなかったことを認めることになります。

マーシャルは政治的中間を見つけました。彼は専門性についてマーベリーに反対した。一方、彼は、司法には憲法であるものとそうでないものを決定する権利と責任があると判断した。

マーシャルのリーダーシップの下でのその後の決定において、裁判所は、行政および立法府と同等の政府の支部としての立場を引き受けました。フレッチャー対ペックでは、裁判所はジョージア州法を違憲として取り下げた。マーティン対ハンター・レッシーの決定において、それは連邦司法の権限の対象ではなかったというバージニア司法の主張を否定した。



マーベリー対マディソン

マーベリー対マディソンは、最高裁判所の画期的な事件であるだけでなく、むしろ多くの人から考えられています。 NS 画期的な事件。裁判所の決定は1803年に提出され、訴訟が司法審査の問題を含む場合に引き続き呼び出されます。それはまた、連邦政府の立法府および行政機関と同等の地位への最高裁判所の権力の上昇の始まりを示した。要するに、最高裁判所が議会制定法を違憲と宣言したのはこれが初めてでした。

豆知識:マーベリー対マディソン

主張された事件:1803年2月11日

発行された決定: 1803年2月24日

申立人: ウィリアムマーベリー

被告: 国務長官ジェームズ・マディソン

重要な質問:トーマス・ジェファーソン大統領は、前任者のジョン・アダムズによって任命されたウィリアム・マーベリーからの司法委員会を差し控えるよう国務長官ジェームズ・マディソンに指示する権利の範囲内でしたか?

全会一致の決定: マーシャル裁判官、パターソン裁判官、チェース裁判官、ワシントン裁判官

裁定: マーベリーは彼の任務を受ける権利がありましたが、1789年の司法法の第13条が米国憲法の第3条第2条と矛盾し、したがって無効であったため、裁判所はそれを認めることができませんでした。


決定

首席判事は、事件が法廷に提起したジレンマを認識した。裁判所が曼荼羅の令状を発行した場合、裁判所にはそれを執行する権限がなかったため、ジェファーソンはそれを単に無視することができました。一方、裁判所が令状の発行を拒否した場合、政府の司法部門は行政の前に後退したように見え、マーシャルは許可しませんでした。彼が選んだ解決策は、適切にツアー・デ・フォースと呼ばれています。マーシャルは一気に、憲法の最終的な仲裁者としての裁判所の権限を確立し、ジェファーソン政権が法律に従わなかったことを非難し、裁判所の権限が政権に異議を唱えられるのを回避することに成功しました。

マーシャルは、彼のすべての主要な意見をマークするスタイルを採用し、事件をいくつかの基本的な問題に減らしました。彼は3つの質問をしました:(1)マーベリーは委員会の権利を持っていましたか? (2)彼がそうし、彼の権利が侵害された場合、法律は彼に救済策を提供しましたか? (3)もしそうなら、適切な救済策は最高裁判所からの曼荼羅の令状でしょうか?最後の質問である重要な質問は裁判所の管轄権を扱っており、否定的な回答は他の問題を決定する必要をなくしたので、通常の状況では最初に答えられたでしょう。しかし、それはマーシャルが大統領の法の無視として最高裁判所長官が見たものについてジェファーソンを批判する機会を否定したであろう。

最初の2つの質問に関するマーベリーの弁護士の議論に続いて、マーシャルは、大統領がそれに署名し、それを国務長官に送って封印を貼ると、委員会の有効性が存在すると主張した。大統領の裁量はそこで終わりました。なぜなら、政治的決定がなされ、国務長官は、委員会を遂行するという大臣の任務しか果たさなかったからです。その点で、法律は他の誰と同じように彼に従うことを義務付けました。マーシャルは、裁判所がビジネスに干渉することのない大統領と秘書の政治的行為と、法律に準拠して司法が検討できる単純な行政執行とを注意深く長い間区別した。

マーベリーが委員会の権利を持っていると判断したマーシャルは、次に救済の問題に目を向け、再び原告に有利な立場にあり、「この法的権利を事務所に持つことで、[マーベリー]は委員会の結果としての権利を有する。 、その権利の明白な違反である配達の拒否、それに対して彼の国の法律は彼に救済を与えます。」ジェファーソンとマディソンを「他人の既得権を奪う」ことで非難した後、マーシャルは重要な3番目の質問に答えました。彼は、適切な救済策は最高裁判所からの曼荼羅の令状であると考えることもできましたが、元の(上訴ではなく)管轄権で曼荼羅の権限を裁判所に与えた法律がまだ施行されていたためです。 —代わりに、同法の関連規定が違憲であったため、裁判所にはそのような令状を発行する権限がないと宣言した。同法の第13条は、憲法第III条第2条と矛盾しており、「大使、他の公務大臣および領事に影響を与えるすべての事件、および州が当事者となる」、および「前述の他のすべての事件において、最高裁判所は上訴管轄権を有するものとする」。このように1789年の制定法から得られた権力を放棄することで(そしてこの事件でジェファーソンに技術的な勝利を与えることで)、マーシャルは法廷ではるかに重要な権力、つまり司法審査の権力を獲得した。


余波と遺産

マーベリー対マディソン 現在、最高裁判所の最も重要な意見の1つとして広く認識されています。その後の多くの画期的な連邦訴訟は、議会制定法を無効にする司法の能力に依存してきました。しかし、この事件には多くの批評家もいます。トーマス・ジェファーソンは、マーシャルが不必要な編集に従事したことを批判し、事件は裁判所が管轄権を持っていなかったという結論で開始および終了すべきであると信じていました。 20世紀前半の主要な法学者の1人であるエドワード・コーウィンはさらに進んで、この事件は「意図的な党派クーデターの目印の多く」をもたらしたと主張した。

さらに、最高裁判所は50年以上にわたって別の連邦法をストライキしなかったが、それを行った2番目の訴訟は、アメリカの法史上最も悪名高い判決の1つとなった。の スコット対サンドフォード (1857)、しばしば知られている ドレッドスコット 事件では、マーシャルの後継者であるロジャー・ブルック・タニーが1820年のミズーリ妥協を無効にしました。これは、奴隷所有者が奴隷にされた人々を財産として輸送する権利を不適切に妨害し、連邦領土を規制する議会の権限を超えたためです。 1861年、エイブラハムリンカーン大統領は、 ドレッドスコット、限られた形式の司法審査を主張した。同様に、1930年代に経済法を打ち破った連邦事件は、フランクリン・ルーズベルト大統領と彼の支持者の多くを怒らせ、司法権の制限についての議論につながった。


コンテンツ

1800年の激しく争われた米国大統領選挙では、3人の主要な候補者はトーマスジェファーソン、アーロンバー、および現職の大統領ジョンアダムズでした。 [1]アダムズはアレクサンダー・ハミルトンと連邦党の親ビジネスと親国家政府の政治と一致していたが、ジェファーソンとバーは農業と地方分権を支持した反対の民主共和党の一部だった。アメリカの世論は、主に物議を醸している外国人および扇動法の使用、ならびに連邦党が緊密な関係を支持した英国との緊張の高まりのために、選挙前の数ヶ月で連邦党に徐々に反対した。 [9]ジェファーソンは簡単に人気投票に勝ったが、選挙人団でアダムズをわずかに破っただけだった。

1801年初頭に選挙の結果が明らかになると、アダムズと連邦党はジェファーソンが就任するまでの残りの数週間で影響力を行使することを決意し、連邦党に忠実な「反ジェファーソン流民主党」で埋めるためにできる限りのことをしました。連邦党。 [2] [10]大統領任期が終了するちょうど2日前の1801年3月2日、[注1]アダムズは、連邦主義者が管理する議会が新たに創設した和平裁判官と治安判事に60人近くの連邦主義者支持者を指名した。ジェファーソンの支持者が「真夜中の裁判官」[11]と嘲笑的に呼んだこれらの土壇場の候補者には、メリーランドからの繁栄した実業家であるウィリアム・マーベリーが含まれていました。熱心な連邦主義者であるマーベリーは、メリーランド州の政治に積極的であり、アダムズ大統領の積極的な支持者でした。 [12]

翌3月3日、上院はアダムズの指名を承認した まとめて。任命された委員会はすぐに書き出され、アダムズによって署名され、1月に最高裁判所の新しい最高裁判所長官に任命されたが、残りの期間は国務長官を務め続けたジョン・マーシャル国務長官によって封印された。アダムスの用語。 [10] [13]その後、マーシャルは弟のジェームズ・マーカム・マーシャルを派遣して、任命された人に委員会を届けた。 [5]ジェファーソンの就任まであと1日で、ジェームズ・マーシャルはほとんどのコミッションを提供することができたが、マーベリーを含むいくつかは提供されなかった。 [10]

翌日、1801年3月4日、トーマスジェファーソンが宣誓し、アメリカ合衆国の3番目の大統領になりました。ジェファーソンは、可能になるとすぐに、新しい国務長官のジェームズ・マディソンに、未配達の任命を差し控えるように指示しました。 [10]ジェファーソンの意見では、委員会はアダムズが辞任する前に配達されていなかったため無効でした。 [4]委員会がなければ、被任命者は任命された役職と職務を引き受けることができなかった。

次の数ヶ月間、マディソンはマーベリーの任務を彼に提供することを絶えず拒否しました。最後に、1801年12月、マーベリーは米国最高裁判所でマディソンを相手取って訴訟を起こし、マディソンに任務の遂行を強制する曼荼羅の令状を発行するよう裁判所に求めました。 [10]この訴訟の結果、 マーベリー対マディソン.

1803年2月24日、[注2]裁判所は、マーベリーに対して全会一致で4対0の判決を下しました。 [注3]

裁判所の意見は、最高裁判所長官のジョン・マーシャルによって書かれました。マーシャルは、マーシャルが順番に答えた一連の3つの質問に関する裁判所の意見を構成しました。

  • まず、マーベリーは彼の任務に対する権利を持っていましたか?
  • 第二に、マーバリーが彼の任務に対する権利を持っていた場合、彼がそれを取得するための法的救済策はありましたか?
  • 第三に、そのような救済策があった場合、最高裁判所は合法的にそれを発行することができますか? [14]

マーベリーの委員会

最初に、マーシャルは、すべての適切な手順が守られたため、マーベリーには委員会の権利があると書いた。委員会は適切に署名され、封印されていた。 [15]マディソンは、委員会が引き渡されない場合は無効であると主張したが、裁判所は同意せず、委員会の引き渡しは単なる慣習であり、委員会自体の本質的な要素ではないと述べた。 [6]

[大統領]の署名は、委員会に大印章を貼付するための令状であり、大印章は、完成した楽器にのみ貼付する必要があります。 。委員会の送信は、法律ではなく、利便性によって指示された慣行です。したがって、任命を構成する必要はありません。任命は、その前に行われなければならず、大統領の単なる行為です。

マーベリーの任務は有効だったので、マーシャルは書いた、それのマディソンの源泉徴収はマーベリーの側の「既得の法的権利の違反」でした。 [16]

マーベリーの法的救済

2番目の質問に目を向けると、裁判所は、法律がマーベリーにマディソンからの彼の任務を不法に差し控えたための救済策を明らかに与えたと述べた。マーシャルは、「法的権利がある場合、その権利が侵害されたときはいつでも、訴訟または訴訟による法的救済もあるというのは、一般的で議論の余地のない規則です」と書いています。この規則は、伝統的なローマ法諺に由来します ubi jus、ibi remedium (「法的権利がある場合、法的救済がある」)、これは初期の英米コモンローで十分に確立されました。 [17] [18]アメリカの法学者アキル・アマールが意見の「最も重要で刺激的な一節の1つ」と呼んだことで、[19]マーシャルは次のように書いている。

市民の自由の本質は確かに、すべての個人が怪我をしたときはいつでも法律の保護を主張する権利にあります。

その後、裁判所は、マンダマスの令状(政府職員に法的に実行を義務付けられている行為を実行するように命令する裁判所命令の一種)がマーバリーの状況に対する適切な救済策であることを確認しました。 [20]しかし、これは、政府の司法部門の一部であった裁判所が、国務長官として政府の行政部門の一部であったマディソンを指揮する権限を持っているかどうかの問題を提起した。 [14]裁判所は、救済が特定の人に対する義務を含み、裁量に委ねられた政治的問題ではない限り、裁判所は法的救済を提供できると判示した。 [21]ジョン・アダムズが1779年にマサチューセッツ州憲法のために起草したフレーズを借りて、マーシャルは次のように書いている。 [22]

最高裁判所の管轄

これはマーシャルに3番目の質問をもたらしました:最高裁判所が事件に対して適切な管轄権を持っていたかどうか。この質問は、裁判所がマーバリーが要求した令状を発行する権限を持っているかどうかを決定します。 [24]答えは、裁判所が1789年の司法法のテキストをどのように解釈したかに完全に依存していた。米国憲法自体が最高裁判所のみを義務付け、残りの部分を残すため、議会は米国連邦裁判所制度を確立するためにこの法律を可決した。 「議会が時折命じて設立する可能性のあるような下級裁判所」に居住する米国連邦司法権。 [25]司法法のセクション13は、最高裁判所の元の管轄権および上訴管轄権を扱っています。

最高裁判所は、州が当事者である民事上のすべての事件について[元の]管轄権を有するものとします。そして、大使または他の公務大臣に対する訴訟または訴訟のそのようなすべての管轄権を独占的に有するものとします。そして実際の問題の裁判。陪審員によるものとする。最高裁判所はまた、特別に規定された後の本件の場合、巡回裁判所およびいくつかの州の裁判所から上訴管轄権を有し、発行する権限を有するものとします。法の原則および使用法によって保証されている場合には、合衆国の権限の下で任命された裁判所または役職に就いている人に対する曼荼羅の令状。

マーシャルが意見で説明しているように、 元の管轄、裁判所は、下の事件を最初に聞いて決定する権限を持っています 上訴管轄権、裁判所は、下級裁判所の判決から当事者の控訴を審理し、前の判決を「修正および修正」する権限を持っています。 [8]マーベリーは、司法法第13条の文言により、上訴管轄権だけでなく、元の管轄権の下で事件を審理する際にマンダマスの令状を発行する権限が最高裁判所に与えられたと主張していた。 [24]曼荼羅の令状を発行する権限に関する文言は、元の管轄権に関する以前の文ではなく、上告管轄権に関する文に表示されますが、セミコロンはそれを上告管轄権に関する特定の条項から分離します。セクション自体は、マンダマス条項が上訴文の一部として読まれることを意図していたのか、それ自体で読まれることを意図していたのかを明確にしていない-意見では、マーシャルはセクションの終わりのみを引用した[26]-そして法律の文言はもっともらしくどちらの方法でも読んでください。 [27]

裁判所はマーベリーに同意し、司法法の第13条を解釈して、元の管轄権でマンダマスを承認しました。 [28] [29]しかし、マーシャルの意見が指摘したように、これは、司法法が、米国政府の司法部門を設立する米国憲法第3条と衝突したことを意味した。第3条は、最高裁判所の管轄を次のように定義しています。

大使、他の公務大臣および領事に影響を与えるすべての事件、および国家が当事者となる事件では、最高裁判所が元の管轄権を有するものとします。前述の他のすべての事件において、最高裁判所は、そのような例外を除き、議会が定める規則の下で、法律と事実の両方に関して上訴管轄権を有するものとします。

憲法のこのセクションでは、最高裁判所は、米国の州が訴訟の当事者である場合、または訴訟に外国の高官が関与する場合についてのみ、元の管轄権を有すると述べています。これらのカテゴリーはどちらもマーベリーの訴訟をカバーしていませんでした。それは彼の治安判事のためのマンダマスの令状をめぐる論争でした。したがって、憲法によれば、裁判所は、マーベリーが行ったように直接提起された訴訟に対する元の管轄権の下ではなく、上訴に対して上訴管轄権を行使している間のみマーベリーの訴訟を聞くことができた。 [8] [28]

しかし、マーシャルの以前の解釈によれば、司法法の第13条は、最高裁判所は次のように述べています。 やりました マーベリーのような曼荼羅事件に対して元の管轄権を持っています。これは、司法法が憲法の当初の最高裁判所の管轄の範囲を明らかに取り、それをマンダマスの令状を含む事件を含むように拡大したことを意味しました。マーシャルは、議会が憲法に定められた最高裁判所の元の管轄権を拡大することはできないと判断し、したがって、司法法第13条の関連部分は憲法第3条に違反していると判断した。 [28]

司法審査と法の撤廃

憲法に抵触するとの判決を下した後、裁判所は、米国最高裁判所が初めて司法審査の権限を宣言したことで、司法法の関連部分を取り下げました。 [8] [30]裁判所は、アメリカの連邦裁判所は、憲法の解釈と矛盾する議会の立法に影響を与えることを拒否する権限を持っていると裁定しました。これは「打撃」法として知られる動きです。 [31]

米国憲法は、米国の司法に司法審査の権限を明示的に与えていません。 [32]それにもかかわらず、マーシャルの意見は、司法が権力を所有していることを支持する多くの理由を示している。第一に、マーシャルは、憲法の書面による性質が本質的に司法審査を確立したと推論した。 [33] [34]アレクサンダーハミルトンのエッセイから借りた一行 フェデラリストNo.78、マーシャルは次のように書いています。「立法府の権限は定義され、制限されており、それらの制限が誤ったり忘れられたりしないように、憲法が書かれています。」 [35]彼は続けた:「確かに、書面による憲法を組み立てたすべての人々は、それらを国の基本的かつ最重要の法律を形成するものとして考えており、その結果、そのようなすべての政府の理論は、立法府の行為であり、憲法に嫌悪感を抱いている、無効です。」 [36]

第二に、マーシャルは、それが適用する法律の合憲性を決定することは、アメリカの司法の役割の本質的な部分であると宣言しました。 [37]最も有名で頻繁に引用される意見の中で、マーシャルは次のように書いている。

法律が何であるかを言うことは、司法部門の州と義務であることを強調します。

マーシャルは、憲法がアメリカ政府の権限に制限を課しており、司法審査と執行の対象とならない限り、それらの制限は無意味であると推論しました。 [34] [37]彼は、輸出税条項や私権剥奪法の禁止など、議会の権限を制限する憲法の規定が 事後 法律—場合によっては、裁判官が憲法を施行するか、議会に従うかを選択することを余儀なくされることを意味します。 [39]彼の意見では、ジレンマは難しくなかった。「憲法に反する行為が国の法律になることができるかどうかという問題は、米国にとって非常に興味深い問題であるが、幸いなことに、その関心。」 [40]彼は、憲法と議会で可決された成文法との間に矛盾が生じた場合、憲法は最高でなければならないと「事実上鉄の論理の問題として」主張した。 [8]再び連邦主義者第78号から借用し、[41]マーシャルは次のように述べた。

2つの法律が互いに矛盾する場合、裁判所はそれぞれの運用を決定する必要があります。 。その場合、裁判所は憲法を考慮し、憲法は立法府の通常の行為よりも優れているので、そのような通常の行為ではなく、憲法が両方が適用される事件を統治しなければなりません。

第三に、マーシャルは、議会の行為に対する憲法の優位性を否定することは、「裁判所は憲法に目を閉じ、法律だけを見なければならない」ことを意味すると述べた。 [43]そして、これは議会を全能にするだろうと彼は言った、なぜならそれが通過した法律のどれも決して無効ではないからである:

この教義。立法府が明示的に禁止されていることを行う場合、そのような行為は、明示的な禁止にもかかわらず、実際には有効であると宣言します。それは立法府に実用的で本当の全能性を与え、彼らの力を狭い範囲内に制限することを公言するのと同じ息を吹き込むでしょう。

その後、マーシャルは司法審査を支持する他のいくつかの理由を挙げました。彼は、「この憲法の下で」生じた事件を裁判所が決定できるという憲法第3条の承認は、裁判所が憲法と矛盾する法律を取り下げる権限を持っていることを意味すると主張した。 [37]これは、マーシャルが書いた、創設者が事件を判断するときにアメリカの司法を使用し、憲法を解釈することをいとわなかったことを意味した。彼はまた、連邦判事の就任宣誓(彼らは彼らの義務を公平にそして「合衆国の憲法と法律に同意して」遂行することを誓う)は彼らに憲法を支持することを要求すると主張した。 [45]最後に、マーシャルは、合衆国の最高法は憲法およびすべての連邦ではなく、「それに従って」制定された法律であると宣言しているため、司法審査は合衆国憲法の第6条に暗示されていると主張した。等しく法律。 [46] [45]

マーシャルは、理由のリストを示した後、管轄法の無効性に関する裁判所の判決、したがって、マーベリーのマンダマスの令状を発行することができないことを再確認することにより、裁判所の意見を結論付けました。

したがって、合衆国憲法の特定の表現は、すべての書面による憲法に不可欠であると思われる、憲法に反する法律は無効であり、裁判所および他の部門は拘束されるという原則を確認および強化します。その楽器。ルールを解除する必要があります。

政治的ジレンマ

その固有の法的問題に加えて、 マーベリー対マディソン また、マーシャルと最高裁判所自体に困難な政治的ジレンマを生み出しました。 [47]裁判所がマーベリーに有利な判決を下し、マーベリーの任務を遂行するようマディソンに命じる曼荼羅の令状を発行した場合、ジェファーソンとマディソンはおそらくそれを単に無視したであろう。司法。 [47]一方、マーベリーに対する明白で単純な判決は、ジェファーソンと民主共和党に明確な政治的勝利を与えたであろう。 [47]

マーシャルは両方の問題を回避し、ジレンマを解決しました。最初に、彼はマーベリーの委員会のマディソンの源泉徴収は違法であると判断し、それは連邦主義者を喜ばせた。しかし、彼は最終的に、裁判所はマーバリーに要求された曼荼羅の令状を与えることができず、それがジェファーソンと民主共和党に彼らが望む結果を与えたと判断した。しかし、アメリカの法学者ローレンス・トライブが「よく言われる話。それは畏敬の念を起こさせるものであり続ける」と述べたところで、マーシャルはマーベリーのマンダマスの令状に対する単純な請願を提示した事件に巧みに操る方法でマーベリーに反対した。アメリカの憲法自体の核心にある質問。 [48]最高裁判所の歴史の中で、アメリカの政治史家ロバート・G・マクロスキーは次のように書いている。

[マーベリー対マディソン]は間接参照の傑作であり、マーシャルが危険を回避しているように見えながら、危険を回避する能力の見事な例です。 。ジェファーソン流民主党との正面衝突の危険性は、管轄権の否定によって回避されました。しかし、同時に、委員会が違法に差し控えられたという宣言は、裁判所が政権の行動を容認したという印象を覆しました。これらのネガティブな操作は、それ自体が巧妙な成果でした。しかし、マーシャルが悪い状況を救ったことに満足せず、司法審査の教義を述べる機会をつかんだとき、天才のタッチは明白です。振り返ってみると、その機会が黄金であったことは簡単にわかります。しかし、マーシャルの識別力の裁判官だけがそれを認めることができたでしょう。

マーシャルは司法審査の導入に適したケースを探していて、その状況を マーベリー 彼の主張を確立する。 [50]彼は司法審査(ジェファーソンが非難した動き)を導入したが、それを使用して最高裁判所の権限を拡大したと彼が読んだ法律の規定を打ち破り、それによってマーベリーが彼の訴訟を失ったというジェファーソンの期待された結果を生み出した。 [51]マーシャルは「司法審査の制度を支持する機会をとらえたが、彼の政敵は反抗も抗議もできないという判決に達する過程でそうした」。 [52]ジェファーソンはマーシャルの意見を批判したが、彼はそれを受け入れ、マーシャルの決定は マーベリー 「今日まで存続する連邦裁判所の役割を明確にする[d]。」 [53]アメリカの法学者アーウィン・ケメリンスキーは、「マーシャルの意見の素晴らしさは誇張することはできない」と結論付けた。 [51]

批判

アメリカ憲法におけるその卓越した地位を考えると、マーシャルの意見は マーベリー対マディソン 引き続き批判的分析と歴史的調査の対象となっています。 [54] 1955年 ハーバードローレビュー 記事、米国最高裁判所判事フェリックス・フランクファーターは、マーシャルの意見を批判することができると強調しました マーベリー それを侮辱することなく:「の勇気 マーベリー対マディソン その推論は非の打ちどころがなく、その結論は賢明であるが避けられないものではないことを示唆することによって最小化されていない。」[55]

マーシャルの意見に対する批判 マーベリー 通常、2つの一般的なカテゴリに分類されます。 [54]最初に、マーシャルが合衆国最高裁判所が合衆国政府の他の支部に対して憲法上の権限を持っているという結論に達するために「努力した」方法を批判する人もいる。今日、アメリカの裁判所は一般に「憲法回避」の原則に従います。法律の特定の解釈が憲法上の問題を提起する場合、代替解釈が依然としてもっともらしい限り、これらの問題を回避する代替解釈を使用することを好みます。 [56]で マーベリー、マーシャルは、さまざまな法的判決を通じて憲法上の問題を回避できた可能性があります。たとえば、マーベリーが引き渡されるまで委員会の権利がないと判断した場合、または政治的任命を尊重することの拒否は是正することしかできないと判断した場合です。司法手続きではなく政治手続きを通じて、訴訟は直ちに終了し、裁判所は訴訟の憲法上の問題に到達しなかったでしょう。 [57]マーシャルはそうしなかった、そして多くの法学者はそれについて彼を批判した。 [56]しかしながら、「憲法回避」の原則は1803年には存在せず、いずれにせよ「法廷訴訟の一般的な指針」であり、「装甲艦の規則」ではないと指摘する人もいる。 [58]あるいは、マーシャルが論争を引き起こすために「努力した」という主張は、アメリカの植民地と州の最高裁判所が主にあった18世紀後半の法的な観点から見た場合、大部分が消えると主張されている。本質的に所有していたイングランドの王座裁判所をモデルにした マンダマス 力。 [59]

第二に、裁判所の権限に対するマーシャルの主張は、彼の立場を支持するために論理的に提示された実質的な理由ではなく、単なる「一連の主張」であると言われることがあります。 [60]米国憲法および他の政府機関の行動に関するマーシャルの一連の主張は、「マーシャルがそれらから引き出す結論に不可避的につながる」ことはないということは一般的に合意されている。 [60]行政機関の行動を検討するアメリカの司法の権限に関するマーシャルの主張は、次の場合に最も物議を醸した問題であった。 マーベリー が最初に決定され、その後のいくつかの米国大統領は、程度の差はあれ、それについて異議を唱えようとしました。 [60]

さらに、マーシャルが参加すべきだったかどうかは疑わしいです マーベリー 紛争への彼の参加の役割のために事件。 [14]指名がなされたとき、マーシャルは依然として国務副長官代理であり、彼自身がマーベリーと他の男性委員会に署名し、彼らの配達に責任を負っていた。 [14]この潜在的な利害の対立は、マーシャルが訴訟から身を引いたという強い根拠を引き起こします。 [14]後から考えると、マーシャルが自分自身を拒否しなかったという事実 マーベリー 事件を聞き、司法審査を確立するためにそれを使用したいという彼の熱意を示している可能性があります。 [57]

マーベリー対マディソン アメリカ憲法において最も重要な唯一の決定であり続けています。 [1]議会の立法行為の合憲性を検討するアメリカの裁判官の権限を確立し、[1]今日まで、連邦レベルと州レベルの両方でアメリカの法律の合憲性をレビューする最高裁判所の権限は、一般的に叙事詩にかかっています。の決定 マーベリー対マディソン." [61]

裁判所の意見は マーベリー アメリカ連邦法で司法審査を確立しましたが、それを作成または発明したわけではありません。 Some 18th-century British jurists had argued that British courts had the power to circumscribe Parliament, and the principle became generally accepted in Colonial America—especially in Marshall's native Virginia—due to the idea that in America only the people were sovereign, rather than the government, and therefore that the courts should only implement legitimate laws. [62] [63] By the time of the Constitutional Convention in 1787, American courts' "independent power and duty to interpret the law" was well established, and Alexander Hamilton defended the concept of judicial review in Federalist No. 78. [64] Nevertheless, Marshall's opinion in Marbury was the power's first announcement and exercise by the Supreme Court. It made the practice more routine, rather than exceptional, and prepared the way for the Court's opinion in the 1819 case McCulloch v. Maryland, in which Marshall implied that the Supreme Court was the supreme interpreter of the U.S. Constitution. [65]

Marbury also established that the power of judicial review covers actions by the executive branch—the President, his cabinet members, and the departments and agencies they head. [66] However, American courts' power of judicial review over executive branch actions only extends to matters in which the executive has a legal duty to act or refrain from acting, and does not extend to matters that are entirely within the President's discretion, such as whether to veto a bill or whom to appoint to an office. [66] This power has been the basis of many subsequent important Supreme Court decisions in American history, such as the 1974 case United States v. Nixon, in which the Court held that President Richard Nixon had to comply with a subpoena to provide tapes of his conversations for use in a criminal trial related to the Watergate scandal, and which ultimately led to Nixon's resignation. [67]


合衆国最高裁判所

The clerks of the Department of State of the United States may be called upon to give evidence of transactions in the Department which are not of a confidential character.

The Secretary of State cannot be called upon as a witness to state transactions of a confidential nature which may have occurred in his Department. But he may be called upon to give testimony of circumstances which were not of that character.

Clerks in the Department of State were directed to be sworn, subject to objections to questions upon confidential matters.

Some point of time must be taken when the power of the Executive over an officer, not removable at his will, must cease. That point of time must be when the constitutional power of appointment has been exercised. And the power has been exercised when the last act required from the person possessing the power has been performed. This last act is the signature of the commission.

If the act of livery be necessary to give validity to the commission of an officer, it has been delivered when executed, and given to the Secretary of State for the purpose of being sealed, recorded, and transmitted to the party.

In cases of commissions to public officers, the law orders the Secretary of State to record them. When, therefore, they are signed and sealed, the order for their being recorded is given, and, whether inserted inserted into the book or not, they are recorded.

When the heads of the departments of the Government are the political or confidential officers of the Executive, merely to execute the will of the President, or rather to act in cases in which the Executive possesses a constitutional or legal discretion, nothing can be more perfectly clear than that their acts are only politically examinable. But where a specific duty is assigned by law, and individual rights depend upon the performance of that duty, it seems equally clear that the individual who considers himself injured has a right to resort to the laws of his country for a remedy.

The President of the United States, by signing the commission, appointed Mr. Marbury a justice of the peace for the County of Washington, in the District of Columbia, and the seal of the United States, affixed thereto by the Secretary of State, is conclusive testimony of the verity of the signature, and of the completion of the appointment and the appointment conferred on him a legal right to the office for the space of five years. Having this legal right to the office, he has a consequent right to the commission, a refusal to deliver which is a plain violation of that right for which the laws of the country afford him a remedy.

To render a mandamus a proper remedy, the officer to whom it is directed must be one to whom, on legal principles, such writ must be directed, and the person applying for it must be without any other specific remedy.

Where a commission to a public officer has been made out, signed, and sealed, and is withheld from the person entitled to it, an action of detinue for the commission against the Secretary of State who refuses to deliver it is not the proper remedy, as the judgment in detinue is for the thing itself, or its value. The value of a public office, not to be sold, is incapable of being ascertained. It is a plain case for a mandamus, either to deliver the commission or a copy of it from the record.

To enable the Court to issue a mandamus to compel the delivery of the commission of a public office by the Secretary of State, it must be shown that it is an exercise of appellate jurisdiction, or that it be necessary to enable them to exercise appellate jurisdiction.

It is the essential criterion of appellate jurisdiction that it revises and corrects the proceedings in a cause already instituted, and does not create the cause.

The authority given to the Supreme Court by the act establishing the judicial system of the United States to issue writs of mandamus to public officers appears not to be warranted by the Constitution.

It is emphatically the duty of the Judicial Department to say what the law is. Those who apply the rule to particular cases must, of necessity, expound and interpret the rule. If two laws conflict with each other, the Court must decide on the operation of each.

If courts are to regard the Constitution, and the Constitution is superior to any ordinary act of the legislature, the Constitution, and not such ordinary act, must govern the case to which they both apply.

At the December Term, 1801, William Marbury, Dennis Ramsay, Robert Townsend Hooe, and William Harper, by their counsel,

severally moved the court for a rule to James Madison, Secretary of State of the United States, to show cause why a mandamus should not issue commanding him to cause to be delivered to them respectively their several commissions as justices of the peace in the District of Columbia. This motion was supported by affidavits of the following facts: that notice of this motion had been given to Mr. Madison that Mr. Adams, the late President of the United States, nominated the applicants to the Senate for their advice and consent to be appointed justices of the peace of the District of Columbia that the Senate advised and consented to the appointments that commissions in due form were signed by the said President appointing them justices, &c., and that the seal of the United States was in due form affixed to the said commissions by the Secretary of State that the applicants have requested Mr. Madison to deliver them their said commissions, who has not complied with that request and that their said commissions are withheld from them that the applicants have made application to Mr. Madison as Secretary of State of the United States at his office, for information whether the commissions were signed and sealed as aforesaid that explicit and satisfactory information has not been given in answer to that inquiry, either by the Secretary of State or any officer in the Department of State that application has been made to the secretary of the Senate for a certificate of the nomination of the applicants, and of the advice and consent of the Senate, who has declined giving such a certificate whereupon a rule was made to show cause on the fourth day of this term. This rule having been duly served,

Mr. Jacob Wagner and Mr. Daniel Brent, who had been summoned to attend the court and were required to give evidence, objected to be sworn, alleging that they were clerks in the Department of State, and not bound to disclose any facts relating to the business or transactions of the office.

The court ordered the witnesses to be sworn, and their answers taken in writing, but informed them that, when the questions were asked, they might state their objections to answering each particular question, if they had any.

Mr. Lincoln, who had been the acting Secretary of State, when the circumstances stated in the affidavits occurred, was called upon to give testimony. He objected to answering. The questions were put in writing.

The court said there was nothing confidential required to be disclosed. If there had been, he was not obliged to answer it, and if he thought anything was communicated to him confidentially, he was not bound to disclose, nor was he obliged to state anything which would criminate himself.

The questions argued by the counsel for the relators were, 1. Whether the Supreme Court can award the writ of mandamus in any case. 2. Whether it will lie to a Secretary of State, in any case whatever. 3. Whether, in the present case, the Court may award a mandamus to James Madison, Secretary of State.


A Cornerstone of the American System

The fourth and fifth parts of the Marbury decision, brilliantly reasoned, established a cornerstone of the United States' system of government. In the fourth part, Marshall considered whether or not the Supreme Court had the power, or in other words the jurisdiction, to issue a writ of mandamus. Article III of the U.S. Constitution gave the Supreme Court two types of jurisdiction, original and appellate. Original jurisdiction meant the Supreme Court could be the first court to receive a petition and hear the resulting case. Article III gave the Supreme Court original jurisdiction over politically sensitive issues such as those involving "ambassadors" or when one of the states was named as a party. In all other cases, the Supreme Court has appellate jurisdiction, meaning petitions or cases must work their way through the lower courts before arriving at the Supreme Court.

Yet, section 13 of the Judiciary Act of 1789 allowed the petitioning of the Supreme Court and all federal courts directly asking them to issue writs. Although Marbury was neither an ambassador nor a state government, the Judiciary Act gave him the right to petition the Supreme Court first. Marshall ruled that this legislation violated the intent of the Constitution by giving the Supreme Court original jurisdiction in matters not mentioned in Article III. He concluded the Judiciary Act was unconstitutional, therefore invalid and not enforceable by a court of law. As a result, the Supreme Court, in response to Marbury's petition, could not issue the writ. This decision avoided a direct conflict with the Jefferson administration. At the same time, it also negated an act passed by Congress. Marshall wrote that it would be absurd to insist that the courts must uphold unconstitutional acts of the legislature. No act of Congress could do something forbidden by the Constitution. Marshall's reasoning established the Court's power to declare an act of Congress unconstitutional — a monumental first which became a cornerstone of the American democratic system.


II。 Factual Background | Marbury v Madison

In the 1800 Presidential election, Thomas Jefferson defeated John Adams but before the incoming President Jefferson could hold his office on March 4, 1801, the outgoing President John Adams and Congress passed the Judiciary Act of 1801. The act established new courts, added new justices, and vested more power and control with the President over the appointment of judges.

The Judiciary Act, 1801 was nothing but essentially an attempt by Adams and his party to frustrate his successor, as he used the act to appoint 16 new circuit judges and 42 new justices of the peace. The appointees were approved by the Senate, but they would not be valid until their commissions were delivered by the Secretary of State.

William Marbury had been appointed Justice of the Peace in the District of Columbia, but his commission was not delivered. Marbury filed a petition before the U.S. Supreme Court to compel the new Secretary of State, James Madison, to deliver the documents. Marbury, accompanied by three other similarly situated appointees, filed a writ petition of mandamus compelling the delivery of the commissions by Madison.

So, essentially, the present case involved a dispute between the outgoing President and the incoming President. In the case, Chief Justice John Marshall sided with Jefferson, his political rival, in the Supreme Court’s decision but took the opportunity to enlarge the court’s power in doing so.


A system of distinct powers built into the Constitution to prevent an accumulation of power in one branch.

The presidential election of 1800 was bitter and divisive. Thomas Jefferson, a Republican, defeated incumbent John Adams, a Federalist. The Federalist-controlled Congress passed a law, just days before Jefferson was to take office, allowing outgoing President John Adams to appoint forty-two new justices of the peace. These new justices became known as “midnight judges” because of the last-minute nature of their appointments.

By the time Jefferson took office, not all of the commissions formalizing the appointments had been delivered. President Jefferson ordered his Secretary of State, James Madison, not to deliver the commissions to Adams’s appointees. One of those commissions not delivered was for William Marbury. Marbury asked the Supreme Court to issue a “writ of mandamus” – a court order forcing Jefferson and Madison to deliver the commissions. The Judiciary Act, passed by Congress in 1789, had given the Supreme Court the power to issue these writs.

Sitting as Supreme Court Chief Justice was John Marshall, a Federalist, and the cousin of Thomas Jefferson. In his landmark opinion, Marshall asserted that Marbury had a right to his commission, but that the Supreme Court lacked the power under Article III of the Constitution to force the President to deliver it. In so ruling, the Supreme Court overturned the portion of the 1789 Judiciary Act granting the Supreme Court the power to issue writs of mandamus. The Supreme Court had found an act of Congress unconstitutional, and judicial review was first exercised.

This Homework Help video explores the first landmark Supreme Court cases and asks students to assess its impact on U.S. history.


ビデオを見る: 1812年の戦争-クラッシュコース米国の歴史11 (六月 2022).


コメント:

  1. Tarn

    これを言い換える方法は?

  2. Udayle

    SPSB

  3. Noel

    とても面白いフレーズ

  4. Jokin

    なんて文…すごい

  5. Finnian

    申し訳ありませんが、間違いを犯していると思います。午後に私にメールしてください。



メッセージを書く