面白い

サンタクララ大学

サンタクララ大学


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

カリフォルニアで最も古い高等教育機関であるサンタクララ大学は、カリフォルニアのシリコンバレーの中心、サンタクララ市にあり、州内で唯一、スペインのミッションの後継者となった大学です。芸術、科学、ビジネス、エンジニアリングの厳格な学部カリキュラムと、認定プログラムを提供しています。1851年にイエス協会によって「サンタクララカレッジ」として設立されたこの大学は、ミッションサンタクララの敷地内に設立されました。デアシスは、元の21のカリフォルニアミッションの8番目です。元々は予備校として始まり、1853年から大学ランクのコースを提供し始めました。大学は最初の60年間でゆっくりと着実な成長を遂げ、1912年に大学になりました。工学と法律の学校が追加されたとき。1925年に、高校は大学から分離し、1928年にベラルミン大学準備の名前を取りました。110年間、サンタクララはすべて男性の学校でしたが、1961年に、女性は学部生として受け入れられ、サンタクララはカリフォルニアで最初の男女共学のカトリック大学になりました。教員と学生の規模が大きくなるにつれて、大学の成長は大学になりました。学校史上最大の建築プログラムであり、8つの寮、学生自治会、運動場を建設しました。将来の世代のために大学の特徴を維持し、大学の質を確保するために、理事会は学部生の人数を制限しました。 1970年代初頭。 1985年、大学は正式名称として「サンタクララ大学」を採用しました。現在、サンタクララ大学の104エーカーのキャンパスには、10の寮、2つの図書館、大規模な運動施設を含む50以上の建物があります。サンタクララ大学には3つの区別の中心–イグナチアのイエズス会教育センター。科学技術社会センター; SCUの大学院プログラムには、法律、ビジネス、工学、カウンセリング心理学、教育、牧師省の学位が含まれています。提供されるサービスは、一般的なキャリアサービス、専門法およびMBAキャリアサービス、およびCowell Health Centerによる便利なキャンパス内ヘルスケアです。サンタクララ大学は、Western Association of Schools and Colleges、Accrediting Commission for Senior Colleges andUniversitiesによって地域的に認定されています。


一言で言えばサンタクララ大学の歴史

それは1851年でした。元の49erのゴールドフィーバーはピークに達し、1850年、イエズス会が1777年に設立されたミッションサンタクララデアシスの敷地内にサンタクララカレッジ(現在のサンタクララ大学)を設立したとき、カリフォルニアはちょうど州になりました。カリフォルニアの21のフランシスコ会ミッションの8番目として。

イタリアの宣教師ジョン・ノビリとマイケル・アコルティのリーダーシップの下で設立されたこの大学は、ミッションとして始まった唯一のカリフォルニア大学です。さらに、カリフォルニアで最も古い高等教育機関としても知られています。

当初、大学は準備コースを提供し、1853年に大学レベルのコースを追加しました。南北戦争後、入学者数は増加し、1875年に277人に達しました。1912年に大学から大学(サンタクララ大学)に移行しました。学校はサンノゼの男の子のためのベラルミン大学準備になりました。

その後、大学が設立されてから1世紀以上経った1961年に、女性は学部生として認められ、カリフォルニアで最初の男女共学のカトリック大学になりました。サンタクララ大学(SCU)は、1985年にその名前として採用されました。

1852年に設立されたサンタクララの町は、1862年に国の憲章都市になりました。非公式に「ミッションシティ」として知られるこの町は、イエズス会が運営する小さな大学の周りで育ち、今日でも、イエズス会のローマカトリックのルーツを守り、学問的な卓越性が道徳的な卓越性を達成するために不可欠であると信じています。

今日

イエズス会が所有しなくなったサンタクララ大学は、素人とイエズス会で構成される理事会によって統治されています。約50人のイエズス会が管理を教えたり奉仕したりしています。彼らの給料はイエズス会のコミュニティに支払われ、それは学生の経済的援助に一部貢献しています。

SCUは、少人数のクラスを維持し、約900人のフルタイムおよびパートタイムの教員と学生の間の緊密な相互作用を維持するために、登録を低く抑えています。 2012〜2013年度の学部生は、ほぼ同じように男性と女性で5,000人を超え、大学院生は3,000人を超えました。

サンタクララの東側のダウンタウンにあるキャンパスは、106エーカーの50以上の建物で構成されています。 1822年に復元された日干しレンガのロッジと日干しの壁はすべて元のミッションの建物のままです。

国民の認識

サンタクララ大学は、ミッションシティのサンタクララと同様に、引き続き差別化を図っています。


学者コモンズ

サンタクララ大学の使命に従って、サンタクララの歴史学部は、学生と教職員が過去を研究し理解するために活発な調査を行う学者のコミュニティになるよう努めています。これは、他の人が過去について書いたことの解釈と、歴史的知識の境界を拡大する独自の学問の両方の産物です。歴史は現在が過去について語っているものであるため、継続的に再解釈されています。したがって、歴史の構築の調査は、部門内の学習と学問の基礎にあります。

教育、学習、および奨学金への統合されたアプローチを通じて、学生はグローバルな文脈で自分自身や他の文化について知らされ、広く反省的で分析的なスキルを開発し、社会に奉仕する市民と関わりを持つ準備をします。

さらに、歴史学部は、特に大学コアと大学住宅学習コミュニティへのサービスを通じて、教養学部と大学の目標を推進するよう努めています。


コンテンツ

メンズスポーツ 女子スポーツ
野球 バスケットボール
バスケットボール ビーチバレー
クロスカントリー クロスカントリー
ゴルフ ゴルフ
ボート漕ぎ ボート漕ぎ
サッカー サッカー
テニス ソフトボール
陸上競技† テニス
水球 陸上競技†
バレーボール
水球
†–陸上競技には屋内と屋外の両方が含まれます

野球編集

サンタクララ大学ブロンコス野球チームは、NCAAディビジョンIの学校を代表する大学間野球チームです。サンタクララ野球は、ブロンコスがチャーターメンバーであったウェストコーストカンファレンスに出場します。ブロンコスは、2005年にオープンしたスティーブンショットスタジアムのキャンパスでホームゲームをプレイしています。ブロンコスは、3シーズン目のヘッドコーチであるラスティフィルターが率いています。

1883年にプレーを開始したサンタクララは、現在、代表チームの野球の第134シーズンにあり、卓越した野球の長い歴史を楽しんできました。サンタクララは11のカンファレンスペナントで優勝し、1962年のカレッジワールドシリーズで準優勝したことを含め、12のNCAAトーナメントに出場しました。個別に、34人のブロンコスがオールアメリカンと名付けられ、158人のプレーヤーがMLBドラフトでドラフトされ、48人のプレーヤーがメジャーリーグに参加しました。

男子バスケットボール編集

男子バスケットボールは1904年に最初のシーズンを迎えました。それ以来、男子バスケットボールチームは歴史的にウェストコーストカンファレンス内の強力なプログラムでした。このプログラムは、1942年シーズンに登場する最初のボブフィーリックを含む13人の全米人を生み出しました。このプログラムは、NBAのスターであるスティーブナッシュとカートランビス、そして大学のスターであるケンシアーズとボブフィーリックを生み出しました。チームは11の異なるシーズンでNCAAトーナメントに参加し、1952年のファイナルフォーに到達しました。将来のNBAMVPであるスティーブナッシュが率いる1992- 1993年のサンタクララチームは、NCAAトーナメントで#2シードを破った6つの#15シードの1つでした。

2007年2月12日、男子バスケットボールチームはゴンザガの50試合のホーム連勝を記録しました。当時、それはNCAAで最も長く続いているホーム連勝でした。

ブロンコスは、3つの異なる会議で今年のコーチを務めるハーブセンデクのヘッドコーチが率いています。彼は4シーズン目を迎えています。

女子バスケットボール編集

女子バスケットボールは1963年に最初のシーズンを迎えました。それ以来、女子バスケットボールチームは歴史的にウェストコーストカンファレンス内で強力なプログラムとなっています。女子バスケットボールチームは1991年にWNITで優勝しました。2012 – 13年のサンタクララブロンコス女子バスケットボールチームも注目に値するチームでした。ヘッドコーチのJRペインは、2014年シーズンにサンタクララブロンコと契約を結びました。ブロンコスは2014年から15年のシーズン中に10から20の記録で終わり、11月23日にスタンフォード大学を23から9で破ったという傑出した記録を発表しました(61から58)。 [2]コーチJRPayneは、2015-16シーズンの終わりにコロラド大学でヘッドコーチのポジションを受け入れました。 [3] 2016年4月、ブロンコスは現在4シーズン目のヘッドコーチであるビルカーを採用しました。 [4]

男子サッカー編集

男子サッカーチームは、2006年以来、プロ選手を育成するためのNCAAの上位8つのプログラムの1つである米国のエリートチームの1つです。男子サッカーチームは、カレッジカップのチャンピオンシップマッチに3回到達しています。 1989年、バージニア大学と対戦し、試合が1対1で終了した後、両チームは共同チャンピオンとして宣言されました。 1991年、彼らは再びバージニアに直面し、レギュレーション後に再び引き分けになりました。今回は0-0でしたが、PK戦で負けました。 1999年、彼らはインディアナ大学に0–1で敗れました。男子サッカーチームは、サンタクララで19シーズン目を迎えるキャメロンラスト監督が率いています。

女子サッカー編集

女子サッカーチームは、NCAAの全国エリートプログラムの1つであり、全国のトップ10チームに常にランクインし、トップ10に20年連続でランクインしています。このプログラムは、ノースカロライナ大学を破り、2001年のNCAA女子サッカー選手権で全国タイトルを獲得しました。 1–0、そして2020年のNCAAチャンピオンシップでも、ペナルティでフロリダ州を4–1で破りました。チームは映画の中で何度か言及されました ベッカムに恋して.

チームは、国内のトッププロリーグである女子プロサッカーとナショナルウーマンズサッカーリーグで40人以上の選手をプレーしています。チームの最も有名な選手は、1989年と1990年にブロンコスを2回NCAAファイナルフォーに出場させたブランディチャスティンです。彼女は後に、1996年に金メダルを獲得したアメリカンオリンピックチームと、1991年に優勝したアメリカンワールドカップチームに所属します。 1999年。彼女の夫であるジェリー・スミスは、サンタクララ女子チームのコーチであり、現在、35シーズン目を迎えています。他の注目すべき選手には、オリンピックのアリーワグナー、2015年と2019年の女子ワールドカップチャンピオンのジュリーアーツが含まれます。

サッカー編集

サンタクララ大学は、1896年から1992年まで大学間フットボールチームを編成しました。ブロンコスは、メモリアルスタジアムでカルベアーズをプレーした最初のチームでした。サンタクララのサッカー全盛期には、サンフランシスコのケザースタジアムに最大60,000人の観客が集まり、ホームゲームをしました。ブロンコスは全国規模で有利に競争し、1937年と1938年のシュガーボウル(両方ともルイジアナ州に対して)と1950年のオレンジボウルをポール「ベア」ブライアントのケンタッキーワイルドキャッツに対して21–13で勝ち取りました。

コストの増加、公立大学への入学者数の増加、プロフットボールの出現と戦って、サンタクララは1952年にフットボールをやめました。チームは1959年に復活しました。フットボールが再び中止されるまで、大学部門(後の部門II)レベルで有利に競争しました。 1992年、すべてのスポーツを各大学で同じレベルでプレーすることを義務付けた新しいNCAA規則のため。サンタクララは、ディビジョンIIのサッカーチームを除くすべてのディビジョンIのチームに出場し、ディビジョンI-AAレベルのチームには出場しないことを選択しました。

ブロンコサッカーの復帰の噂は止まっていませんが、サッカーが将来学校に復帰する兆候はありません。フットボールプログラムの復活を支持する人々は、主要な大学フットボールが小さな大学を取り巻く巨大なメディアの話題を生み出すだろうと主張している。


サンタクララ大学

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

サンタクララ大学、米国カリフォルニア州サンタクララにある私立の男女共学の高等教育機関で、ローマカトリック教会のイエズス会に所属しています。さまざまな学部プログラムのほか、法律、ビジネス、工学、教育、カウンセリング心理学、牧師省の大学院および専門職学位を提供しています。最大の学部である教養学部は、17の学部を通じて30以上の専攻を管理しています。施設には、ハイテク法研究所と競争製造研究所が含まれます。総登録者数は約8,000人です。

サンタクララ大学は、カリフォルニアで最も古い高等教育機関です。学校は、1777年にフランシスカンによって設立されたサンタクララデアシスミッションの敷地内に設立されました。スペイン風の建物がキャンパスの建築を支配しています。 1822年に建てられ、1981年に復元されたアドビロッジは、キャンパス内で最も古い建物です。ミッションのプロパティは1836年に世俗化され、世紀半ばまでにカリフォルニアへの移住が増加し、学校を設立するきっかけとなりました。イエズス会の司祭たちは1851年にサンタクララカレッジを設立し、1855年にチャーターされ、1857年に最初の学士号を取得しました。1912年にサンタクララは大学に昇格しました。ミッション教会は1926年に火事で破壊され、別の教会は1928年に建てられました。女性は1961年に最初に入院しました。著名な卒業生には、元カリフォルニア州知事のエドマンドG.ブラウンジュニアと政治家のレオンパネッタが含まれます。

この記事は、CorrectionsManagerのAmyTikkanenによって最近改訂および更新されました。


歴史

1985 – Unity 1
6つの少数派学生組織(APSU、CSA、Barkada、Igwebuike-Black Student Union、Ka Mana’o O Hawai’i、Mecha / El Frente)がUNITYの名前で集まり、多文化センター(MCC)を設立しました。これは、クラブがダン地下室の事務所から退去を命じられ、ベンソンのキュービクルに申し込むように言われたときに引き起こされました。これらのスペースは十分な大きさではありませんでした。 6つの組織がMCCの21ページの提案を作成し、MCCは1985年から1986年の学年度に初めてグラハム地下室に門戸を開きました。

1991 – Unity 2
マイノリティの学生に対する人種的緊張は、Igwebuikeが主催するオープンフォーラムを引き起こしました。大学関係者は人種差別主義者の学生に追放を勧めたが、フォーラムは問題の解決策とは見なされなかったため、罰に反対する感情をもたらした。むしろ、MCCの学生は、教員、スタッフ、有色の学生の採用/維持が不十分であるという点で、大学内の欠点を指摘しました。 1991年11月、連帯を象徴する緑色の腕章を身に着けて、250人の学生が集まった。 MCCの学生は、より中央に位置する適切な施設の必要性を強調する提案を提示しました。大学は、MCCの学生リーダーおよびロカテリ神父との非公開の会議を開催し、ハラスメント防止に取り組み、警察を尊重しました。この提案により、ベンソンメモリアルセンターにMCCWestが設立されました。

1999 – Unity 3
大学のリストラにより、マイノリティの学生のための主要なサポートシステムが削除されました。 1999年6月2日、250人の学生が、連帯を象徴する黄色の腕章と黒いシャツを着て集結しました。彼らは3つの要求を表明してキャンパスを行進しました:1)大学はMCCにShapell施設への完全かつ排他的なアクセスを許可する必要があります2)大学は財政的および組織的支援を備えた大学学部として民族研究プログラムを合法化する必要があります。 3)アカデミック・アドバイジング・アンド・ラーニング・リソース・センターと多文化学習センターの両方に、大学は、特に民族、障害者、ゲイ、レズビアン、国際的な対象集団のニーズに厳密に専念する学生リソースセンターが以前に保持していたすべての機能と役職を含める必要があります学生、女性、そして宗教的少数派。学生たちは、非公開の会議が合意に達するまで、昼夜を問わず集会を開きました。

  1. MCCは、2000年冬(Shapell)までに、グラーマンの地下室から同等の宿泊施設に移されました。
  2. プロヴォストは、1999年6月までに戦略計画を完成させるためのエスニックスタディーズファカルティの取り組みを支援することを約束します。多文化教育担当副プロヴォストは、エスニックスタディーズファカルティと緊密に連携して、他の学部との共同ファカルティアポイントメントを開発します。プログラムは、基準を満たし、そのために必要な手順に従っている場合、部門に発展する可能性があります。副学長は学生と協力して、教員の採用とカリキュラムの設計と開発への参加を保証します。
  3. ドラマンセンター、多文化学習センター、およびカウンセリングセンターが提供するサービスとプログラムは、対象となる人々のニーズを満たすために、以前は学生リソースセンターが提供していた機能を提供します。

2004 – See MeTシャツ
カリフォルニア州の提案では、雇用主は誰かを雇うときに人種に基づいて誰かを判断することはできないと述べています。これに応えて、MCCは、人の文化を無視するのではなく、見るべきだと述べました。 「seeme」がプリントされた黒いTシャツは、色覚異常の概念を拒否するためのものでした。色盲の社会では、社会的調和の誤った感覚を支持して違いが犠牲になり、誰もが他の人と区別されません。人々は違いを認め、それでも平等に基づいて世界に住むことができるべきです。シャツの裏側にある黄色、赤、緑、ベージュ、茶色の笑顔から白の無表情な空白の顔まで、さまざまな顔がこのコンセプトを説明するためのものでした。空白の顔は、色盲の社会で具現化された性格と個性の欠如を表しています。笑顔の色付きの顔は、偏見や人種差別のない人の背景を認めることを象徴しています。私たちの多様な背景に注意することなく、あなたは私が私である理由について何も本当に知りません。したがって、私を参照してください。

2004 – Dogears See MeTシャツのコメント
シーミーTシャツに応えて。シャツに関する質問と物議を醸す質問が投稿されたので、「SCUはMCCのためにより多くのスペースを作るべきですか?」ボード上の多くの投稿は恐ろしいものでした。 MCCの必要性が疑問視され、MCCの意識向上の動機が批判された。ある投稿は、「白人ではない人々は、マーティン・ルーサー・キングの時代から得たこれらの力を訴えて、白人を社会的に悪い立場に置いている。彼らはそれを楽しんでいます。」

2005 –キャンパスバイアスインシデントレポートの人種差別
偏見や憎悪に動機付けられた事件への大学の対応に関する学生の懸念に応えて、2006年春、学生生活局のLisa Milloraは、学生とスタッフのグループを招集して、そのような事件の報告を改善する方法を特定するよう求められました。アファーマティブアクション、関連学生、キャンパスの安全性、多文化学習センター、レジデンスライフ、学生生活の学生とスタッフの代表者が参加した最初の会議として、グループは偏見と憎しみに関連するキャンパスの気候を改善するためのイニシアチブを推奨しましたやる気のある事件。改善されたレポートプロトコルの作成とからのWebベースのレポートは、概説された目標を達成するための最初のステップでした。

2007 –テーマパーティー
2007年1月29日キャンパス外の誕生日パーティーでラテン系のステレオタイプを描いた学生アスリートを含むサンタクララ大学の学生。 「国境の南」党の写真は、多文化センターのメンバーによって発見され、MCCのディレクターであるバーニスアグアスに渡されました。写真はFacebookに投稿されました。パーティーの写真によると、パーティーの生徒の中には、女子バレーボールチームの少なくとも5人のメンバー、男子バスケットボールチームの少なくとも1人のメンバー、男子ゴルフチームの少なくとも1人のメンバーがいました。パーティーの主催者であり、アスリートでもあったのは、メキシコ人の半分でした。 MEChAとLaCommunidad Latinaはどちらもこの問題に対処するために特別会議を開催し、MCCはロカテリ神父の大学の州へのサイレントマーチを組織しました。少なくとも250人の学生、教職員、および多くの民族の管理者が支援に集まり、「団結には力があります」と書かれたバナーの後ろでキャンパスを歩きました。サポーターは、反人種差別を表すオレンジ色の腕章とオレンジ色のリボンを身に着けていました。 「それは特定の政党でも特定の人物でもありませんが、否定的な固定観念を強化するテーマ政党を持つという問題全体に取り組んでいます」とアグアスは言いました。

2007-2008 SCU内でアクティブなバイアスインシデントレポート。

2015&#8211 Unity 4

主にYik-Yakなどのソーシャルメディアプラットフォームで発生したキャンパスでの人種差別的な事件に対応して、熱心な学生のグループが集まり、SCUであらゆる種類の多様性を高め維持することを目的とした提案を作成しました。 SCUのアカデミックカリキュラムの変更、すべての学生に必要な多様性関連のプログラミング、およびより人種的に多様な教員と学生団体の要求を含む提案は、4つの主要なカテゴリに分けられました。これらのカテゴリには、学者、学生と居住生活、透明性、採用とオリエンテーションが含まれます。キャンパスでの人種差別は多面的な問題であり、さまざまな角度から取り組む必要があるため、Unity IVの要求は、キャンパスでの人種問題の深さと幅をカバーすることを目的としています。 2015年の春の四半期に、これらの要求は学長とキャンパスの数人のスタッフに提示されました。それらは現在、必要に応じて再加工され、実装されている過程にあります。


最初に記録された住民には、コヨーテクリークとカラベラスクリークに住むオローニ族が含まれていましたが、サンタクララバレーは間違いなく以前のインディアンの住民と移住を知っていましたが、現在は歴史と先史時代に失われています。考古学的発見により、紀元前8000年には早くもこの地域にオーロンの集落があります。人類学者によると、約4000年前のある時期に、祖先のオーロンは、サクラメント-サンジョアキン川デルタ地域の文化的に相互に関連する人々とともに、社会的ランク付けと制度的宗教のシステムを開発しました。サンフランシスコベイエリア内では、社会的に著名な人々が「シェルマウンド」として知られるようになった場所に埋葬されました。 [1]

この地域でのヨーロッパの存在は、スペインの探検家フアンロドリゲスカブリロから始まりました。スペインの到着は、カリフォルニアへのロシアの探検がメキシコシティのスペインの副王に警告を発したときに始まりました。ロシア人はアラスカに定住し、スペインの豊かな鉱山からすぐの距離にある交易所を求めて西海岸を探索していました。彼らは1812年から1841年まで北カリフォルニアのフォートロスに存在していました。ニュースペインのビジタージェネラルであるホセデガルベスは、スペインの王冠のためにニュースペインの領土を拡大したいと考えていました。彼はスペイン人をアルタカリフォルニア(現在のカリフォルニア)に送りました。スペイン人は、ネイティブのオローニ族と出会い、コステニョス、または海岸の人々の名前を彼らに与えました。ホセフランシスコオルテガは、1769年にガスパルデポルトラ大尉に代わってこの地域を偵察したときに、サンタクララに「ラノデロスロブレス」(「オークスの平原」)という名前を付けました。 [1]

フニペロセラ神父も現在のカリフォルニアにやって来て、フランシスコ会の一連の使節団を設立しました。イタリアのアッシジの聖クレアにちなんで名付けられたミッションサンタクララデアシスを奉献したとき、セラ神父がサンタクララバレーにその永続的な名前を付けたのは1777年でした。 「クレア」または「クララ」という名前は、「クリア」または「明るい」を意味します。確立された21のミッションのうち8番目のミッション、ミッションサンタクララデアシスは、現在のパロアルトのサンフランシスキートクリークからギルロイのラガスクリークまでの土地を主張しました。 [1]

サンノゼはカリフォルニアで最初の町でした。 1777年11月29日、スペインのメキシコ副王からの命令により、9人の兵士、5人の兵士 pobladores (入植者)とその家族、そして1人のカウボーイが、聖ヨセフにちなんで名付けられたプエブロデサンホセデグアダルーペを見つけるために詳細に説明されました。既存のスペインのカトリックミッションはこれに満足していませんでしたが、それを止めることはできませんでした。 1825年までに、ミッションサンタクララはモントレーとサンフランシスコからの旅行者に休息を提供しました。メキシコは1821年にスペインの王冠を破りましたが、サンノゼがメキシコの支配を認めたのは1825年5月10日でした。メキシコ政府はすぐに「世俗化」として知られるプロセスで教会の土地を売却し始めました。もともとは教会の土地を先住民に返還することを目的としていましたが、この慣行はすぐに教会の土地を最高入札者に売却することを伴いました。 1839年までに、300人のインディアンだけがミッションサンタクララに残りました。しかし、紳士を所有する田舎の土地であるカリフォルニオスの時代は、カリフォルニアでは短命でした。アメリカ人移民がカリフォルニアに到着し始め、続いて米墨戦争が起こった。 [1]

1846年5月13日、米国はメキシコとの戦争を宣言しました。 19人の兵士を率いるトーマス・ファロン大尉は1846年7月14日にサンノゼに入り、市庁舎に米国旗を掲げました。サンノゼは、スペインのカリフォルニア人、メキ​​シコ人、ペルー人、チリ人、インド人の小さな町で構成されていました。米墨戦争の完了後、1848年に、カリフォルニアは西部のほとんどの州とともに、最初は領土として、後に1850年9月9日に州として米国に追加されました。政権交代により、カリフォルニアゴールドラッシュはサンタクララの政治情勢を変えました。突然、移民の群れがカリフォルニアに到着し、急いで運命をたどろうとしました。ゴールドラッシュはサンノゼを変えました。サンノゼはカリフォルニアに到着する多くの鉱山労働者の供給都市になりました。非常に多くのアメリカ人が谷に到着したことに警戒した多くの住民は、ミッションサンタクララに逃げました。カリフォルニアのカトリック司教はその場所に興味を持ち、1851年までにイエズス会は古いミッションの再建された場所に新しい州で最初の大学であるサンタクララ大学を設立しました。 [1]

サンノゼはカリフォルニア州の最初の首都となり、1849年12月15日に最初のカリフォルニア州議会が召集されました。サンタクララ郡は、州の時代に形成されたカリフォルニアの最初の郡の1つでした。ゴールドラッシュの後、他の町がサンタクララ郡に出現し始めました。 1852年、サンタクララは正式に選出された受託者のいる町になりました。マウンテンビューの街は、店主のジェイコブ・シャムウェイが谷を東に見渡して、彼が立っていた場所を詩的に「マウンテンビュー」と名付けたときにその名前が付けられたと報告されています。 1855年9月、元々はマッカーシーズビルと名付けられたが、後にサラトガと名付けられた小さな町が、サンノゼの西12マイル(19 km)のサンタクルス山脈のふもとに誕生しました。サラトガはワインとスパで有名になり、1882年までに郵便局を所有し、スティーブンスクリークの元のスペイン語の名前であるアロヨデサンホセクパチーノにちなんで名付けられたクパチーノは馬の繁殖で有名になりました。ロスガトスは、もともとメキシコカリフォルニアの英国副領事であるジェームズアレクサンダーフォーブスが所有していた土地から形成されました。フォーブスが破産したとき、多くの先駆的な製材業者がロスガトスクリークのほとりに降りてきて、町の核を確立しました。郡南部のギルロイは、1769年にサンフランシスコをスペインに主張した男の孫娘であるマリアクララと結婚したスコットランド人入植者ジョンギルロイにちなんで名付けられました。[1]

1849年にマーティンマーフィージュニアは6人を支配した[ どれの? ]サンタクララ最大の牧場の。マーフィーの死後、不動産開発業者のW. E.クロスマンは200エーカー(0.81 km 2)の果樹園の土地を購入し、最終的に1901年にサニーベールになりました。パロアルトの元の町は1888年にラファエルソトが所有する土地からレイアウトされました。カリフォルニア上院議員リーランドスタンフォードがパロアルトにリーランドスタンフォードジュニア大学を設立したのは1890年代にここでした。鉄道はすぐにパロアルトと大学の設立に続きました。南太平洋の幹部であるポール・シャウプは、タウンシップに適した場所を見つけ、アルトスランドカンパニーを組織しました。 1908年までに、鉄道は運行を開始し、ロスアルトスはバイヤーでいっぱいになりました。 [1]

経済成長編集

サンタクララ郡は鉄道によって世界とつながっており、サンタクララバレーでの農業の成功は、鉄道が可能にした遠方の市場へのアクセスによって促進されました。これは、自噴井戸水が谷全体の下にあるという発見と相まって、農業ビジネスで突然の富が見つかる条件を作り出しました。サンタクララ郡は間もなく、世界市場向けにニンジン、アーモンド、トマト、プルーン、アプリコット、プラム、クルミ、サクランボ、ナシを生産していました。 With the establishment of seed farms in the last half of the 1870s, a new aspect of the agricultural business began. The Ferry-Morse Seed Company, founded by Charles Copeland Morse, became the world's largest flower and vegetable seed producer. [1] [2]

Santa Clara Valley was also experimenting with other sources of income. Oil wells once dotted the valley, and from 1866 until the discovery of other sources in 1880, the county produced nearly all of California's oil. [ 疑わしい–話し合う ] Lumber also played a part in the county's economy the town of Santa Clara saw the Pacific Manufacturing Company producing such items as Cyclone windmills and coffins. This company eventually became the largest manufacturer of wood products on the West Coast. Several wineries, such as the Picchetti Brothers Winery and the Paul Masson Mountain Winery were operating, and the area southwest of Cupertino was a winemaking region for years. Santa Clara County, with its farms, orchards and ranches remained largely rural and agricultural until after World War II. [3]

By 1939 San Jose, with a population of 57,651, was the largest canning and dried-fruit packing center in the world, with 18 canneries, 13 dried-fruit packing houses, and 12 fresh-fruit and vegetable shipping firms. San Jose also served as a distribution point for the prune and apricot industry. Already, however, new technologies were developing—San Jose was one of the first California cities to create industries for making all the mechanical equipment for specialized farming. [3]

With the establishment of Stanford University, the changes were beginning which would create Silicon Valley. Palo Alto became, in the early twentieth century, a testing ground for radio equipment, and later the locale for development of continuous-wave transmission powered by arc converters, largely the work of Cyril Frank Elwell. Elwell employed a radio research team that included Lee De Forest, who had invented a three-element vacuum tube in New York. In 1912 this team discovered that the tube could be rigged as an amplifier, which was a major breakthrough for long distance telephone and radio use. Later radar, television and computer systems would benefit from this discovery. By 1912 San Jose was receiving the first regularly scheduled radio broadcasts. Palo Alto was a technical beacon. It was here that the Federal Telegraph Company, created by Elwell, created ocean-spanning networks, which supplied US Naval communications during World War I. [3]

Already in the 1930s the US military saw the strategic advantages of Santa Clara Valley. Admiral William A. Moffett, appointed by President Warren G. Harding on July 25, 1924, as the first Chief of the Naval Bureau of Aeronautics, believed a naval aviation presence on the West Coast necessary for the nation's security. In the 1920s Moffett was fascinated with the lighter than air technology of the dirigibles. Northern California politicians, realizing the opportunities to be created, seized the initiative from San Diego, California, and money was found to purchase the 1,750 acres (7.1 km 2 ) of what would become Moffett Federal Airfield. Two Naval Air Stations were commissioned in the early 1930s to port the two US dirigibles. Hangar #1, built in 1932 and designed to house the USS マコン, remains one of the two largest structures in the United States without internal support. The military presence in the Bay Area in Northern California increased during World War II. On August 9, 1945, the same day the press recorded the second atomic bomb, dropped on Nagasaki, Japan, the San Jose Mercury Herald ran a front-page article under the headline Building Code Aims Listed which stated: "At least 60 percent of the county's wartime influx of people is expected to remain after hostilities cease, giving the county an estimated 210,000 population." [3]

The growth of post World War II suburban development in the valley caused the disappearance of the orchards. Sunnyvale, which in 1939 was described as "a quiet ranchers' trade center," with a population of 3,094, grew to a suburb with a population of over 107,229 by 1990, with a population rise of 10% in one decade (1980–1990). Santa Clara County was, by 2000, home to 1,682,585 and still growing. Santa Clara (1939 population 6,303), Mountain View (1939 population 3,308) and other Santa Clara County cities also grew to many times their 1939 population size. However, vestiges of the old orchards remained, throughout the county, and as late as 1970 San Jose was still classified as partly rural by the United States Census, although the city had a population of 443,950. By 1990 San Jose's population reached 782,248 people, according to the census, and was the 11th most populated city in the nation, surpassing San Francisco in population. [3]

Santa Clara County's growing suburbs can be tied to nationwide trends. The advent of the automobile and larger freeways and highways helped in the creation of suburbs. By the 1920s a cultural reaction against Victorian architecture and the creation of the affordable bungalow also helped this trend, as the middle class could afford homes outside the cities. Already in the 1920s, suburban areas were growing at a faster rate than central cities and after World War II, the suburban population exploded nationwide. During the 1940s, core cities grew by an average of 14 percent while the suburbs grew by 36 percent. Returning World War II veterans, getting married and settling down produced a baby boom unprecedented in American history. Already by 1960 more metropolitan residents lived in the suburbs than in the central city, and by 1990 the majority of all Americans lived in suburban areas. With the shift from an agricultural county to a large suburban one, Santa Clara County was following national trends. Its next move, with the creation of Silicon Valley, would lead national trends in creating the computer revolution, which would sweep the nation and the world. [3]

There are numerous reasons why Silicon Valley came into being. The early collaboration between Stanford professors and nearby industry aided the process. The increasing military presence, which began just before World War II, also contributed to this hi-tech corridor. Certainly America's defense spending during the Cold War Era, when research and development strove to keep abreast of the Soviet Union, helped. In response to Stanford University's financial problems around the mid-century, Professor Fred Terman of Stanford University's Department of Electrical Engineering leased parts of the university to high tech companies for 99 years, a move that is generally considered the start of the computer revolution in Santa Clara County. [3]

In 1953, William Shockley left Bell Labs in a disagreement over the handling of the invention of the transistor. After returning to California Institute of Technology for a short while, in 1956 Shockley moved to Mountain View, California, and created Shockley Semiconductor Laboratory. Unlike many other researchers who used germanium as the semiconductor material, Shockley believed that silicon was the better material for making transistors. Shockley intended to replace the current transistor with a new three-element design (today known as the Shockley diode), but the design was considerably more difficult to build than the "simple" transistor. In 1957, Shockley decided to end research on the silicon transistor. As a result, the "traitorous eight" engineers left the company to form Fairchild Semiconductor. Two of the original employees of Fairchild Semiconductor, Robert Noyce and Gordon Moore, would go on to found Intel. [4] In 1971, Intel created the first microprocessor, the Intel 4004. The next step in the Silicon Valley revolution occurred in March 1975, when the Homebrew Computer Club in Menlo Park was created by students with an interest in technology and a desire to experiment with building home computers. Steve Wozniak, a founding member, built a home computer from a cheap microprocessor, and showed it to his fellow club members, who included his friend Steve Jobs. Together, in Steve Job's garage in Cupertino, Wozniak and Jobs formed Apple Computer. By 1976 Apple's first personal computer, the Apple I, was being sold. [3]

Even after the collapse of the dot-com bubble in the early 2000s, "about 4,000 IT-related companies located along Highway 101 from San Francisco to San Jose generate approximately $200 billion in IT-related revenue annually" reported Gregory R. Gromov, in The Roads and Crossroads of Internet History。 Other technical advances also occurred in the field of biotechnology, a new industry, springing from discoveries of gene splicing and gene cloning at the Bay Area universities. The local four-year colleges and two-year community colleges met the demands for supplying high technology companies with engineers. San Jose State University leads the field in supplying these industries with more engineering graduates than all other colleges combined. [3]

Overall, Santa Clara County's scientific/commercial renaissance has, with justification, been compared to the earlier European Renaissance. The creation of lasers, nuclear magnetic resonance, random access computer storage, disk drives, integrated circuits, personal computers, open-heart surgery, inkjet printers, gene-splicing and other advances in such a short span of time has placed Santa Clara County firmly in history as a unique location whose creative energies have changed the world.

  1. ^ NSNSNSNSefNSh"Early History". Santa Clara County: California's Historic Silicon Valley。国立公園局。 Retrieved 2008-01-18 .
  2. ^
  3. "Charles Copeland Morse House". California's Historic Silicon Valley。国立公園局。 Retrieved 2007-03-09 .
  4. ^ NSNSNSNSefNSh
  5. "Economic History". Santa Clara County: California's Historic Silicon Valley。国立公園局。 Retrieved 2008-01-18 .
  6. ^Goodheart July 2, 2006

This article incorporates public domain material from websites or documents of the National Park Service.


Edward M. Dowd Art and Art History

The Edward M. Dowd Art and Art History building is a three-story building on Franklin Street across from Alumni Science. This 45,000 square foot facility includes modern studios for students and faculty, technology-rich classrooms, student workspaces and meeting areas. The building features a rotunda on the third floor with an outdoor terrace area. A spacious gallery on the first floor showcases student, faculty, and visiting artists' work. The landscaping includes an outdoor sculpture garden at the corner of Alviso and Franklin Streets.

Project Data

  • School - College of Arts and Science
  • Program - Art and Art History
  • Gross Square Footage - 45,000
  • Completion - June 2016
  • Architect - Form 4
  • Contractor - Devcon Construction Inc.
Construction Photo Slideshow

Weekly photos from several angles on the project are being compiled into a construction slideshow.


Notable other sports

Former football program

Santa Clara University fielded an intercollegiate football team from 1896 to 1992, competing against traditional arch-rivals the University of San Francisco and St. Mary's College, as well as maintaining what were then much more fierce rivalries with Stanford University and the University of California. The Broncos were the first team to play the Cal Bears in Memorial Stadium. In Santa Clara's football heyday, they drew crowds of up to 60,000 to Kezar Stadium in San Francisco, where they played home games. The Broncos competed favorably on a national scale, winning the 1937 and 1938 Sugar Bowls (both against Louisiana State) and the 1950 Orange Bowl against Paul "Bear" Bryant's Kentucky Wildcats, 21-13.

Combatting increased costs, rising enrollments at public universities and the advent of professional football, Santa Clara dropped football in 1952, never to return to national prominence. The team was reinstated in 1959 and competed favorably at the college division (later Division II) level until football was once again discontinued in 1992, due to new NCAA regulations which mandated all sports be played at the same level at each university. Santa Clara had fielded all Division I teams with the exception of the Division II football team, and elected not to field a team at the Division I-AA level.

There is no indication football will return to the school in the future, although rumors of the return of Bronco football have not been put to rest. Advocates for the reinstatement of the football program argue that major collegiate football will generate enormous media buzz surrounding the small university.

ラグビー

In 2008, the Santa Clara men's rugby club made it to national playoffs which were held that year in Orem, Utah. They ousted a powerful Western Washington club before falling to eventual division champion Utah Valley State. The Santa Clara University Touring Side (SCUTS) have built upon that success and followed with a strong 2009 campaign. &#912&#93

In 2011, the Santa Clara Women's rugby team competed in the USA Rugby Women's College Sevens National Championships.

Other club sports

In 2008, the Santa Clara Paintball Team made it to the final rounds of the NCPA competition in Florida.

The Santa Clara Women's Lacrosse team has made it to nationals multiple years and ended up placing 3rd in the 2011 season.


ビデオを見る: サンタクララ大学の概要 (六月 2022).


コメント:

  1. Shannon

    私はあなたの許しを頼みます、これは私には合いません。他にバリエーションはありますか?

  2. Digami

    私はあなたに言わなければなりません。

  3. Leverton

    はい、確かに。それも私と一緒でした。このテーマでコミュニケーションをとることができます。ここまたはPMで。

  4. Pontus

    そして、私も本当に好きでした...

  5. Balmaran

    私が確認する。上記のすべてに同意します。このテーマでコミュニケーションをとることができます。

  6. Arashigore

    悪いものから悪いものへ。

  7. Oluwatosin

    助けてもらえますか?

  8. Nezahualcoyotl

    あなたは正しくないと思います。説明してください。 PMで私に書いてください。



メッセージを書く