面白い

ビンナカ宮殿は発見されるのを待っていますか?

ビンナカ宮殿は発見されるのを待っていますか?

かつてビルマとして知られていたミャンマーは、その信じられないほどの歴史と伝統のために外国人旅行者にますます人気が高まっている東南アジアの国です。かつて重要だったビンナカの都市国家は、国の歴史と発展に重要な役割を果たし、現在は遺跡となっています。遺跡は、東南アジアのインド化された王国の起源と独特の古代文化への魅力的な洞察を提供します。

ビンナカの歴史:仏教と戦争

ドキュメンタリーの記録で証明されているように、ビンナカの都市国家は、2年にピューの人々によって設立されました NS ビルマで最初の文化を発展させた西暦1世紀。彼らは、現在の中国南部からこの地域に入ったチベット・ビルマ語を話す人々でした。もともと貿易のおかげで都市に成長した村であったピューは、地域の支配をめぐって互いに争う一連の都市国家を設立しました。これらは、東南アジアで最初にインドの宗教と文化の影響を受けた州の1つであり、商人によって広められた可能性が最も高いです。

ビンナカはこの地域の大国であり、ピュー族の故郷であるタガウンの陥落を担当した君主によって統治されていたようです。考古学的な証拠に基づいて、都市はしばらくの間インド化されました。アーティファクトは、仏教へのゆっくりとした改宗を明らかにしています。仏教は、今日でもビルマで支配的な宗教です。菩薩とナガの崇拝であるアリ仏教は、早い段階で続いていましたが、中世後期には上座部仏教に引き継がれました。

南詔トゥジュアン巻物の抜粋、9 NS または10 NS 世紀

現在中国南東部にある南詔王国からの襲撃により、ビンナカは他のピュー市の州とともに衰退し始めました。 9で NS 西暦世紀、バルメンの人々はこの地域に入り、異教の帝国を形成し、ビルマの直接の祖先と見なされています。彼らは徐々に多くの都市国家を征服し、かつてビンナカを占領しました。それはそのピューの特徴を失い、ビンナカは他の都市国家と同様に、その独特のアルファベットを含むビルマ文化の発展に重要な役割を果たしました。

考古学的記録によると、この場所は19年まで占領されていました。 NS 世紀とこの地域は、ユネスコの世界遺産としての潜在的な認証の候補リストに入れられました。

ミャンマー、バガンの寺院。 (( CC BY 2.0 )

ビンナカの珍しいピュー遺跡

ビンナカは、チャウセ平原の200ヘクタールに広がり、かつては数千人が住んでいました。多くの点で、そのデザインとレイアウトはMaingmawのものと非常に似ているため、他のPyu都市の計画に従います。建物の間取りも他のピュータウンと同じです。

街はかつて、外側の円形の囲いと正方形の内壁に囲まれていました。デザインは星座と太陽のシンボルを表しています。元のレンガの壁のほとんどは、輪郭を除いてほとんど失われていましたが、溝または堀に囲まれていました。

寺院の遺跡は、敷地の中心部だけでなく、周囲の家屋や仏教僧院の遺跡も飾っています。かつては市内に宮殿があったと考えられていますが、まだ発掘されていません。インドのアンドラ様式で建てられた塔の遺跡が見られ、城壁内の土地が農業に使用された可能性があります。

  • 千年以上の影響力:ピュー文明と古代都市国家
  • インドの古代遺跡はミゾラムの文明を失った可能性があります
  • 失われた宝物:ダンマゼーディーの偉大な黄金の鐘の探求

装飾的なピュー文字の例( 失われた足跡 )

何十年にもわたる怠慢のために、遺跡の遺跡は十分に修復されておらず、これらの多くはピュー時代のものではなく、異教時代のものである可能性があります。後の王国が古い建造物の多くを再建したようです。

ビンナカ都市国家遺跡を訪ねる

ビンナカはミャンマー中部にあり、簡単にアクセスできません。サイトを訪問するには、主要な都心からタクシーを雇う必要があるかもしれません。これらは比較的安価です。森林地帯にある遺跡への入場には料金がかかります。悲しいことに、遺跡はひどく風化しています。


国歌 (中編)

国歌 は、ロシア系アメリカ人の作家アインランドによるディストピアフィクションの中編小説で、1937年に書かれ、1938年にイギリスで最初に出版されました。物語は、人類が別の暗黒時代に入った不特定の未来の日に起こります。現在、技術の進歩は慎重に計画されており、個性の概念は排除されています。秘密の科学的研究を行うことにより、平等7-2521として知られる若者が反逆します。彼の活動が発見されると、彼は愛する少女と一緒に荒野に逃げ込みます。彼らは一緒に、再発見された個人主義に基づいた新しい社会を確立することを計画しています。

ランドはもともと物語を劇として考え、その後雑誌の出版のために書くことにしました。彼女のエージェントの提案で、彼女はそれを本の出版社に提出しました。中編小説はイギリスのカッセルによって最初に出版されました。それは、ランドの次の小説の後にのみ米国で出版されました。 噴水頭、ベストセラーになりました。ランドは、1946年に発行された米国版のテキストを改訂しました。


エジプト、アレクサンドリアでやるべき15のこと

1.アレクサンドリアコーニッシュを散歩する

この巨大な都市であなたのベアリングを手に入れましょう&#8211そして500万人をはるかに超える人口を抱える巨大な都市はおそらく控えめな表現です! &#8211アレクサンドリアコーニッシュに沿って散歩します。

この長い遊歩道は地中海に面しており、街を知るのに最適な方法です。伝説の街アレクサンドリアを不思議に見つめる前に、数え切れないほどの帝国建設者や観光客がいる水を見渡すことができます。

長い散歩の後は、地元の海辺のカフェやバーに飛び込んでくつろぎ、雰囲気を楽しんでから、街そのものを探索してください。

2.アレクサンドリアスークで買い物

エジプトのアレクサンドリアでやるべきことの1つは、スーク地区に真っ向から飛び込むことです。スーク地区では、迷路のような店や露店の中ですぐに迷子になります。

これは何千年もの間そうであったようにアレクサンドリアであり、地中海中から、そして最近では世界中からトレーダーや訪問者を魅了するにぎやかな市場の場所です。

お店で一生懸命交渉すれば、掘り出し物を手に入れることができます。同様に、店主の魅力は、空の財布をすぐに残すことができます!

3.スタンレー橋を渡る

スタンレー橋はアレクサンドリアで最も象徴的な光景の1つであり、この並外れたエンジニアリングの幅広い仕事を歩くことは、街にいる間は絶対にやるべきことです。

長さ400メートルの橋には、巨大な塔とたくさんの展望エリアがあります。夜に最もよく見られますが、アレクサンドリアの半分が橋を渡って散歩に出てきたようで、忙しくなります。

4. BibliothecaAlexandrinaにアクセスします

エジプトのアレクサンドリアでやるべきことの1つは、伝説的なアレクサンドリア図書館を訪れることです。これは、古代世界の他のどこよりも多くの知識と本を持っていたと言われているアレクサンドリアの古代図書館の現代的な表現です。

しかし、ローマとの戦争中にジュリアスシーザーによって街が焼失したとき、古代の図書館は失われました。巻物や本は歴史に委ねられ、アレクサンドリアは恵みを失いましたが、学習の場としての街の評判は衰えることはありませんでした。

アレクサンドリア図書館は、古代の図書館に敬意を表する巨大な文化プロジェクトですが、それ自体が素晴らしい学習の場として機能しています。

2002年に開館したばかりですが、図書館にはすでに数十万冊の本が集まっており、敷地内の美術館では毎週何千人もの訪問者がドアを通り抜けています。

5.古物博物館をさまよう

アレクサンドリア図書館にあるこれらの博物館の1つは古物博物館であり、古代地中海世界における都市とその場所について学ぶのに最適な場所です。

博物館の焦点は、当時知られている世界のほとんどを支配する悪名高い征服者によって都市自体が最初に設立されたアレキサンダー大王の時代です。

展示されている工芸品や考古学的発見物の素晴らしい選択があり、それは簡単にアレクサンドリアエジプトで最高の美術館の1つであり、最高のことの1つです。

6.アレクサンドリア国立博物館を見る

街の歴史を探求しているときに訪れるべきもう1つの素晴らしい美術館は、素晴らしいアレクサンドリア国立博物館です。

博物館はアレクサンドリアの歴史的な邸宅にあり、訪問者にエジプトの広大な歴史についての詳細な洞察を提供します。

あなたは、アレクサンドリアが設立されたギリシャとローマの時代について学ぶ前に、その名を冠したエジプトのファラオから始め、その後、キリスト教とイスラムの時代を経て現代に移ります。それは歴史を巡る旋風の旅ですが、その一部となる魅力的な旅です。

私たちのトップ推奨ツアー:

7.ポンペイの柱を発見する

地中海では象徴的な地位の都市になりましたが、実際にはギリシャ人によって設立された元の古代都市の表面にはほとんど残っていません。

あなたが見ることができる1つの永続的な構造は、ポンペイの柱として知られている世界的に有名な柱です。

高さ26メートルのこの柱は、ローマ自体に匹敵する大きさで、世界最大の柱の1つでした。その名前にもかかわらず、この柱は実際にはポンペイとは何の関係もなく、彼の支配が終わってから数百年後の3世紀に建てられました。

私たちのトップ推奨ツアー:

8.クレオパトラの宮殿を訪ねる

アレクサンドリアのクレオパトラ宮殿の遺跡に勝るものはありません。これは非常に重要な遺跡であるだけでなく、遺跡が実際には水中にあるためです。

クレオパトラの宮殿ほど、アレクサンドリアを時代を超えて一掃した変化の規模を訪問者に示す場所は他にありません。彼女は街の悪名高い最後の女王であり、ローマ人の手によって彼女の死を迎えました。

彼女のかつての栄光の宮殿は、巨大な地震が海岸を襲った後、波の下に流される運命にありました。これは、エジプトの最後の女王の遺産の無視できる終わりです。

今日、あなたは魅力的な水中遺跡を探索するために港に向かうスキューバダイビングツアーに参加することができます。

9.アブアッバスアルムルシモスクに驚嘆する

アレクサンドリアのより近代的なイスラムの側面を見るには、象徴的なアブアッバスアルムルシモスクに足を運んでください。

モスク自体は主に18世紀にまでさかのぼり、尊敬されているスーフィーの人物の神聖な墓の上に建てられたため、まったく新しいものではありません。しかし、それはアレクサンドリアの古代遺跡よりもはるかに新しいです!

10.ケイトベイの城塞を見学する

カーイトベイの城塞は、エジプトのアレクサンドリアでやるべきもう1つの最高の場所であり、街のより最近の歴史をもう一度探索する機会を与えてくれます。

この例の最近は、アレクサンドリアの重要な港への入り口を守るためにスルタンカイトベイによって要塞が建設された15世紀です。

私たちのトップ推奨ツアー:

11.モンタザ宮殿の庭園を見る

モンタザ宮殿は、豪華な宮殿と絶妙な庭園を探索するのが美しいため、アレクサンドリアで行うのに最適なことの1つです。

この巨大な複合施設は19世紀後半にまでさかのぼり、その後20世紀までエジプトの統治者や大統領によって拡張され使用されました。

庭園はモンタザ宮殿の最も印象的な部分であり、色とりどりの植物のコレクションと砂浜も散歩できます。

私たちのトップ推奨ツアー:

12.見事なラスエルティン宮殿をご覧ください

アレクサンドリアで訪問するもう一つの絶妙な宮殿は、ラスエルティン宮殿です。この壮大な王宮は、地中海の海岸沿いにあり、街のスカイラインで最も象徴的なランドマークの1つです。

宮殿は1847年に建てられ、過去2世紀を通じて、エジプトの激動の政治イベントの最前線に立ってきました。

13. Komel-Shoqafaの地下墓地に地下に入る

エジプトのアレクサンドリアでやるべきことの1つは、コムエルショカファのカタコンベを訪れることです。

この地下埋葬室の迷宮はローマ時代にまでさかのぼり、紀元2世紀にギリシャ、ローマ、エジプトの文化が融合した素晴らしい例が含まれているという点で独特です。

古代のアレクサンドリアでの生活への詳細な洞察を提供する芸術的および宗教的な碑文と彫刻を備えた、素晴らしい豊富な墓と遺物があります。

14. Komel-Dikkaでの熟考の歴史

Kom el-Dikkaは、ローマ時代のもう1つの遺跡で、遺跡の上に住んでいた住民には何世紀にもわたって完全に知られていませんでした。

この地域は古代アレクサンドリアで最も裕福な場所の1つであることが判明したため、多くの発掘調査により、ローマの円形劇場や豪華な別荘などの歴史的な宝石が発掘されました。

今日、ここはユニークな場所であり、新しい開発と古代の遺跡が混在しており、探索するのを待っている遺産の層の数を本当に理解し始めることができる、おそらく街で最高の場所です。水面下で発見されました。

15.マモラビーチで日光浴をしましょう

ほとんどの旅行者はビーチを求めてアレクサンドリアを訪れません。この街はビーチでの休暇の目的地としての評判はほとんどありませんが、地中海の日当たりの良い海岸にいることを忘れないでください。

アレクサンドリアには、市内中心部に簡単にアクセスできる驚くべき数のビーチがあり、最も素晴らしく、最もきれいなビーチの1つがマモラビーチです。

ここでは、まだ驚くほど街自体から離れている、忙しい砂や小石が広がっています。アレクサンドリアからの素晴らしい脱出です。太陽の下で座って、波が岸に打ち寄せるのを見ることができます。


フォーシーズンズの新機能

私たちの成功の理由は秘密ではありません。それは黄金律です–私たちが他の人を私たちが望むように扱うべきであるという単純な考え。

イサドア・シャープ 創設者兼会長

  • シンコサルトス リオネグロでは多くの幽霊がいると報告されており、そのほとんどは魔術の結果であると報告されています。 2009年、1930年代に亡くなった8〜12歳の少女の無傷の死体が、墓地の納骨堂で発見されました。 [1]
  • アララットルナティックアサイラム、またはアラデールは、アララトで最大の放棄された精神病院です。 1867年にオープンしたアラデールは、1800年代にビクトリア州の多くの不治の精神病患者のために予約されていました。 140年間の操業中に推定13,000人がここで亡くなりました。 [2] [3]
  • ビーチワースルナティックアサイラム ビーチワースでは、ビクトリア州は、亡くなった患者の幽霊に悩まされていると伝えられています。 1867年から1995年までオープンし、以下を含むいくつかの本、テレビ番組、ドキュメンタリーに出演しています。 行為。超常現象。ゴーストツアーは毎晩実行されます。 [4] [5]
  • 夢の世界 クイーンズランド州クーメラにあるテーマパークです。テーマパークの敷地内にある1つの建物で、リアリティテレビシリーズがあります。 ビッグブラザーオーストラリア 2001年のショーの最初のシーズン以来、多くの制作スタッフが若い女の子の存在と、深夜と早朝に現れる子供の声と霧を目撃したと主張しています。 [6]
  • NS ホテルクラジョン キャンベラでは、1951年にそこで亡くなった元首相ベンチフリーの幽霊に悩まされていると言われています。いくつかの報告では、チフリーが旧国会議事堂に向かっていると言われています。 [7]
  • モンテクリストホームステッド ジュニーでは、ニューサウスウェールズは1800年代に7人が死亡した場所であり、報告されています[誰によって?]オーストラリアで最もお化け屋敷になること。さまざまな幽霊グループがそこで目撃したと報告しています。 [8]
  • ノースヘッド検疫所 マンリーでは、ニューサウスウェールズ州は1833年から1984年の間に天然痘やスペイン風邪を含む多くの病気の犠牲者を収容しました。それは500人以上の死者の場所でした。大きな墓地を含む敷地内では、数多くのゴーストツアーが行われています。 [9]
  • NS プリンセスシアターメルボルン 1886年に建物がオープンして以来、いくつかの幽霊が報告されています。劇場で最も有名な「住民」はフレデリック・ベイカーです。フレデリック・フェデリチは、1888年3月にメフィストフェレスの役を歌いながら亡くなった才能のあるバスバリトン歌手です。 ファウスト –そして、その後すぐにキャストの残りの人がお辞儀をしているのを見た人。何年もの間、劇場はフェデリチのドレスサークルの席を空けていました(経済的な理由で練習をやめただけです)、そして新しいショーのリハーサル中にドレスサークルに彼が現れたのは良い兆候と考えられています。 [10]
  • ダッカ空港道路:ニクンジョとビマン事務所の間の道路の一部は、夜に女性に悩まされ、事故を引き起こしたと信者によって報告されています。 [11]
  • バナニ墓地、ダッカゴルフハイツ、バナニ、ダッカ:泣いている赤ん坊に悩まされていると信者から主張され、見られているという気持ちが報告されています。 [12]
  • オールドDOHS、バナニ、ダッカの建設中のアパート:悪魔主義と関係があると言われています。レーン4と5は、墓の上に建てられたと言われています。 [13]
  • プルボナヤトラ踏切、ダッカ:行方不明の乳児を必死に探している女性に悩まされていると信者から報告されました。 [14]
  • ダッカのシャヒドゥラホール池:ダッカ大学キャンパスのシャヒドゥラホールに隣接する古い池は、池で溺死した人々に悩まされていると考えられています。 [15]
  • コミラの農家:コミラの巨大な農家は、夜に人々を襲う黒い影に悩まされていると報告されています。 [16]
  • チェイスボールト バルバドスのクライストチャーチ、オイスティンズにあるクライストチャーチ教区教会の墓地にある地下納骨所です。「神秘的な動く棺」の伝説が広まっていることで最もよく知られています。話によると、19世紀初頭に家族の埋葬のために厳重に封印された金庫室が開かれるたびに、すべての鉛の棺が位置を変えていました。物語の事実は未確認であり、懐疑論者はその物語を「歴史的に疑わしい」と呼んでいます。この物語は、1800年代にキリスト教会の学長であったトーマスH.オーダーソンが語った逸話に端を発し、その後、ジェームズエドワードアレクサンダーの1833年に繰り返されたようです。 大西洋横断スケッチ。[17][18][19][20][21][22][23]
  • NS ジョエルマビル サンパウロの(現在のプラサダバンデイラビル)は、1974年2月1日に発生した火災の犠牲者に悩まされているとされています。彼らが火事から逃げようとしていて、建物に出没しているとき、エレベーターの中で。 [24]
  • ズビコフ城:1597年まで、古代の塔、マルコマンニの人々を悩ませているZvíkovskýRarášek(Rarachはスラブの民間伝承で一般的な超自然的なもので、インプやトリックスターに似ています)についての話があります。この塔には未知のシンボルが刻まれた石があり、紀元前1世紀と紀元前2世紀のマルコマンニによるボヘミアの支配中に建てられました。それは数百年後にズビコフ城に統合されました。ここでは、奇妙な写真、技術的な問題、動物の予測できない行動、自然発生的な消火、電磁気の異常、幽霊の存在など、奇妙な出来事が頻繁に発生します。チェコのメディアでは、これは人気のある調査対象です。城の他のエリアにも幽霊が出ており、1年以内に死ぬと思われる人がいるため、メインタワーで眠るのは危険だと言われています。チェコ文化で一般的なもう1つのモンスターである火の猟犬も、城を取り巻く神話の一部です。これらのスペクトル犬(いくつかの説明では、彼らは燃えるような目で描かれています)は、ズビコフの下の隠されたトンネルを守っていると言われています。 [26] [27] [28] [29] [30]
  • バロンエンペインパレス:観光客は夜遅くに宮殿全体で声を聞いたと伝えられています。警備員と警察は、かつて宮殿の住人であった人々が真夜中に外の芝生をさまよっている幽霊のような出現を見たと報告しました。 [31]
  • ファラフラ砂漠:アケナテンの幽霊は、何十人もの観光客や遊牧民によって報告された、エジプトのファラフラ砂漠(白砂漠としても知られています)をさまようと言われています。伝説によると、これはアケナテンがファラオになったときにエジプトの神々を廃止し、エジプトの宗教的信者や司祭を怒らせたためです。彼の死後、司祭たちは彼を呪い、罰として永遠に砂漠をさまようようにしたと信じられています。 [32]
  • ギザのピラミッド:ハワード・カーターの幽霊であると噂されている、20世紀初頭の服を着た男性が訪問者に見られました。さまざまな従業員や観光客が、エジプトのファラオがピラミッドから王家の谷に向かって浮かんでいるのを見たと報告しています。 [31]
  • 王家の谷:目撃者は、王家の谷でエジプトのファラオが金色の首輪と頭飾りを身に着け、黒い幻の馬と一緒に燃えるような戦車に乗っている姿を見たと報告しています。 [31]
  • アレクサンダーシアター ヘルシンキでは、将校の幽霊に悩まされていると伝えられています。アレクサンダーシアターを建てるためのタイルがオーランドから移されたので、幽霊はヘルシンキに移動しました。警官がクリミア戦争で亡くなり、それ以来ずっとそこにいると示唆する人もいます。 [33]
  • フィンランド国立劇場 ヘルシンキでは、少なくとも3人の幽霊に悩まされていると報告されています-不明 グレイレディー 俳優のアールネ・レッパネンとウルホ・ソメルサルミの幽霊。 [33]
  • ハイハラマナー タンペレでは ブルーメイド、マナーの元メイド。 [34]
  • ヌメラのサナトリウム、ロイッカ村の廃病院は、建物の窓が不思議な光を放ち、屋根の端に飛び降りて自殺する女性など、超常現象の噂が語られています。幼い頃に亡くなった少女の精神に悩まされているのではないかという噂もある。 [35] [36]
  • オメナイネン、かつては埋葬地としてあった、中央群島海のナグ(現在のパルガス)の自治体にある無人島で、教会が祝福された土地に埋葬することを拒否したリマティラとナグの教区民の死者(殺人者や他の罪人として)、かつて島に連れて行かれました。民間伝承では、島は呪われていると見なされ、幽霊の話が語られます。 [37] [38] [39] [40]
  • Svenska Klubben (スウェーデンクラブ)ヘルシンキのクルヌンハカにある家は、 グレイマダム。彼女は彼女の運転手と関係を持っていた家の元女性であると噂されています。彼女はシャンデリアを振ったり、ピアノを弾いたり、家の中を歩き回ったりすることで知られています。 [41]
  • ヴィラクライネ、現在オランダ大使館が使用しているヘルシンキの歴史的な別荘は、伝えられるところによると 白い貴婦人. [42]
  • ベルリン:国会議事堂は、有名なドイツの政治家の多くの幽霊に悩まされていると報告されています。 [31]
  • ハイデルベルク: NS ヘクセン塔 (魔女の塔)とナチスの円形劇場は、どちらもさまざまな幽霊に悩まされていると言われています。 [31]
  • フランケンシュタイン城:フランケンシュタイン城(ドイツ語: フランケンシュタイン城)は、ダルムシュタットの街を見下ろすオーデンヴァルトの本物の丘の上の城であり、メアリーシェリーがモンスター小説を書いたときにインスピレーションを得たと言われています フランケンシュタイン。 SyFyのテレビ番組 ゴーストハンターインターナショナル 城についてのエピソード全体を放映し、「重大な超常的な活動」があったことを証言しました。 [43]
  • リヒテンエック城:真夜中、廃墟の入り口の前に白いドレスを着た女性の幽霊が立っているのが見えるそうです。彼女は通常、苔で覆われた平らな岩の上に座ります。 [31]
  • シュロスノルドキルヒェン:城は1703年から1734年の間に建てられました。伝説によると、満月と特定の霧の夜に、スタリオンが敷地内を走っている豪華な馬車を見たという報告があります。 [31]
  • ヴォルフスエッグ、バイエルン, ヴォルフスエッグ城:この14世紀の城は、旅行者の聖域となるはずでした。この幽霊の民間伝承は、ウルリッヒ・フォン・ラーバーが妻のクララ・フォン・ヘルフェンシュタインを浮気していることを発見した後、2人の若い農民を雇って殺害した1500年代に始まりました。その後まもなく、ウルリッヒと彼の息子たちも突然亡くなりました。城の近くの洞窟エリアから奇妙な音が聞こえるという報告があります。洞窟へのいくつかの遠征で、多数の動物の骨格が発見され、地元の人々は、獲物を隠していたハンターから騒音が聞こえたと判断しました。洞窟の騒音は解決されたかもしれませんが、これはまだ落ち着きなく城を一周している「白人女性」の出没の場合ではありませんでした。 [31]
  • ヴュルツブルク:おそらく、プレモンストラテンサー修道院のホールを歩いている死んだ尼僧の幽霊がいます。幽霊は、ハーブをみんなの食べ物に混ぜて魅了したと非難されたマリア・レナータ・フォン・モサウの幽霊であると言われています。尼僧は、法廷での判決からわずか3日後に処刑された。彼女は最初に斬首され、次に火傷を負い、灰が散らばった。今日まで、彼女が廊下を歩き、花びらを拾いながらバラの花束を持って、敷地を横切って小道を残したという報告があります。 [31]
  • ジャカルタ歴史博物館:この建物はジャカルタの旧市街にあります。 1710年に建てられ、オランダ領東インドの首都であるバタビアの市庁舎として使用されました。 1974年に博物館として開館しました。その幽霊の民話は、植民地政府の下で犯された暴力と関係があります。 [45]
  • ジェルクプルト墓地:地元の伝説によると、墓地は斬首された牧師に悩まされています。 [46]
  • ラワン・セウ -オランダ領東インド鉄道会社の管理本部として機能したオランダ製の建物。第二次世界大戦中、日本人がインドネシアに侵攻し、彼らの軍隊がそれを引き継いだとき。激しい拷問と処刑についての話は、その周りの幽霊の伝承の源です。ラワン・セウという名前は「千の扉の建設」を意味します。[47] [48]
  • チャールズフォート:「キンセールの白い貴婦人」として知られる17世紀の花嫁に悩まされています。 [49]
  • チャールビル城:この城には、チャールビルの3番目の伯爵の娘ハリエットが住んでいます。彼女は1861年4月に8歳でこの建物の大階段から落ちた後、命を落としました。[50]
  • ダケッツグローブ:邸宅はダケット家が300年間所有しており、バンシーゴーストに悩まされていると言われています。 2011年3月17日、SyFyショー 目的地の真実 廃墟の謎を解き明かすために、シーズンフィナーレの4時間のライブ調査を特集しました。 [51]
  • キルメイナム刑務所:このかつての刑務所には、刑務所の礼拝堂でしばしばオンとオフを切り替える超常的な光の活動、人々を押しのける目に見えない力、幻影の足音、霊に見守られている感覚、説明のつかない前髪と肉体のない声があります。 [52]
  • キニティキャッスル:このゴシック様式の城は、かつてドルイド僧と吟遊詩人が住んでいた区画にあります。それは長く乱れた歴史を目撃しており、伝えられるところによると多くの幽霊の故郷であり、その中で最も人気のあるのはキニティーの怪人です。 [53]
  • マラハイド城:この城には、ガルトリム男爵の息子であるガルトリム卿、ウォルターハッセイ卿が住んでいます。 15世紀の結婚式の日に戦闘で殺された彼の幻影は、夜に城を歩き回り、彼の側にある槍の傷を指差しながら、痛みでうめき声を上げました。 Lady Matilda "Maud" Plunkettもあります。彼女の精神は、主席判事との結婚の日に彼女がしたように、労働者とゲストに現れます。モードは廊下を通って彼の精神を追いかけました。第三の精神は、反乱を扇動したためにヘンリー8世によって城に拘束されたジェラルド・フィッツジェラルドの娘、レディ・エレノアと恋に落ちた道化師のパックです。 12月のある雪の夜、パックはまだ道化師のスーツと帽子をかぶったまま、心臓を刺されているのが見つかりました。彼の死の前に、彼は人々からの花嫁を持つマスターがこの城を支配するまで彼がここに出没することを誓った。しかし、彼はここで眠った男性のタルボットを傷つけないことを約束しました。多くの訪問者が、ここで撮影されたいくつかの写真で道化師の顔を見たと報告しています。白い貴婦人はここで4番目の亡霊です。白い貴婦人は、城の万里の長城に掛かっている非常に美しいが未知の女性の絵です。彼女は時々絵を残し、夜は敷地内をさまよっていると言われています。 5番目で最後の精神はマイルズコーベットです。彼はオリバー・クロムウェルからこの城とその周辺の財産を与えられました。王政復古の間、マイルズは彼の犯罪の代金を払わされ、絞首刑にされた。彼の出現は鎧を着た兵士全体として現れ、その後突然バラバラになったと報告されています。 [54]
  • モンペリエヒル:スチュワードハウス、またはキラキーハウスは、1765年頃にコノリー家によって狩猟用のロッジとして建てられました。その家は幽霊が出るという評判があります。物語は、特に大きな幽霊のような黒い猫について語っています。文書化された最良のアカウントは、1968年から1970年の間に発生しました。 イブニングヘラルドイブニングプレス 新聞には、マーガレット・オブライエン夫人と、家をアートセンターに改造していた元ガルダ監督のニコラス夫人に関する多くの報道が掲載されていました。改宗中、現場で雇われていた商人たちは幽霊を訴え始めました。ある夜、オブライエンスの友人であるアーティストのトム・マカシーと2人の労働者が、スペクトル図と赤く光る黒い猫に直面しました。マカシーはその後数年間家にぶら下がっている猫の肖像画を描いた。地元の人々はこの報告に懐疑的でしたが、さらに多くの出現が報告されました。特に、インドの紳士と、モンペリエヒルの黒ミサに参加した祝福されたマーガレットと聖マリアと呼ばれる2人の修道女の出現です。無形の鳴る鐘とポルターガイスト活動の報告もありました。 1970年、RTÉのテレビクルーが家に関するドキュメンタリーを録画しました。ドキュメンタリーでは、シーラ・セントクレアと呼ばれる千里眼が自動書記を通じて家の精霊とコミュニケーションを取りました。 1971年、家で働いていた配管工が、地獄の火クラブのメンバーによって犠牲にされたとされる小さな人物の骨格、おそらく子供またはおそらく矮星の体の骨格を持つ墓を発見しました。この家は1990年代にレストランとして運営されていましたが、2001年に閉店し、現在は個人の住居となっています。 [55] [56] [57]
  • リープキャッスル:この城には多くの人が投獄され処刑されており、霊に取り憑かれていると思われます。 [58]
  • ロス城:ゲストはしばしば夜に目を覚まし、身体のない声やドアが自分で叩いたり閉めたりするのを聞きます。ここを歩き回る幻影の精霊は、リチャード・ニュージェントの娘、サビーナです。彼女の恋人、オーウィンは溺死した。ここを歩き回る2番目の幻影の精神は、オーウィンの父、マイルズ「ザスラッシャー」オライリーです。このアイルランドの兵士は、1644年の戦いで死ぬ前に、ここで最後の夜を過ごしました。[59]
  • 聖ミチャン教会:この教会は、金庫室に埋葬されたミイラからの肉体のないささやき声に悩まされています。 [60]
  • シェルボーンホテル:このホテルは、かつてホテルがあった場所にあった家並みに住んでいた、18世紀の7歳の少女メアリーマスターズに悩まされていると考えられています。彼女は1791年にコレラのために亡くなりました。彼女の出現はホールを歩き回っています。 [61]
  • コロッセオ:別名 フラビアン円形劇場、いくつかの目撃者と研究者の証言によると、幽霊が出ると報告されました。 Visitors have described observing ghostly figures wandering the staircases. There have been reports of hearing the cheers and screams from a crowd while no sign of people in the particular section. The vaults were, reportedly, active by the spirits of gladiators waiting to fight, actors waiting to perform, and prisoners becoming prepared for execution. Several accounts of cold touches or pushes have been felt by both tourists and employees. Sounds of animals have also been heard within the vaults. [62]
  • Poveglia: This island, near Venice, was once a sanctuary to refugees during the Ottomanconflicts, and a hospice for sick patients throughout the centuries. It was detailed, from witnesses, haunted by many victims of the plague. In 1922, the island became home to a mental hospital, where a doctor, reportedly, experimented on patients with crude lobotomies. He later threw himself from the hospital tower after claiming he had been driven mad by the spirits of the island. The island has been featured on the paranormal shows Ghost AdventuresScariest Places on Earth. [63][64]
  • Hotel Burchianti: It was a popular destination for celebrities during the 20th century. Guests have reported sounds of children skipping down the halls. In the Fresco room, guests claimed they felt icy breaths down their spines. [65]

Several locations in Japan are reputedly haunted, including the Himeji castle, Aokigahara on the side of Mount Fuji, and Sunshine 60 within Tokyo. [66]

  • Agnes Keith House: A house built on the site of a former house for British colonial officials. Reportedly haunted with a female apparition based on the experience by the house's former owners, the ghost is theorized to be the spirit of a known American author named Agnes Newton Keith. The house turned into a museum in 2004. [68][69]
  • Bukit Tunku: Previously known as Kenny Hills, Bukit Tunku is a leafy area with British colonial houses. There's a report of a phantom motorcycle and a ghost of a woman standing in the middle of the road. Local taxi drivers usually refuse to pick up women and children at night. [70][71][72]
  • Genting Highlands: Some apartments like Amber Court and Ria Apartment are reportedly haunted as well as First World Hotel, which 6,118 of its rooms are reportedly haunted due to gambling related suicides. [71][72]
  • Highland Towers: After a tragedy that killed 48 residents, the remaining towers were reportedly haunted as claimed by the nearest residents who live not far from there. [71][72][73]
  • Kellie's Castle: A Moorish revival castle located in Batu Gajah was built by Scottish businessman William Kellie-Smith as a gift for his wife. The building remained unfinished as Kellie died of pneumonia in 1926 before the completion of the castle. It was believed the castle was haunted by alleged Indian workers who died during the construction of the castle, the castle become one of popular spot among local and international ghost hunters. [74]
  • Kinarut Mansion: A former German manor house in the Graeco-Roman style. Local population living near the area of the mansion ruins claims the place is haunted with "Hantu Tinggi", a type of Malay ghost in the form of a tall tree who is usually disguised as a normal tree in the heavily forested area. [75] Other passerby claimed to have seen a fast moving apparition and hearing the eerie voice of pontianak, a Malay female ghost at night which were also supported by media crews who covering information about the mansion when they felt "something" was following them through their walk in the area. [75]
  • Kuala Lumpur International Airport: The main international airport of Malaysia stands on former oil palm fields. Nighttime employees often see sightings and hear mysterious sounds. There are also reports of possession of airline staff and airport securities. [76]
  • Masjid Kampung Tedong: A new masjid in Kampung Tedong, Melaka, built in May 2016. CCTV cameras captured two wooden boards that moved themselves as if a poltergeist was manipulating them. [77]
  • Mimaland: Located in Gombak, Selangor, Mimaland used to be the largest theme park in Malaysia until it closed in 1994 due to a giant water slide incident that killed a Singaporean tourist. Locals often reported paranormal activities around the former site of the theme park. [78][79]
  • Shih Chung Branch School: The building that was once school in George Town, Penang was built during the British colonial period in 1880 and later closed its door in 1994. The school was once a private residence belonged to Hokkien businessman Cheah Tek Soon until it was later converted into hotels and finally a school building. During the Japanese era, the building was used as administrative building of Japanese empire and it also rumored that many locals were tortured and executed within the school building. It was believed that the ghost of executed locals still haunt the abandoned building as well as ghost of Japanese soldiers patrolling the building. Some ghost hunters reported that they have experienced psychological effects with some illness symptons when entering the old building [80]
  • Tambun Inn: Located in Ipoh, it is one of the top tourist destinations in Malaysia, and is reported to be haunted by many ghostly apparitions. Some of these accounts mention lights turning on and off, sounds of whispers and eerie cries, as well as a report of the ghost of an old woman spotted within the vicinity of the inn. [72][81]
  • A yacht once belonging to Errol Flynn, the USS Zaca, is berthed here and is supposed to be haunted. Witnesses have reported seeing Errol Flynn's ghost pacing aboard. Others have described the sounds of voices and laughter as if a wild party were happening on board. [82]
  • Binnenveld mansion is a rijksmonument located in Huissen, in the province of Gelderland. The mansion is better known as the 'haunted house of Huissen'. This building stood in the front area during the Battle of Arnhem (a major battle of World War II). According to locals, this house would be haunted. [84][85]
  • Larnach Castle, on Otago Peninsula, is said to be haunted by at least one, and possibly two ghosts: that of Kate, daughter of the mansion's original owner, William Larnach and that of Larnach's first wife, Eliza. [86][87][88]
  • NS Vulcan Hotel, in Saint Bathans, Otago is reputedly haunted by the ghost of a nineteenth century prostitute, "The Rose". [89][90]
  • Lier Sykehus: An old insane asylum situated in Drammen, Norway, where people claim to have seen ghosts, shadows and apparitions. [91]
  • Bahla: A town located in Oman. In neighboring Gulf countries and Oman itself, there are rumors of Bahla being home to jinns, which are same as genies in English. [92]
  • NS Koh-i-Chiltan peak: This mountain in Balochistan is described, according to a local myth and the legend associated with it, as being haunted by the ". spirits of forty babies." [93]
  • NS Mohatta Palace in Karachi: Said to be haunted by ghosts of the British Raj era. Museum guides have reportedly seen various objects which have moved from their original place, or shifted about while guards have claimed to have "felt" the presence of certain spirits during the night. [94][95]
  • NS Noorani Mountains peak:This mountain in Balochistan is described,
  • Coiba: The largest island in the Central American region. It used to be a prison for prisoners in the era of the dictator Manuel Noriega was a very scary place at night. Until a former stronger boxer, Roberto Durán said that he is not alone in the night. [96]
  • An unfinished house at Kosocicka St. in Kraków. [97] According to the story known by locals, the house was located on a former cemetery ground. Construction started in the 1970s as an investment made by two brothers, but stopped after one of them killed the other in the house. After that the property was bought by another owner, who, for unknown reasons, committed suicide in the house at night, at the 3rd floor. Locals claims that ghosts appear in the house. [98]
  • Abandoned hospital in Olesno[99]
  • Haunted house in Jeleń (part of Jaworzno city). Several families left this place, complaining of noises in the night and items thrown about by a poltergeist. The current owner offers adventure seekers an opportunity to stay in the house overnight (however, only groups of at least two people are accepted). [100]
  • NS Beau-Séjour Palace, in Lisbon, is said to be haunted by the Baron of Glória, who lived in the palace during the 19th century. Employees working at the palace report moving and disappearing objects and windows opening and closing abruptly. Visitors to the gardens also report hearing the ringing of non-existent bells. [101]
  • NS Castelinho de São João do Estoril, in Estoril, is said to be haunted by the ghost of a little blind girl who accidentally fell to her death in a nearby cliff. [102]
  • NS Quinta da Juncosa, in Penafiel, is said to be haunted by the Baron of Lages and his family. Suspecting that his wife was unfaithful to him, the baron reportedly tied her to one of his horse's legs and dragged her across the floor, killing her. After finding that she was innocent, he proceeded to kill his children and commit suicide. Locals have reported seeing the ghost of the baron several times over the years. [103]
  • Moscow Kremlin: Said to be haunted by the Soviet leaders Lenin and Stalin along with other historical figures. [104]
  • Bedok: A planning area in the southeastern coast of Singapore, which is famous for its paranormal activities. There are numerous reports of suicide or murder-suicide around the residential areas. The most famous paranormal activity in the area is the ghost of a woman and her 3-years-old child. She allegedly died by jumping from the HDB (government high-rise flat), after throwing her child. [105]
  • East Coast Park: One night a couple was strolling around the area at night. It was at this tower where a group of thugs attacked them, knocking the boyfriend unconscious and killing the girlfriend after violating her. After this particular incident, there have been people claiming to have seen a female figure near the tower while there have even been alleged screams of help resonating from the area. [106][107]
  • Old Changi Hospital: The vacated hospital compound was popular with movie-makers after the Singapore Land Authority commenced short term rental of the buildings and is often listed as one of Singapore's most haunted locations due to its history. A former British military hospital, its reputation as a haunted location likely stems from the Japanese occupation, when the Kempeitai used its premises as a prison camp and reportedly turned some of the rooms into a torture chamber. [108][109][110]
  • Pasir Ris Park: One of the white sand beaches of Singapore. It is a place where it has been reported that a haunted place is a hotspot where women commit suicide. Nowadays, it is very popular among the ghost hunters. [111]
  • Lim Chu KangChoa Chu Kang: A cemetery area that includes Chinese, Muslim, Hindu Cemetery. Reports say that a Lady in Black appears near a grave. Now it is being partly demolished to be used for Tengah Air Base.
  • Gonjiam Psychiatric Hospital: Famous for its very dark past among ghost hunters in Seoul. This abandoned hospital in Gwangju, Gyeonggi is claimed to be the most haunted place in Korea. The once psychiatric hospital is home to many rumors of ghosts. Over 2.6 million people watched a horror film dealing with poltergeist phenomena in Gonjiam. Gongiam hospital has since been demolished. [112]
  • Korean Folk Village: The most popular tourist attraction is located Yongin, Gyeonggi province has been reported to have witnessed Gwisin a vengeful ghost in the Korean folklore. [113]
  • Barranco de Badajoz (Tenerife) - According to witnesses, various spectral apparitions take place there. [114]
  • Casa Fuset また Casa de Franco (Tenerife) - In the property there are many cabalistic and satanic symbols painted on the walls. It is claimed that satanic rituals are performed in it, that shots are heard at night and psychophonies are obtained. [115]
  • Museum of the History of Tenerife - Located in the city of San Cristóbal de La Laguna, in it the ghost of Catalina Lercaro appears according to legend, who according to legend committed suicide by throwing herself into a well of her mansion when she was forced to marry a man who did not love. [116]
  • Palace of Linares in Madrid: Built between 1872 and 1890 for the Marquis of Linares José de Murga. According to legend this place is the most haunted in Spain. Supposedly, a little girl appears in the mansion, the Marquis fathered her with his sister and they murdered her in order to hide their incestuous relationship. [117][118]
  • Borgvattnets Prästgård: The rectory of the small village of Borgvattnet in Jämtland, northern Sweden, where there have been reports of hauntings since the early 1920s. On 2 December 1947, Bishop Torsten Bohlin revealed plans to "order a scientific investigation of the vicarage after several years of ghosts"。 The Church of Sweden confirmed ghosts and the village of Borgvattnet immediately became world famous. Today, the rectory is open to the public, and people can spend nights in the house for a small fee (which benefits the village). [119]
  • The house located in Junkerngasse no 54 in Bern is said to be haunted. The origin of this belief is unknown. According to a story, around 12 and 1 am, the windows open and a headless woman appears, laughing in a creepy way. One Story tells that a woman dressed in black appears walking along the rooms. [120]
  • Chiayi Min-Hsiung Haunted House: Located in Chiayi City, it was once the residence of the Liu family. It is probably one of the most recognized haunted house in Taiwan. [121]
  • Grand Hyatt Taipei: The hotel that is located in Xinyi District, Taipei was believed to be haunted. The site of the hotel was believed by the locals to be a former Japanese concentration camp and believed to be haunted by former prisoners. It was believed that two big talisman-like paintings in the lobby was displayed on purpose to calm the spirits [122][123]
  • Sanzhi UFO houses: The UFO houses were constructed beginning in 1978. [124] They were intended as a vacation resort in a part of the northern coast adjacent to Tamsui, and were marketed towards U.S. military officers coming from their East Asian postings. [125] However, the project was never completed in 1980 due to investment losses and several car accident deaths and suicides during construction, which is said to have been caused by the inauspicious act of bisecting the Chinese dragon sculpture located near the resort gates for widening the road to the buildings. Other stories indicated that the site was the former burial ground for Dutch soldiers. [126]
  • Al Jazirah Al Hamra: An abandoned fishing village near Ras al-Khaimah which is believed to be haunted by the presence of supernatural jinns. [127][128][129]

The United Kingdom is reputedly the most haunted landmass in the world, with England as the most haunted country, reporting the densest coverage of purported ghost sightings and paranormal experiences both per person, and by geographical area. [130] Scotland, Wales, and Northern Ireland are also rich in ghost lore (though far less densely populated), and there is not a single village, town or city which does not have reportings of ghosts and ghost belief going back multiple centuries. [130]


概要

It&rsquos astonishing Craigmillar Castle isn&rsquot more popular than it is, but it should get a boost of exposure due to its use as a filming location. Craigmillar Castle ticks all the boxes a good Scottish castle should- it was a royal residence, it has a dramatic history, is only partially ruined and is achingly beautiful.

Visiting Craigmillar Castle in Edinburgh is a fantastic budget-friendly activity that isn&rsquot yet overrun with tourists- I encourage you to visit!


Discover the Castles, Palaces and Monasteries of Switzerland

Any group trip to Switzerland can be enhanced by taking a step back in time. And what better way to time-travel than visiting the many castles, palaces and monasteries. They serve as an open book to this country’s rich heritage.

In Switzerland, there are dozens of captivating stories and treasures behind castle gates, palace doors and monastery walls, all waiting to be discovered and enjoyed. And because Switzerland is about the size of Vermont, it’s easy to reach these historic places by car, train, bus or boat.

Here is an overview of some of these Swiss gems:

CELEBRATED CASTLES

Exquisite Chillon Castle, the most visited historic building in Switzerland, rests on the banks of Lake Geneva near Montreux and sits at the foot of the majestic Bernese Alps. For nearly four centuries, Chillon was the residence and toll station of the counts of Savoy. Visitors can tour the dungeon, medieval kitchen, halls and sleeping rooms, and see collections of ancient furniture and pewter. Lord Byron made the castle famous in his poem The Prisoner of Chillon.

The 1020 Habsburg Castle, in the small town of Habsburg near the Aare River, is a medieval jewel. Hardly any other family has shaped European history as much as the Habsburgs. The remains of the front castle invite you to wander and climb, and the majestic castle behind hosts a permanent exhibition on the dynasty’s colorful past. The most scenic way to approach the castle is to walk on winding forest trails from the town of Brugg. The 11th-century Hallwyl Castle, one of the foremost “water castles” in Switzerland, is located at the northern end of Lake Hallwil on two islands near Seengen. The impressive complex, open to the public since 1925, was the family seat of the minor nobility of Hallwyl for 800 years. Members of this lineage made their mark on the battlefields of the old Swiss Confederacy, at the European courts, in science, politics, commerce and the world of finance.

Munot Castle is a large, circular 16th-century Renaissance fortification crowning a round hill in the center of Schaffhausen. Surrounded by vineyards, the fortress serves as a symbol of this city on the Upper Rhine. The earliest presence of a castle dates to 1379, but the Munot was built between 1564 and 1589. Fallow deer were introduced to the fortress moat in 1905 and can still be viewed grazing happily undisturbed on the grass below the stone walls. The castle’s night watchman is exceptionally skilled at leading tours.

Castelgrande, the oldest of a trio of castles in Bellinzona, was built on a site first fortified in the 4th century. Easily identified by its two stone towers, the medieval monument stands on a flat-topped hill near the town center. It features two restaurants and a courtyard that’s perfect for picnics. Montebello Castle was built in the 14th century, expanded in the 15th century and renovated in the early 1900s. The castle affords sweeping panoramas of the city and is home to the Civic Museum, which showcases archaeological artifacts from prehistoric burial sites in the region. The third castle, Sasso Corbaro, dates from 1479 and houses exhibition halls and an excellent restaurant. The Sforzas built the geometrical structure after the defeat of Milanese troops at the Battle of Giornico it was designed and completed in just six months.

Gruyères Castle, a 13th-century landmark ensconced atop the quaint town of the same name, offers grand vistas of Fribourg canton’s Alpine foothills. Treasures include stained-glass windows dating from the Middle Ages and capes belonging to Charles the Bold’s Knights of the Order of the Golden Fleece. Storytellers in medieval costume recount the legends of the castle and region on entertaining guided walks. There’s also a multimedia show. The castle pairs well with a visit to nearby La Maison du Gruyère AOP, a show dairy where Gruyère cheese is made.

IMPRESSIVE MONASTERIES

It’s said that in St. Gallen you will find history at every turn, especially in its Abbey District. The spirit of the early Benedictine monks is discernible when you enter the famous Abbey Library, the world’s oldest library, at the Abbey and Convent of St. Gall, also known for its Baroque cathedral. The convent, including the library and monastery archives, was added to the UNESCO World Heritage list in 1983.

Pilgrims have been visiting the extraordinary Monastery of Einsiedeln for more than 1,000 years. Founded by the Benedictine monk Meinrad in 835, the Baroque complex, a major station on the Way of St. James, lies amid a breathtaking landscape with a deep blue lake and jagged mountaintops. The black marble Mercy Chapel in the monastery church contains the precious 15th-century Black Madonna.

The internationally-renowned Convent of St. John in Mustair contains the largest collection of early medieval frescoes from around the 800 period. The UNESCO World Cultural Heritage Site owes its existence to Charlemagne, being one of the few architectural examples from the Carolingian period. At the museum in the Planta Tower, visitors can view some of the convent’s inner workings and an exhibition presenting 1,200 years of monastic and architectural history. At the convent’s guesthouse and chapel, visitors may join in church prayers and the Eucharist. The smaller Holy Cross Chapel features Europe’s oldest dated wooden beam ceiling. The area is bordered by the Swiss National Park.

Disentis Monastery, located southeast of Lucerne, is the spiritual and educational center of the Upper Rhine Valley and the oldest Benedictine abbey north of the Alps. Founded around 720, it has a museum with ecclesiastical art and exhibits on abbey history. Benedictine monks welcome visitors at their hourly prayers and at the celebration of the Eucharist.

What’s special about Rapperswil Monastery at Rapperswil-Jona is that guests can truly immerse themselves in the life of the monastery community. Guests are asked to participate in the religious services and meditations during their time there, and men and women of all denominations and religions are welcome. Guests are assigned an accompanying brother or sister, and the length of the stay is decided in advance, but always starts and ends on a Sunday. Rapperswil-Jona, located on the upper end of Lake Zurich, combines Riviera-type sights, cultural life, hiking and sports possibilities with a Mediterranean holiday atmosphere.

STATELY PALACES

Chateau de Prangins, built in the 18th century with classic architecture by Louis Guiguer, a Swiss banker living in Paris, has hosted illustrious guests from Voltaire to Joseph Bonaparte. Overlooking Lake Geneva, the elegant building is home to one part of the Swiss National Museum. The chateau features a romantic French-style park and the largest historical vegetable and fruit garden in Switzerland. The permanent exhibition “Noblesse Oblige! Life at a Chateau in the Eighteenth Century” is set in the former reception rooms, which comprise the salon, dining rooms and libraries.

L’Isle Palace is Versailles in miniature, a harmoniously designed palace in the French Neo-classical style. Located in the canton of Vaud in the Lake Geneva region, it was built in 1696 for Charles de Chandieu, an officer in the French Army. Purchased by the town in 1877 and now used as a school, it is not open to the public (except for banquets) and can only be admired from the outside.

Pretty Chateau de Villa, situated in the middle of rolling vineyards in Sierre, awaits your visit for a fine meal and delectable wines. Raclette is a specialty of the house restaurant. The wine list features some 650 wines from more than 110 wineries in the canton of Valais.

Feed the ducks on the shores of Lake Thun or rest on a bench at Schadau Park Castle, built in the Romantic and Neo-Gothic styles between 1846 and 1854. Or you can take a walk along park paths through the woods and across inviting meadows. Catch great views of the Eiger, Mönch and Jungfrau peaks and then have brunch, lunch, tea or dinner in the castle restaurant and stay the night in one of the luxurious rooms.

In Brig-Glis, Stockalper Palace, built by Kaspar Stockalper in the 1600s, is an extension of his ancestors’ mansion. The massive palace is the largest Baroque secular building in Switzerland and was nicknamed the “houses and the chapel of the Three Kings” by Stockalper, who was one of the most significant figures in the history of the canton of Valais. Stockalper was a statesman, politician, builder and jack-of-all-trades who amassed an impressive fortune. On the ground level, a museum features exhibitions on the history of the Simplon Pass and is the starting point for tours.


30 Hidden Gems in London – Secret Spots You Have to Discover

London is a city that pays dividends &ndash if you take the time to invest in it that is. There are so many hidden gems in London that if I&rsquom frank, if you&rsquore not taking the time to explore the city, you are not doing it justice.

As a tourist, it can be too easy to go through a checklist of the main attractions and think you&rsquove &ldquoseen&rdquo London. Hell, even if you&rsquore a local, you know that it is all too easy to get stuck in a rut doing the same old things.

I&rsquom not throwing shade. Believe me, I am not (well, I kind of am but in the friendliest, loveliest way).

As a born and bred Londoner, I&rsquove gone through my fair share of &ldquoOMFG I love London&rdquo and &ldquough, I&rsquom so bored &ndash all I wanna do is sit at home and drink tea&rdquo phases with this weird and wonderful city I call home.

Been there, done that

Make no bones about it though, if you&rsquore not discovering secret places in London, you&rsquore only hearing half the story.

Who wouldn&rsquot want to discover an ancient Roman temple buried in the heart of The City? Or visit one of the highest points in South London where you can soak up some of the best views in the city &ndash get this &ndash in absolute peace and quiet?

How about a jaunt to the secret garden of an old manor house in&hellip Streatham?

It&rsquos all very well and good me extolling the virtues of exploring the unexplored places in London but who has the time to do all that research? To weed through the copious amounts of chaff to find the stuff that&rsquos really worth doing?

Hey, I&rsquom Julianna and researching London&rsquos secret spots is my thing.

Luckily for you, in the past year I&rsquove taken it to next levels of dorkiness exploring London off the beaten track and now I&rsquom writing this guide with all of my favourite spots. Many of the entries even link to longer guides so you can find out even more about each spot.

I told you, next level dorkiness right here.

Ready to explore for yourself?何を待っていますか? Let&rsquos sit back with a cuppa tea and go get &lsquoem.


Queen Elizabeth Vanquishes Tasty Foe With Regal Swordplay

To revist this article, visit My Profile, then View saved stories.

To revist this article, visit My Profile, then View saved stories.

エリザベス女王 protected the Realm against sugary desserts on Friday by personally bisecting a sheet cake with a regal blade.

As part of a busy weekend that involved hosting world leaders for the G7 summit and also celebrating her birthday, The Queen, along with Kate MiddletonCamilla Bowles, visited The Eden Project to meet with volunteer planners of next year’s Platinum Jubilee celebrating the 95-year-old monarch’s 70th year on the throne.

Approaching the delectable baked good—which was likely only pretending to be dead and actually waiting to pounce—Elizabeth grabbed a sword, held it upside-down, and made the kill.

When someone off-camera said that there was a knife available, the ever-aware Queen parried back, “oh, I know there is.” She added, “this is something that is more unusual.”

The Duchess of Cambridge and the Duchess of Cornwall chuckled as she said it, and not only because she was holding a deadly weapon.

The longest-reigning British monarch has, as V.F. has reported, a special relationship with cakes. She has a slice of “a chocolate biscuit cake” each day. But she is never wasteful. “She’ll take a small slice every day until eventually there is only one tiny piece,” former royal chef Darren McGrady 言う。 If she is traveling, a senior chef will accompany the dessert.

Concerning swords, well, the British throne has plenty of history there, too.

—本当に、大坂なおみの仕事は何ですか?
—盗まれたマグリットの絵に身代金を払って、うっかりテロに資金を提供しましたか?
- Y A。著者A.S.キングは子供を失った。今、彼女は他人を救うことを望んでいます
—最初にパンデミック離婚が起こり、次に「TitsOut」夏が来る
— BBCの謝罪の後、その爆弾のダイアナ妃のインタビューについてどのように考えるべきですか?—難破船、モントークの謎、そしてハンプトンズを定義するクラスの分裂
—ウィリアムとケイトのスコットランド訪問のハイステークス
—夏にちょうど間に合う最高の水着
—アーカイブから:エリザベス女王の最も忠実な主題

—サインアップ ロイヤルウォッチ ケンジントン宮殿以降からのすべてのおしゃべりを受け取るニュースレター。


Day Trips Schwerin

Most famous for its stunning castle, Schwerin is a beautiful city full of exciting attractions.
The castle itself is located on a small island in Schwerin Lake, the castle was home to princes and dukes. The impressive rooms, including a throne room, invite visitors to talk a journey through history and admire art, furniture and wonderful view. Guests can also find out more about the history of the palace in the Palace Museum.
The castle gardens are also a stunning sight - combining nature and architecture, the gardens offer panoramic terraces and a stunning orangery.

Museums and Culture

The city of Schwerin also has much to be discovered. There is the Schwerin State Museum, dedicated to art, which houses a huge collection of Dutch and Flemish paintings, as well as Germany’s biggest collection of Marcel Duchamp work, plus contemporary art exhibitions.
Head outdoors and try the Open-Air Museum Schwerin Meuß. Here, guests can get a taste of the region’s history in the four traditional style houses, or walk through the fruit orchards on the grounds.
There are several theatres in Schwerin, including the Mecklenburg State Theatre, and once a year visitors can also enjoy the Open-Air Opera Festival, hosted in the palace.

On the Water

Visitors who come to Schwerin also have many opportunities to get outside and explore. Take a boat ride across the Schwerin Lake and admire the beautiful landscapes and the castle from a new perspective. Alternatively cruise on Lake Pfaffenteich. Guests are free to choose which pier to land at next, as there is no set schedule, making for a truly relaxing experience.

Discover the City

For kids, why not head to Schwerin Zoo and discover the amazing variety of animals, from bears to pigs, and even zebras. Get to know the city in more detail by taking a guided tour of the city, or head out into the countryside and admire the landscapes on a walk. Alternatively take a bike and cycle through the many natural reserves and beautiful surroundings.
There is much to see in the town centre too, with many shops inviting visitors to walk around, explore and discover!