面白い

写真偵察スピットファイア

写真偵察スピットファイア


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

写真偵察スピットファイア

戦争の開始時に、RAFは適切な写真偵察機を持っていませんでした。長距離偵察はブレニム爆撃機によって処理され、短距離偵察はライサンダー軍の協力航空機によって処理されることを意図していました。彼らは現代の敵の戦闘機に対して非常に脆弱だったので、どちらもその役割には本当に適していませんでした。偵察に高速単葉戦闘機を使用するというアイデアは戦前に提案されていましたが、1939年にはほとんどの航空機を免れることができませんでした。 1939年10月、写真偵察機として開発するために、2機のスピットファイアMkIsがシドニーコットンに渡されました。これらの2機は、偵察の役割のために改造またはゼロから製造された約1,000機のスピットファイアの最初のものでした。この短距離戦闘機はベルリンまで歩き回り、イギリス空軍に戦争中の重要な能力を提供しました。

指定

PRスピットファイアはもともと文字で識別されていました。このシステムは1941年の秋まで使用され、その時点でAからFまでの6つの異なるタイプがありました。ただし、同じ文字が異なるタイプのスピットファイアの翼を表すためにも使用されたため、このシステムは混乱を引き起こす可能性がありました。 1941年の秋から、各PRタイプにローマ数字を使用した指定が与えられました。最初の6つ(IからVI)は既存のタイプに割り当てられましたが、タイプAとBはこの時点ですでに使用されていませんでした。このシステムでは、MkVIIとPRMkVIIは非常に異なる航空機です。 PR Mk Xから、戦闘機またはPR航空機のいずれかに番号が割り当てられました。

PRタイプA(Pr Mk I)

最初の2回のPRスピットファイアは、1939年10月16日にシドニーコットンに与えられました。彼は航空機の速度を上げるために一生懸命働きました。軽量化のためにガンを取り外し、ガンポートを密閉しました。速度を向上させるために、胴体のできるだけ多くの接合部とギャップが閉じられました。コックピットは、視認性を向上させるために、両側に涙の形をしたブリスターが付いたスライド式フードに置き換えられました。最後に、2台のF.24 5inカメラが、内側の銃の代わりに翼に下向きに配置されました。これらの航空機の1機は、1939年11月にフランスのイギリス遠征軍に加わったとき、海外で運用された最初のスピットファイアになりました。11月18日、彼女はアーヘン上空で最初のPRミッションを飛行しました(天候によりパイロットは有用な写真を撮ることができませんでした)。 2機のPrMk I航空機は、後にPr MkIII標準に変換されました。

PRタイプB(Pr Mk II)

最初の2つのPRスピットファイアはその概念を証明しましたが、いくつかの欠陥も明らかにしました。選択したカメラは十分な詳細を提供せず、範囲が短すぎました。したがって、コットンはパイロットの後ろに追加の29ガロンの燃料タンクを設置し、カメラを8インチレンズを備えた改良されたF.24に交換しました。このバージョンは、1940年2月10日にヴィルヘルムスハーフェンとエムデンのドイツ海軍基地の写真を撮ったときに最初に使用されました。 PRタイプBと指定されました。

PRタイプC(Pr Mk III)

PR Mk IIIは、大量に生産された最初のPRバージョンでした。全部で40機は既存の航空機を改造することによって生産されました。ポートウィングの下に30ガロンの燃料タンクを配置することで、航続距離が再び拡大しました。焦点距離8インチの2台のF.24カメラを、右舷翼の下の別のブリスターに配置しました。また、F.24カメラを後部胴体の垂直位置に置くこともできます。 Pr MkIIIは1940年3月に就役しました。

PRタイプD(PR Mk IV)
PR Mk IVは、初期のPRスピットファイアの中で最も射程が長かった。 「d」ウィングで114ガロンの燃料を運ぶことができ、2000マイルの航続距離を実現しました。最初のミッションの1つで、PR MkIVがバルト海のシュチェチンに到達しました。 1940年10月(Mk VIの後)にサービスを開始し、他の初期のPRスピットファイアよりもはるかに多く生産されました。合計229が生産されました。彼女は運ぶことができる燃料の量のために「クッパ」として知られていました。 PR Mk IVは、さまざまなカメラを搭載でき、それぞれに文字コードが付けられています。

W:焦点距離20インチの2つのF.8
X:焦点距離が14インチのF.24が1つ
Y:焦点距離36インチのF.52が1つ
S:焦点距離14インチの2つのF.24

PRタイプE(PR Mk V)

PR Mk Vスピットファイアは1台しか生産されませんでしたが、斜めカメラを搭載した最初のPRスピットファイアであるという点で大きな進展を示しました。以前のPRスピットファイアは、垂直に取り付けられたカメラを使用して、中高度または高高度から写真を撮影していました。機体側面に斜めカメラを搭載し、飛行方向に対して90度で撮影しました。これにより、低レベルの写真撮影が可能になりました。

PRタイプFがPRVIになりました

PR Mk VIは、PR MkIVが登場する前のギャップを埋めるために作成された暫定的なデザインでした。それは、翼の下に2つの30ガロンの燃料タンクと追加の胴体タンクを追加することによって製造され、4時間半の耐久性を与えてベルリンに到達することができました。ドイツの首都への最初の飛行は1941年3月14日に行われました。15機のPRMk VIの最初のものは、MkIVの7か月前の1940年3月に登場しました。それは8インチの焦点距離を持つ2つのF.24を搭載し、後に20インチの焦点距離を持つ2つのF.8に置き換えられました。最後に、一部のPR Mk VIには、斜めの取り付けで焦点距離が14インチのF.24が与えられました。

PR VII

低レベルの斜めカメラを使用することの1つの危険は、PRスピットファイアをドイツの戦闘機の射程に戻すことでした。 1つの対応は、武装したPRスピットファイアを製造することでした。 PR Mk VIIは、Mk Iaの標準的な8丁の機関銃を、PRバージョンの追加の胴体燃料タンクと組み合わせて搭載していました。焦点距離14インチの斜めに取り付けられたF.24カメラ1台(左または右を向くことができる)と、垂直に取り付けられたF.24カメラ2台(5インチと14インチ)を搭載していました。 45個のPRMk VIIは、標準のMkVを変換することによって生成されました。

PR IX

少数の標準的なMkIX戦闘機が、偵察の役割を果たすように改造されました。これは、すべての銃を取り外し、垂直に取り付けられた2台のカメラと交換することによって行われました。

FR Mk IX

最も武装した偵察スピットファイアは、少数のFR(戦闘機偵察)MkIXでした。これらは、斜めに取り付けられたF.24カメラ1台を備えた、Mk IX戦闘機の標準砲を搭載し、低レベルから中レベルの偵察に使用されました。

PR X

PR Mk Xは1944年春に登場しました(PR Mk XIのずっと後)。これは、標準のMk VII戦闘機のPRバージョンであり、MkVIIの胴体をPRMk XIの翼と一致させ、銃を2つの66.5ガロンの燃料タンクに置き換えて製造されました。生産されたのは16個だけで、1945年9月に撤回されました。

PR XI

PR Mk XIは、他のどのPRバリアントよりも多く生産され、合計で470以上が生産されました。それはMkIX胴体に基づいていましたが、標準のPRバリアントの追加の胴体燃料タンクと翼に取り付けられたタンクがありました。それは1942年11月21日に最初に飛行し、1943年の夏に就役しました。

PR Mk XIは、カメラを簡単に交換できるユニバーサルカメラインストールを使用していました。これにより、はるかに幅広い種類のカメラを使用できるようになりました。一般的なバリエーションには、焦点距離が36インチの2台のF.52カメラ、2台のF.8(20インチ)、1台のF.52(20インチ)、2台のF.24(14インチ)と1台のF.24(14インチまたは8インチ)が含まれます。斜めの位置。また、低レベルから中レベルの戦術偵察のために、ホイールのすぐ後ろに5インチのF.24を搭載したものもありました。

PR XIII

PR Mk XIIIは、古いMk I、Mk V、およびPR MkVIIから改造された低レベルの偵察戦闘機でした。防御兵器用に4丁の機関銃を搭載していたため、射程が多少制限されていました。それは1942年8月に最初に飛行し、1943年に就役しました。PRMkXIIIは、D-Day侵攻に備えて、ノルマンディーのビーチの低レベルの写真を撮るために使用された航空機の1つでした。 2台の垂直F.24カメラと1台の斜めF.24カメラを搭載していました。

PR XIX

PR Mk XIXは、グリフォンを動力源とする唯一の偵察スピットファイアでした。これは、Mk XIV胴体、PR Mk XIウィング、およびPR MkXキャビンを組み合わせて製造されました。元々カメラを持っていた翼のスペースを使用して、最大254ガロンの燃料を内部に運ぶことができました。運用に使用された最大サイズは90ガロンでしたが、170ガロンの増槽を運ぶことができました。最高速度は時速445マイル、上昇限度は42,600フィートで、ドイツ空軍がそれを捕まえることはほとんど不可能でした。生産された225機のうち最初の22機を除くすべてが、加圧されたコックピットを備えていました。

Pr XIXは、2台の垂直カメラと1台の斜めカメラ(左舷側)を搭載できます。垂直カメラは、焦点距離が14または20インチのF.8または焦点距離が20インチのF.52のいずれかでした。斜めカメラは、焦点距離が8インチまたは14インチのF.24でした。

Pr XIXは、1944年4月に最初に飛行しました。1944年5月に就役しました。RAFスピットファイアによる最後の運用飛行は、1954年4月1日にPR XIXによって行われました。彼らが1957年6月10日に最終的に引退するまで。

プロトタイプ-MkI-Mk II-Mk III-Mk V-Mk VI-Mk VII-Mk VIII-Mk IX-Mk XII-Mk XIV-Mk XVI-Mk XVIII-Mk 21〜24-写真偵察スピットファイア-スピットファイアウィング-タイムライン


空のスパイ、第二次世界大戦の写真偵察スピットファイアパイロット

著者は、第二次世界大戦中にスピットファイアを操縦した若い写真偵察パイロットとしてのキャリアを語っています。 . NS はめったに報道されない現代の戦争の重要な側面の1つをカバーする最も歓迎された本です - 強くお勧めします。

ケン・ジョンソンは、写真偵察ユニットに参加したとき、わずか18歳でした。彼はすぐに敵の領土の上空でPRスピットファイアを飛ばしていました。銃が取り外されていたので、彼は彼の反応と彼のスピットファイアの速度に依存しなければなりませんでした。実際、PRスピットファイアは、写真の使命を直接サポートしていないものを容赦なく剥奪されました。著者はまた、ロッキードライトニングを含む、第二次世界大戦中に他のいくつかのタイプの写真偵察機を飛ばしました。

写真偵察は、航空機に課せられた最も初期の任務の1つでした。陸軍司令官が敵の居場所と彼が何をしていたかについての詳細な画像を入手でき、彼が何をしようとしていたかについての憶測を可能にすることがすぐに認められました。これは、軍の司令官が彼らがどれほど接近しているかに気付かずに彼らの軍隊を近接して操縦することが多かった航空機の前の状況とは対照的でした。第一次世界大戦では、航空機は敵の位置を撮影するために派遣されました。これは、観測者がハンドヘルドカメラで後ろのコックピットに立ったり、横に不安定に寄りかかったりしながら、パイロットが航空機をできるだけスムーズに飛行させることで頻繁に行われました。海岸からスイスまでの塹壕線が非常に迅速に詳細に撮影され、画像が結合されて正面の平面画像が作成されました。空中偵察が敵が何をしていたかについての非常に正確な諜報画像も提供できることを理解するのにそれほど時間はかかりませんでした。前日は軍隊で埋め尽くされていた空のフィールドを見ることも同様に重要でした。今、彼らはその地域を空けたように見えることができました、彼らは非常に正当な理由でどこかにいなければなりませんでした。司令官は、攻撃の準備ができている彼の反対の番号を見ることができました。集会エリアは戦線からある程度離れている可能性があるため、軍隊が前進し始めたときに攻撃の準備をする時間が与えられました。上から撮影できる他の種類の軍事活動にも同じことが当てはまります。

第二次世界大戦が始まったとき、写真偵察はすでに長い道のりを進んでいました。長いレンズを備えた大型カメラは、下向きまたは横向きに取り付けられました。それらは遠隔操作され、これにより、ハリケーンやスピットファイアなどの改造された単座戦闘機にカメラを取り付けることが可能になりました。スピットファイアは、すべての不要な重量が取り除かれ、皮膚が完全に最小の抗力を確保するように注意深く準備された後に速くなる高速航空機であったため、理想的でした。スピットファイアは高く速く飛んでいると、ほとんど見えなくなり、敵の領土でのさまざまな活動を記録し、爆撃の有効性の証拠を提供する可能性があります。

スピットファイアは当初、敵の戦闘機よりも速かった。皮膚を磨き、最小限の塗料を使用して余分な性能を絞り、戦闘機のパイロットが必要とするすべてのものを取り出すことはできましたが、PRパイロットはそうではなく、潜在的な迎撃機よりもかなりの性能を発揮しました。

これは、第二次世界大戦の歴史の無視されているが非常に重要な部分に光を当てる非常に興味深く、面白い本です。


プレーンズ

彼らが設計し、製造した航空機への言及なしに、スーパーマリンの労働力について話すことは不可能でしょう。以下の航空機の説明は、さまざまなマークの明確なガイドとして意図されたものではなく、航空機を使用して、スーパーマリーナーが実行した作業のフレームワークを作成するのに役立ちます。さらに、最終的なプロダクションのバリアントと同様に、プロトタイプ航空機に焦点が当てられます。

航空機は大まかな年代順に細分化されています。日付の多くが重複していることに注意してください。さまざまな航空機の設計期間が数年に及ぶことが多く、他のプロジェクトやイベントの両方と重複しているため、これは意図的なものです。

1913-1926:初期の航空機:第一次世界大戦と飛行艇

初期のスーパーマリン航空機はすべて「フライングボート」でした。ペンバートンビリングが1914年に言ったように、会社の彼の意図は「浮かぶ飛行機ではなく」飛ぶボートを作ることでした。初期の航空機の成功は限られていましたが、1920年代までに、新しいチーフデザイナーR.J.ミッチェルは、新しいシュナイダートロフィー競技会と海軍スポッターとして機能する小型の海軍両生類のためにレーシング飛行艇を作り始めていました。スーパーマリンはまた、R.A.F。向けの&#8216Southampton&#8217シリーズのような大型飛行艇の製造を開始しました。沿岸偵察と帝国を横断する長距離飛行。

1927-1931:シュナイダートロフィー

スーパーマリンは、限られた成功を収める前にシュナイダートロフィーに出場し、1922年に優勝しました。しかし、他の競合他社による設計の進歩により、スーパーマリンは彼らのアプローチを完全に再考することを余儀なくされました。スーパーマリンがエンジンメーカーのロールスロイスと協力して行った進歩により、スーパーマリンは1927年、1929年、1931年にレースに勝利し、トロフィーを完全に獲得し、後でスピットファイアに適用される貴重な知識を提供することになりました。

1929-1952:両生類の興亡

&#8220両生類&#8221は、海と陸の両方で自宅にいる航空機でした。もともとはオーストラリア海軍向けの&#8216Seagull V&#8217として開発され、新しい両生類を望まなかったにもかかわらず、&#8216The Walrus&#8217はイギリス海軍で最も重要な航空機の1つになる予定でした。軍艦の甲板から飛び出してウインチで回収することができ、重要な偵察と水難救助能力を提供しました。より強力な代替品である&#8216Sea Otter&#8217は、戦争が始まる前に開発され、セイウチはずっと使用され続けました。最後の両生類はシーガルASR-1で、2つのプロトタイプが戦後に製造されましたが、使用されませんでした(おそらく、偵察と発見の役割の多くが新しいヘリコプターに追い抜かれたためです)。

1931-1947:スピットファイア一家

失敗したタイプ224からタイプ300、&#8220The Fighter&#8221、そしてプロダクションのスピットファイア、シーファイアとその子孫であるスパイトフルとシーファングの多くのバリエーションまで。

1937-1946:スーパーマリンの爆撃機

B12重爆撃機もタイプ322&#8216ダンボ&#8217雷撃機も生産されたことはありません。 B12重爆撃機のプロトタイプは、1944年9月26日のウールストン工場の襲撃で破壊されましたが、タイプ322はスーパーマリンの実験用テストベッドになりました。

1944-1960:ジェット時代

本質的にジェットエンジンを搭載したSpitefulであるAttackerから、SwiftとScimitarまで。


写真偵察スピットファイア-歴史

30機以上のモスキートBMkIV爆撃機がPRMkIVに改造されました 写真偵察 航空機。 PR Mk IVによる最初の運用飛行は、1942年4月にDK284によって行われました。

モスキートPRMk34とPRMk 34Aは、非常に長距離の非武装の高高度でした。 写真偵察 バージョン。燃料タンクとコックピット保護装甲が取り外されました。追加の燃料が膨らんだ爆弾倉に運ばれました:1,192ガロン—5419マイルに相当します。外翼の下にあるさらに2つの200ガロン(910リットル)の増槽は、時速300マイルで3600マイルの航続距離を与えました。 PR.32で最初に使用された2台の1690hp Merlin114を搭載。ポートマーリン114は元帥キャビンスーパーチャージャーを運転しました。ルートンのパーシヴァルエアクラフトカンパニーが製造した50機を含め、合計181機が製造されました。 PR.34の最高速度(TAS)は、海面で335 mi / h、17000フィートで405 mi / h、30000フィートで425 mi / hでした。すべてのPR.34には、4つの分割F52垂直カメラ、2つは前方、機体タンクの後方2基とF24斜めカメラ1基。時々、K-17カメラが大気調査に使用されました。 1945年8月、PR.34Aが最終戦となりました 写真偵察 それぞれ1710馬力を提供する1つのマーリン113Aと114Aを備えたバリアント。

第二次世界大戦前、イギリス空軍はブリストルブレニムスに頼って実行していました 写真偵察 長距離写真偵察は重要であるとは考えられていなかったので、二次的な仕事として。短距離 写真偵察 陸軍協力司令部ウェストランドライサンダースに任されました。どちらの航空機も敵の戦闘機を回避するための速度や高度の性能を備えておらず、その軽兵器は写真を撮るために目標に向かって戦うことは決死隊であることを意味しました。現代の戦闘機と対空砲火に直面したとき、両方の航空機タイプは多くの損失を被りました。

アメリカ空軍(RET)のロイM.スタンレーII大佐は次のように書いています。 写真偵察 戦争の航空機」。

Mosquito PR Mk 32は、長距離、高高度、加圧されたものでした 写真偵察 バージョン。それは、2段過給された1960馬力のロールスロイスマーリン113とマーリン114ピストンエンジンのペア、右舷側のマーリン113と左舷のマーリン114によって動力を供給されました。 1944年8月に最初に飛行したのは、5機だけで、すべてPR.XVIからの改造でした。

洗練されたPRMk IXの導入を待つ間、一時的なものとして構築されたMosquito PR Mk VIIIは、次の製品でした。 写真偵察 バージョン。 5つのVIIIはBMk IVから変換され、マーリン21/22の代わりに1565hpのロールスロイスマーリン61エンジンを使用して、2ステージ2速スーパーチャージャーエンジンを搭載した最初の運用可能なモスキートバージョンになりました。最初のPRMk VIII、DK324は1942年10月20日に最初に飛行しました。PRMkVIIIの最高速度は436 mph、経済的な巡航速度は20,000フィートで295 mph、30,000フィートで350 mph、天井は38000フィートでした。範囲は2550nmi、上昇速度は時速2,500フィート(760 m)です。

1945年、ビルマの飛行場で活動しているイギリス空軍の東部航空司令部のMk XVI蚊は、シングルでツインエンジンの記録を樹立しました。 写真偵察 8時間50分で2400マイルをカバーするミッション。

コットンとロングボトムは、兵器と無線機を取り外し、追加の燃料とカメラに交換したスピットファイアの使用を提案しました。これにより、[[スーパーマリンスピットファイア(初期のマーリン搭載バリアント)#初期偵察(PR)バリアント|スピットファイアPR]]バリアントが開発されました。これらの飛行機は、武装を取り除いた状態で、30,000フィートで最高速度396 mphであり、次の目的で使用されました。 写真偵察 ミッション。航空機には、良好な結果を保証するために加熱された5台のカメラが装備されていました(コックピットはそうではありませんでした)。スピットファイアは偵察の役割で非常に成功していることが証明され、多くのスピットファイアの亜種はその目的のために特別に作られました。彼らは当初、後に第1写真偵察ユニット(PRU)となったものを担当しました。

RAFの蚊は 写真偵察 改造された爆撃機は、爆弾倉であった場所に設置された3台のカメラを備えていました。巡航速度は時速255マイル、最高速度は時速362マイル、最高高度は35,000フィートでした。最初に改造されたPRU(写真偵察ユニット)蚊は、1941年7月にジェフリーデハビランド自身によってRAFベンソンに配達されました。 PR Mk XVI以降のバリエーションには、高高度での燃料の気化を低減するために、加圧コックピットと加圧中央および内翼タンクがありました。蚊は40,000フィートを超えるほとんどの敵戦闘機よりも速く、ほとんどどこでも歩き回ることができました。アメリカ空軍のロイ・M・スタンレーII大佐(RET)は、「蚊は戦争で最高の写真偵察機だと思います」と書いています。のUSAAF指定 写真偵察 蚊はF-8でした。

ロッキードP-38ライトニングの工場改造であるアメリカンF-4は、機首に取り付けられた4丁の機関銃と大砲を4基の高品質K-17カメラに置き換えました。 1942年3月までに約120機のF-4とF-4Aが急いで利用可能になり、4月までにオーストラリアの第8写真部隊に到達しました(最初のP-38が行動を起こしました)。 F-4は、長距離と高速の初期の利点と、高高度で飛行する能力を組み合わせて、偵察に強力な組み合わせを実現しました。 1942年の後半に、ロッキードはP-38Gとその後のすべてのP-38に基づいて、96のF-5Aを生産しました。 写真偵察 F-5と指定されたバリアント。偵察の役割において、ライトニングは非常に効果的だったため、1,200を超えるF-4およびF-5の亜種がロッキードによって提供され、USAAFの主要なものでした。 写真偵察 すべての戦闘劇場で戦争中に使用されるタイプ。マスタングF-6は戦争の後半に到着し、1945年春までにヨーロッパでUSAAFによって飛行された支配的な偵察タイプになりました。アメリカン 写真偵察 ヨーロッパでの活動はRAFマウントファームに基づいており、結果の写真は解釈のためにメドメナムに転送されました。約15,000台のフェアチャイルドK-20空中カメラが、1941年から1945年の間に連合軍の偵察機で使用するために製造されました。

飛行隊は第66戦術偵察翼に再割り当てされ、1959年にNATOに配備されました。フランスから1966年まで運用され、イギリスのRAFアッパーヘイフォードに移動しました。 1970年にショー空軍基地に戻り、363d戦術偵察翼に配属されるまで、英国に留まりました。ショーでマクドネルRF-4CファントムIIを再装備し、新しい訓練を行いました 写真偵察 それが非アクティブ化された1979年までパイロット。

飛行PRミッションは簡単な仕事ではありませんでした。スピットファイアのパイロットは、窮屈なコックピットが7時間以上続くミッションを飛行することがよくありましたが、暖房の導入と、戦争の後半の加圧により、不快感の一部が緩和されました。初期のPRスピットファイアには無線機がなく、無線機を備えていた後のバージョンでは、パイロットは飛行中ずっと無線封止を維持することが期待されていました。高空飛行のスピットファイアのパイロットは、飛行機雲がその存在を裏切らないようにバックミラーを常に監視し、傍受しようとする敵の戦闘機にも目を光らせなければなりませんでした。別の乗組員の助けがなければ、PRスピットファイアのパイロットは、通常は推測航法に頼って、優れたナビゲーターでなければなりませんでした。撮影対象を超えると、正確な進路と高度が設定され、維持されます。まっすぐで水平な飛行からのわずかな逸脱でさえ、カメラが数百ヤードの小さなターゲットを見逃すことを意味する可能性があります。初期にはいくつかの異なるペイントスキームが使用されていました 写真偵察 全体的な「PRUブルー」が1941年後半からPR航空機の大部分に採用されるまでスピットファイア。

スピットファイアの戦闘機バージョンがイギリスに留まっている間、最初のPRミッションは、「第2迷彩ユニット」と改名されたコットンのユニットによってフランスの基地から飛行されました。最初のRAF高速、高高度 写真偵察 戦争の任務は1939年11月18日にFlt。 「Shorty」Longbottom中尉はSeclinから離陸し、33000フィートからアーヘンの写真を撮ろうとしました。

1962年の秋、363dのパイロットはキューバミサイル危機で主要な役割を果たしました。低高度でのRF-101の利用 写真偵察 ミッションでは、キューバのミサイルサイト、飛行場、港湾施設での活動を特定して追跡するのに役立ちました。ジョン・F・ケネディ大統領は、その功績に対して空軍殊勲部隊賞を授与するにあたり、「あなたの紳士たちは、私たちの歴史の中で他のどのグループの男性と同じくらい米国の安全に貢献してきました」と述べました。

RéseauAGIRが1943年9月に占領下のフランスでの建設を報告した後、スピットファイアと他の偵察機(5機のイギリス、5機のアメリカ、4機のカナダの飛行隊)がV-1施設を撮影しました。 1943年10月3日に542飛行隊スピットファイアが撮影した写真は、シラクールV-1バンカー(1944年1月に爆撃)を描写し、1943年11月3日にNo.170飛行隊RAF航空機によってボワカレ上空で出撃したE / 463が最初に検出されました。 「長さ240〜270フィートのスキー型の建物」。 10月21日のように、 写真偵察 北フランス全体をカバーするための1943年12月4日の出撃は、12月5日の「スキー場に対するクロスボウ作戦」の開始前に行われた。クロスボウ爆撃にもかかわらず、偽装された「改造された」サイトは1944年4月26日に最初に発見されました(61の改造されたサイトは6月6日までに撮影されました)。サイトがアクティブ化されていることを示す6月10日の写真により、画像通訳者はサイトが3日以内に発射されると予測できました(V-1飛行爆弾の運用は1944年6月12/13日の夜に開始されました)。

PR Mk XIは、特に写真偵察(PR)航空機として製造されたスピットファイアの最初のバージョンであり、1943年半ばからMk Is、II、およびVの以前のすべての変換に取って代わり始めました。 PR Mk XIIIは、この頃、低高度の戦術偵察機としてPR MkVIIに取って代わりました。 1942年後半までに、初期のPRUは拡張され、いくつかの飛行隊に正式化され、1943年に第2戦術空軍(または第2 TAF)が結成されたため、陸軍協力司令部は解散し、その部隊の多くは専用のPRになりました。飛行隊。 NS 写真偵察 戦隊、特に英国外の劇場のユニットは、通常の航空機と保守要員を持っていただけでなく、航空機がほぼ同時に移動実験室で露光されたフィルムを処理する大きな写真セクションも組み込んだ自己完結型の諜報ユニットでした着陸した。写真通訳、写真印刷スタッフ、諜報部門、コミュニケーションスタッフもいました。

大陸では、363機がロッキードF-5ライトニング写真偵察バージョンのP-38とF-6を飛行する偵察グループに再編成されました。 写真偵察 フランスのルマン飛行場にあるP-51マスタングのバージョン。第380、第381、第382飛行隊は、それぞれ第160、第161、第162戦術偵察飛行隊として再指定されました。このグループは、戦闘爆撃機を鉄道、高速道路、水路の交通、橋、銃の位置、部隊の集中、およびその他の適切な標的に向けた空中および地上の両方の作戦を支援するために写真ミッションを飛行し、砲撃を調整し、連合軍の爆撃作戦の結果を評価するために写真を撮りました。

戦略的および 写真偵察 航空機は、多くの場合、高性能航空機の特別に改造された変種であり、通常は戦闘機または爆撃機でした。

初期の作戦でブレナムとライサンダースの脆弱性が証明されたとき、1939年10月、新しく形成された非常に秘密の「ヘストンフライト」の空軍中佐代理であるオーストラリアのシドニーコットンが、戦闘機軍団のAOCであるヒューダウディング空軍大将と会い、彼を説得しました。彼のユニットに2つのスピットファイアを解放します。綿は、秘密に修正されたロッキード12Aを使用することにより、ロングボトムの理論が正しいことをすでに証明していました。 写真偵察 ドイツのミッション。

連合国遠征空軍は3,200以上を引き受けました 写真偵察 1944年4月から侵略が始まるまでの出撃。海岸線の写真は、侵入者の地形、ビーチの障害物、および掩蔽壕や銃の据え付けなどの防御構造を示すために、非常に低い高度で撮影されました。侵略の場所についてドイツ人に警告することを避けるために、この作業はヨーロッパの海岸線全体で行われなければなりませんでした。連合国にできるだけ多くの情報を提供するために、内陸の地形、橋、軍隊の定置、建物も、多くの場合、いくつかの角度から撮影されました。連合作戦水先案内締約国のメンバーは、深さの測深を含む詳細な港湾地図を秘密裏に作成しました。


スピットファイア:85年間の空の中で

85年前の3月5日、スピットファイアは初飛行のために空を飛んだ。

ハンプシャーのイーストリー飛行場から初飛行が始まり、第二次世界大戦中のドイツの航空機との空での闘犬で有名になり、航空機は象徴的なものになりました。

コロナウイルスの制限は英国全土でまだ実施されていますが、記念日は帝国戦争博物館と陸軍飛行博物館からの仮想イベントでマークされています。

スピットファイアの最後の勝利?そのレガシー

上の画像:1940年9月、フォウルミアで出撃の合間に再編成された第19飛行隊のスーパーマリンスピットファイアMk IaP9368「QV-K」。クレジット帝国戦争博物館。

IWMダックスフォード

帝国戦争博物館ダックスフォードは、世界最大のスピットファイアの本拠地であり、3月6日土曜日に、スピットファイアのデザインと内部の仕組みについて詳しく知るために、仮想ツアーに観客を連れて行きます。

最初のスピットファイアは1938年に当時のRAFダックスフォードに飛ばされ、第19飛行隊は新しいスピットファイアを最初に装備しました。

帝国戦争博物館のイベントと体験のコーディネーターであるリアムショーは、仮想ツアーで人々が期待できることについて、BFBS​​ラジオのプレゼンターであるリチャードハッチとベリティギーレに話しました。リアムはスピットファイアの重要性についても話しました、と彼は言いました:

「これは非常に重要な飛行機であり、確かにイギリスと連合国の戦争努力にとって重要です。」

60分間のトークでは、スピットファイアがどのように開発されたかを、航空機の始まりからリアムが簡単に触れた設計まで、すべての情報とともに、聴衆が掘り下げることができます。彼は言った:

「それは、少しの感情をかき立てて、日光を捕らえざるを得ない美しい湾曲した翼を持っています。」

チケットは帝国戦争博物館のウェブサイトから予約できます。

スピットファイア:第二次世界大戦のアイコン

@BeaverWestminstに参加して#LockdownLectureに参加し、Type 300、Spitfireプロトタイプの初飛行の85周年を記念してください。彼らの美しいレプリカを撮影することを許可してくれた@MuseumTangmereに感謝します。明日の夜7時に「スピットファイア85」ライブをご覧ください:https://t.co/hNi9a4DU7Jpic.twitter.com/TMGscYhaXJ

&mdash ArmyFlyingMuseum(@armyflying)2021年3月4日

陸軍飛行博物館

スピットファイアは、1940年から1957年に陸軍航空隊にステーションが引き渡されるまでの17年間、ミドルウォロップで使用されました。そのことを念頭に置いて、ミドルウォロップに本拠を置く陸軍飛行博物館は象徴的な戦闘機に敬意を表します。

博物館に関連するさまざまなトピックをカバーした博物館のロックダウンレクチャーシリーズの一環として、スピットファイアに関する特別レクチャーがあります。

Paul Beaver is the Vice President of the Spitfire Society and will be leading the lecture followed by a chance to ask questions about the legendary aircraft.

The lecture is happening 5th March at 7pm and is free for anyone to view on the museum website.


‘Orange’ is the new ‘Red’

Original colour images of South African Air Force (SAAF) in Gabes in Tunisia April 1943. Here we see a SAAF Supermarine Spitfire pilot of ER622, No 40 Squadron, SAAF as he confers with his ‘No 2’ after landing at Gabes. This original colour image shows off a key identifier that only the South African Air Force squadrons used in the Allied theatre of combat …. ‘Orange’.

Note the distinctive ‘orange’ dot in the rondel identifier of the South African Spitfires, of all the commonwealth and British aircraft used in the north African campaign, the South Africans where the only ones to have the rondel in the colours of the ‘old’ national flag i.e. Orange, White and Blue on all their aircraft.

All others, British, Australian, New Zealand and Canadian air forces used a red centre in their roundel identifiers to signify the Union Jack (Flag) of Great Britain i.e Red, White and Blue, as seen in this original colour image below.

Allied Spitfires in Royal Air Force colour scheme, note the Red, White and Blue identifiers

Also note the officers in first photograph are wearing army rank insignia (not air force), another distinctive attribute specific to South Africa at the time. To compare the difference in aircraft identifiers, here is the SAAF scheme, as shown by these SAAF 40 Squadron Spitfires in desert scheme.

This distinctive difference in SAAF identifiers to RAF and other commonwealth county’s identifiers was given the SAAF because of Jan Smuts’ influence in forming both the Royal Air Force as the first independent air force and the South African Air Force as the second oldest independent air force. Also, the SAAF had identified a separate scheme as they were not a ‘Royal’ Air Force – as the RAAF (Royal Australian AF), RNZAF (Royal New Zealand AF) and RCAF (Royal Canadian AF) were.

Squadrons made up of pilots from Allied countries under occupation also flew in the British markings, the difference was a small national identifier usually found on their cowlings, the Dutch 322 Squadron for example used a small Orange triangle and the Poles used a small Red and White square.

A little history of the SAAF Spitfires featured

As the 8th Army advanced through Libya into Tunisia, SAAF No. 40 squadron flew Tactical Reconnaissance (Tac.R) and Photo Reconnaissance sorties in support of ground operations.

SAAF 40 Squadron converted to the Supermarine Spitfire Vb at the end of February 1943. This variant had clipped wingtips to enhance its low-altitude performance, most notably its roll-speed. Sorties now included vertical and oblique photography, battle area Tac.R, target marking for fighter bombers, searches for night bomber targets, and identification of landmarks for day bomber navigation.

In early 1943 the squadron received Artillery Reconnaissance training, however, unreliable radios meant that artillery shoots were not as successful as had been hoped. Nevertheless, the squadron continued to report the activities of enemy artillery.

Related work and links

Researched by Peter Dickens. Image copyright IWM Collection. Reference Wikipedia


Read review

The Supermarine Spitfire remains a popular aircraft to this day among aviation enthusiasts, myself included. As I like the more eclectic subjects, though, my interests tend to gravitate to those lesser known types and operators. This newest title in the Ventura Publications line satisfies that interest, detailing the Merlin-engined photo-reconnaissance Spitfires.

The book is an excellent blend of drawings, text, and photographs, resulting in a great reference for the modeler on PR Spitfires. The text provides a detailed synopsis of nomenclature and equipment fitted to these aircraft. This is particularly useful, as it helps to sort out just what kind of base Spitfire the various PR marks are associated with, and what kind of equipment they carried.

Once the variants are figured out, attention turns to the drawings. These provide excellent detail for the cockpit, canopy, cameras, and other airframe differences. These drawings are of high quality and provide just about all the information a modeler could want. Complementing these scrap views, there are 1/72 and 1/48 scale drawings covering all of the Merlin-engined PR Spitfire variants.

All of this information is only part of the story, and the other end of things is the operational history and colors & markings. The operational record is not a part of this book, other than the small background provided in the photos of operational aircraft. Indeed, the book IS titled 'PR Spitfires in Detail', so a thorough operational history was not expected. Still, the information in the photo captions is enticing, and will whet the appetite for more. For those who need to satisfy that desire, Ventura's previous title covered just that subject (and that's a very good read). NS

s for the colors and markings, interspersed throughout the book are many color profiles, with a handful more printed on the back page. While some might think PR Spitfires were boring in their overall solid color camouflage, these illustrations will show just how interesting some of these aircraft can be.

This is a great addition to any Spitfire library, and one which will undoubtedly increase interest in these lesser-known variants.

Reviewed By Floyd S. Werner, Jr., IPMS# 26266

Picking up where the Volume one left off, which covered the operational use of the PR Spitfires, this new book from Ventura Publications covers the nuts and bolts of the Spitfires used in the photo recon role. This book covers the designations which are specific to the photo recon aircraft. For me the PR numbering system was very confusing, however, this book breaks down the how and why for the unique system.

Covered in this 64 page softbound book are photos, manual illustrations, and scale drawings. The photos are of exceptional quality. There are 24 color pictures and 59 black and white photos. It sounds clique but many of the photos are brand new. The pictures cover the photo equipment, as well as, the aircraft themselves. There are war time manual photos that highlight the differences of the PR aircraft. These are perfect for the model builder. As a modeler you are also treated to four view plans for both 1/72nd and 1/48th.

The color profiles are top notch and really inspirational. The PR Spitfires are some of the most colorful Spitfires with everything from blues to Sky to white. As a modeler this is what you want to see.

All these photos and profiles are complimented by the drawings. There are over 100 drawings of the systems and the installations used on the PR Spitfires.素晴らしいもの。

For the price this is an excellent value. Everything that a modeler needs to complete a PR Spitfire is here, drawings, photos, manual illustrations, and beautiful profiles. This book is literally a one stop shop on PR Spitfires for the modeler and aviation historian.

By John Matlock "Gunny" (Winnemucca, NV)

Note the PR in the title -- it stands for Photographic Reconnaissance. The PR Spitfires were a special model of the Spit with provision made to carry any of several different types of cameras. Documenting these planes is fairly difficult.

As the war progressed there were many different models of the Spitfire as new and more powerful engines came about, as new cockpits, wing designs and other changes were made. When a plane was needed for PR work, the current production models were usually used and this resulted in a different variation of the PR plane.

This new Classic Warbirds book covers the PR designations and the interior details of the PR Spitfires. As is usual for this series there are photos, maintenance manual illustrations and scale drawings created specifically for this book. This particular volume covers the technical details of the planes. Part 1, No. 10 in the series, covered the operations of the planes.

Ventura is a publishing company based in Wellington, New Zealand. Their books are distributed by Mushroom Model Publications in the UK.

This book is about Merlin-engined PR (photo reconnaissance) Spitfires, which were the mainstay of RAF and USAAF single engined aerial reconnaissance forces for the duration of WWII. Other types, such as the Mustang, Hurricane and Typhoon were either replaced with Spitfires as soon as possible or proved unsuitable in the role.

This new Classic Warbirds volume covers PR type designations and the interior details of Merlin-engined PR Spitfires. There are 31 black and white wartime photos, 12 maintenance manual illustrations, 5 black and white line drawing profiles in 1/72nd scale and 1 as a 3-view. Types illustrated are: the Mk. 1 PR Type A, Mk. 1 PR Type C, Mk.V PR Type G,

PR IV (Trop), PR X and the PR XI. These drawings were created specifically for this new book. There are also 11 color profiles provided, 5 of which are printed on the back cover. The book is soft-cover and 68 pages in length. At the rear of the book is a black and white line drawing as a 4-view in 1/48th scale. This is of a Spitfire PR XI variant. The 2 illustrations of the top and bottom of it are printed on a double size page that telescopes out. There are also scrap illustrations here of the skeletons of the rudder and elevators. Included also are illustrations and photos of the cameras used in PR Spitfires and their installation details.

Inside the back cover is a listing of 20 1/72nd scale aircraft decal sheets, and 21 in 1/48th scale that Ventura markets. This is below the illustrations of the covers of 4 other titles in Ventura’s Classic Warbirds series of books:

Spitfire Star of Israel, American Spitfire Camouflage & Markings, Pacific Twins (about Lightnings, Mitchells and Venturas) and Fighter Archive (about the Avias-199, nightfighters and Luftwaffe archives).

This will prove to be an invaluable reference source for aircraft historians and enthusiasts, and scale modelers. Part 1, covering the operations of Merlin PR Spitfires (Classic Warbirds no. 10) is still available.

Magnificent, April 30, 2011

By R. E. Spalinger "AF Veteran" (Lee, MA USA)

This small softcover volume (# 11) from Ventura Pubs. is the companion volume to Classic Warbirds # 10 ("Merlin PR Spitfires"). Together, this duo of books - which focus on the PR Spitfire - provide the most comprehensive and technically accurate material available on the development history and application of the Merlin powered Spitfire in the European WW II photoreconnaissance role from the UK perspective.

If you desire to know and understand the guts of the primary tool that implemented secure low risk photographic coverage of Nazi target systems, then this is the book for you. This volume covers the technical implentation, development and growth of the most successful & capable of PR platforms that functioned during WW II from start to finish. [Volume 10 is oriented more towards the users, colors/markings, units and operating theater bits.]

Included in # 11 are scale drawings, control/cockpit layouts, cameras fitted, installation structures, aircraft modifications, interior details and many other items. I cannot recall another book that includes the range of detail presented here in drawing, photographic, and textural form. All Merlin PR Spitfire Marks are included - and there are several plates in color.

Matusiak and Laird are to be commended. A magnificent piece of work.

Put this one (and Volume # 10 too) up there on your best PR bookshelf slot, right next to Conyer's "Eyes of the RAF", Thomas's "Eyes for the Phoenix", and Ehler's "Targeting the Third Reich".


RAF Reconnaissance in the Second World War

The other week I was watching Foyle's War and part of the plot involved Foyle's son's Spitfire squadron to fly a photo reconnaissance sortie against a port in occupied France, using film that could capture infra red images. Did such a thing exist in 1940/1941?フィルム Sink The Bismarck! also features a photo reconnaissance Spitfire looking for the ビスマルク in a Norwegian fjord.

Whilst I am sure there must be books by veterans, and there have been documentaries about the RAF people how managed to produce three dimensional images from photographs, and determine things like heights, the effort of the aircraft themselves is still largely unknown. Did they come under Fighter Command, or what? What sort of aircraft did they use before there were sufficient Spitfires and Mosquitos became available? What modifications did they receive for the new role? Did they use systems like Gee or Oboe for navigation?

What technical developments happened? In addition to infra red photography, I think the first radar images of the ground were made in 1944. I have also seen a picture of aircraft fitted for sniffing out enemy radars - what we would now call ELINT. So by 1945 the RAF was doing photo reconnaissance in both visible and IR wavelengths, radar reconnaissance, and SIgnals Intelligence.

What cooperation was there with the US Army Air Force and RCAF? Or our own FAA?


Use by other air arms [ edit |ソースを編集]

Aside from the RAF, the Royal Navy's Royal Naval Air Service (First World War) and later the Fleet Air Arm, as well as the air elements of the British Army also used the RAF roundels.

Many nations that had been a part of the British Empire and Commonwealth continued to use RAF roundels long after achieving independence, including Canada, Australia, New Zealand, India and others until nationalism demanded unique roundels for each of those countries. South Africa replaced the red with orange (after having experimented with completely different colours), Canada changed the red dot into a maple leaf (in several different forms), Australia changed the red dot to a Kangaroo and New Zealand experimented with a gold, green and white fern inset in the red dot before settling on a red Kiwi. India briefly replaced the SEAC roundel (blue on blue) with a blue/white chakra, before adopting an orange/white/green roundel. ΐ] Southern Rhodesia, the Federation of Rhodesia and Nyasaland and Rhodesia used variations on the RAF roundel featuring assegais before adopting a green ring with a lion and tusk on a white centre in 1970.


Spitfires of the U.S. Navy

Strangest of all, the U.S. Navy also flew Spitfires during World War II.

The U.S. Navy deployed numerous cruisers and battleships to provide naval gunfire support for the D-Day landings in Normandy. Bristling with enormous guns ranging from five inches to 14 inches in caliber, the cruisers would mostly train their devastating firepower at enemies miles inland, well beyond line of sight. They therefore required spotter planes to swoop over German troops, acquire targets, direct naval batteries to blow them up and correct the inevitably inaccurate ranging shots.

At the time, Navy capital ships typically carried one or two SOC Seagull or OS2U Kingfisher float planes that launched by catapult from ship decks, then recovered by crane after landing at sea. These pokey aircraft were useful as artillery spotters, and also for scouting for enemy ships and submarines. But with a maximum speed of just around 160 miles per hour, the floatplanes were extremely vulnerable to flak guns and enemy fighters—and there were plenty of both in German-occupied France.

So in May 1944, the 18 pilots of the Navy’s VCS-7 Cruiser Support Squadron trained to fly Spitfire Vbs instead. These pilots normally served aboard the heavy cruisers クインシー, Tuscaloosaオーガスタ と戦艦 ネバダ, アーカンソーテキサス.

On D-Day, VCS-7 joined six Royal Air Force and Fleet Air Arm squadrons flying Spitfires and Seafires at Royal Naval Air Station Lee-on-Solent. To increase the tempo of operations, the British and American units pooled their aircraft together without paying attention to which unit they came from, and flew off in two-ship elements composed of a designated spotter and “weaver” to provide escort.

The Navy Spitfires had to fly low to spot their targets—no higher than 6,000 feet, but often as low as 1,500 feet when bad weather decreased visibility. This put them well within range of light automatic flak guns, which shot down at least six of the Spitfires in the reconnaissance pool, including the aircraft of Lt. Richard Barclay.

However, the Navy aviators eluded German fighters on four separate occasions without loss, a result unlikely to have occurred if they had been stuck with their floatplanes!

VCS-7 flew around 200 sorties over the three weeks between the D-Day landings through the capture of the port of Cherbourg on July 26, which finally put German ground forces beyond the range of naval fire support. Its mission accomplished, VCS-7 disbanded and its pilots returned to serve aboard their respective ships.


ビデオを見る: גוונים של אש - תערוכת צילום שרון חלבי. אוצרת: אילנה כרמלי לנר. (かもしれません 2022).