面白い

宣戦布告[1812]-歴史

宣戦布告[1812]-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

それが制定されているかどうか。 、その戦争は、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国とその依存関係、およびアメリカ合衆国とその領土の間に存在することをここに宣言します。そして、合衆国大統領は、これにより、合衆国の全土地および海軍を使用して、それを実施し、合衆国の民間武装船に委員会または侯爵および一般報復の手紙を発行する権限を与えられている。彼が適切であると考えるような形で、そして合衆国の封印の下で、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国の政府の船舶、商品、および効果、およびその主題に対して。


宣戦布告

エラーを送信する前に、トラブルシューティングガイドを参照してください。

レポートは正常に送信されました。 PBSビデオの改善にご協力いただきありがとうございます。

1812年の戦争は、全米人文科学基金からの大規模な助成金によって可能になりました。民主主義には知恵が必要だからです。ウィルソン財団からの資金提供で…続きを読む

1812年の戦争は、全米人文科学基金からの大規模な助成金によって可能になりました。民主主義には知恵が必要だからです。ウィルソン財団ウォーレンとバーバラゴールドリングによって提供された資金で公共放送社:アメリカ人によって資金提供された民間企業。 Arthur Vining Davis Foundations:教育を通じてアメリカの未来を強化することに専念しています。フィルリンドとアネンバーグ財団。これらの資金提供者からの追加のサポートがあります。


歴史のこの日-1812年の戦争宣言

>

博物館ボランティアダイアナスタンリーによる投稿

1812年の戦争は、アメリカの歴史の中で忘れられがちなメモです。たとえ言及されたとしても、通常、英国がホワイトハウスを全焼させ、米国がカナダを征服しようとした(そして失敗した)ことを指摘するだけです。実際には、1812年のアメリカ人は戦争を理解し、支持していました。実際、彼らはそれが「無意味」とはほど遠いことに気づきました。


最初に、アメリカは、オハイオ州とミシガン州の現代の州を構成する北西部領土のために宣戦布告しました。イギリス人はパリ条約の土地に対する法的請求を放棄し、アメリカ独立戦争を終わらせました。それでも、新世界の彼らの砦は決してメッセージを受け取っていないようでした。実際、1812年6月18日に戦争が始まったときまでに、イギリス軍はまだそこにいました。アメリカ人はまた、イギリス人が入植者との戦いでアメリカインディアンの部族を助けていると思った。イギリス軍が北西部領土を占領している間、入植者たちはテカムセとその部族であるショーニー族と血なまぐさい戦争を繰り広げました。ショーニーはイギリス人のように、入植者がその地域に移動することを望んでいませんでした。

戦争の他の主要な火花は、アメリカの商船と船員の扱いでした。その時、イギリス人はアメリカの船に乗り込み、ランダムな船員を選び、彼らがイギリス市民ではないことを証明するよう要求した。彼らが失敗した場合(出生証明書を持っていたとしても、多くの人が出生証明書を海に持って行かなかったためにほとんどが失敗しました)、イギリス海軍の船員として働くためにイギリス軍は彼らを「プレスギャング」しました。 1807年から、イギリス軍は船の品物も押収し始めました。イギリス人がアメリカの船チェサピークに乗ることを許可することを拒否して3人のアメリカ人が死んだとき、緊張は高まりました。


カナダは1984年以来、大量破壊兵器を公式に維持および所持しておらず、1998年の時点で、それらの所持を拒否する条約に署名しています。カナダは1930年にジュネーブ議定書を批准し、1970年に核不拡散条約を批准しましたが、それでもアメリカの軍事プログラムへの貢献を制裁しています。

カナダは長い間、米国に最も近い同盟国の1つでしたが、これらの国々の関係は必ずしも友好的ではありませんでした。 1775年のアメリカのカナダ侵攻と1812年の米英戦争中の戦いの継続に加えて、カナダは他のいくつかの機会にアメリカの侵略に直面しました。


マディソン、議会、そして戦争への動き

1812年6月初旬、ジェームズ・マディソン大統領は議会にメッセージを送り、アメリカに対するイギリスの行動についての苦情をリストアップしました。マディソンはいくつかの問題を提起しました:

  • 印象
  • イギリスの軍艦によるアメリカの商取引への継続的な嫌がらせ
  • 枢密院勅令として知られる英国の法律は、ヨーロッパの港に向かうアメリカの船に対する封鎖を宣言しています
  • カナダのイギリス軍によって扇動されたと考えられている「私たちの広大なフロンティアの1つ」(カナダとの国境)に対する「野蛮人」(先住民など)による攻撃

当時、米国議会は、タカ派として知られる衆議院の若い議員の攻撃的な派閥によって運営されていました。

タカ派の指導者であるヘンリー・クレイ(1777–1852)は、ケンタッキー州の若い下院議員でした。クレイは、西側に住むアメリカ人の見解を代表して、イギリスとの戦争はアメリカの名声を回復するだけでなく、国に大きな利益、つまり領土の拡大をもたらすと信じていました。

西部のタカ派の公然と述べられた目標は、米国がカナダを侵略し、占領することでした。そして、深く誤解されているものの、達成するのは簡単であるという共通の信念がありました。 (戦争が始まると、カナダ国境に沿ったアメリカの行動はせいぜいイライラする傾向があり、アメリカ人はイギリスの領土を征服することに近づくことはありませんでした。)

1812年の戦争はしばしば「アメリカの独立戦争」と呼ばれ、その称号は適切です。若い米国政府は、英国にそれを尊重させることを決意しました。


1812年の戦争

1812年の戦争は、1812年から1815年まで米国と英国の間で戦いました。

戦争にはいくつかの原因がありました。 1700年代後半から1800年代初頭にかけて、イギリスはフランスと戦争をしていました。イギリスは熟練した船員の不足に直面し始めました。その海軍のためにより多くの男性を獲得するために、イギリスはアメリカと他の船を止めて、彼らから船員を感動させ始めました。英国はまた、米国の農民がフランスと取引するのを阻止しようとした。最後に、イギリスの兵士は、アメリカ独立戦争の終わりにパリ条約(1783)でこれらの兵士を排除するというイギリスの約束にもかかわらず、アメリカに属する領土を占領し続けました。兵士のほとんどは五大湖に沿って配置され、ショーニー族の指導者テカムセのようなネイティブアメリカンにアメリカ人入植者との闘いを支援しました。 1812年、ジェームズマディソン大統領は、米国議会に宣戦布告を求めました。

戦争の最初の主要な戦いは1813年に起こりました。米国は1812年にカナダを侵略することを望んでいました、しかしイギリスの兵士は首尾よく攻撃を拒絶しました。しかし、翌年、アメリカはいくつかの重要な勝利を収めました。エリー湖の戦いでのオリバーハザードペリーの成功は、米国にその五大湖の支配権を与えました。テムズの戦いで、ウィリアム・ヘンリー・ハリソン将軍は、ヘンリー・プロクター大佐とテカムセが率いるイギリスとネイティブアメリカンの合同部隊を打ち負かした。テカムセは戦いで亡くなりました。 1814年、シャンプレーン湖の戦いで海軍が大勝利を収めたにもかかわらず、戦争はアメリカ人に逆らいました。イギリス軍がワシントンD.C.を短期間占領し、拘束しました。イギリス軍が都市を避難させる前に、彼らはホワイトハウスを含むいくつかの建物に火を放った。 1814年後半までに、アメリカ人とイギリス人の両方が戦争を終結させる準備ができていました。双方は1814年12月24日にゲント条約に署名しました。平和条約のニュースがアメリカに届く前に、最後の戦いであるニューオーリンズの戦いが1815年1月に起こりました。

ほとんどのオハイオ人はアメリカの戦争努力を積極的に支持しました。アメリカ独立戦争後もアメリカの地に残ったイギリス兵の何人かは、オハイオ州西部のエリー湖沿いにいた。これらのイギリス兵はまた、ネイティブアメリカンと銃を交換し、ネイティブアメリカンが白人アメリカ人の西方への前進に抵抗するのを助けました。 1812年の米英戦争での米国の勝利は、ネイティブアメリカンに対する英国の支援を終わらせ、白人オハイオ人に対するネイティブの脅威を事実上終わらせ、これらのアメリカ人がさらなる反対なしにオハイオを完全に解決することを可能にしました。


ヒトラーが米国に宣戦布告した理由

真珠湾攻撃のニュースがドイツに届いたとき、そのリーダーシップはソビエト連邦との戦争の危機に吸収されました。 1941年12月1日、東部戦線の南端でドイツ軍に与えられた赤軍の深刻な敗北の後、アドルフヒトラーは、翌日そこで戦った軍集団の指揮官である陸軍元帥ゲルトフォンルンドシュテットを救済しました。ヒトラーは、ウクライナ南部の軍集団本部に飛んだ。 12月3日遅く、彼は東プロイセンの本部に戻ったが、さらに悪いニュースがあった。ロシア戦線の北端にあるドイツ軍集団も赤軍の反撃によって押し戻されていた。何よりも不吉なのは、中央のモスクワに対するドイツ軍の攻撃は、それ自体を使い果たしただけでなく、ソビエトの反撃に圧倒される危険にさらされていたということです。ヒトラーと彼の将軍は、前線全体での敗北の程度をまだ認識していなかったが、ドイツ軍の攻撃作戦の一時的な停止として彼らの逆転を見た。

ドイツの指導者たちが日本の真珠湾攻撃のニュースを受け取ったとき、現実は沈み始めたばかりでした。ヒトラーは12月8日の夕方、前日の攻撃について聞いてから数時間以内に、ドイツ海軍がアメリカの船と、アメリカとの連帯を宣言した中南米諸国の船を沈めるように命じました。その夜も、彼は電車で東プロイセンを出てベルリンに向かったが、12月11日に会うためにドイツ議会の議員である国会議事堂に召喚状を送る前ではなく、正式なセッションで全体に放送された。国、米国との戦争を宣言します。

ドイツがすでに東部戦線で深刻な状況に直面しているときに、なぜこの別の大国との戦争への熱意があるのでしょうか。ヒトラーがモスクワを奪取できなかったことに対する不合理な反応であると主張する人もいれば、ヒトラーのイニシアチブが捕らえられたという事実ともっと関係があったときに、ヒトラーの側に消極的だったために数日の遅れを引き起こしたと主張する人もいます。ドイツ人は驚いたことに、ヒトラーが以前のすべての戦争宣言で、侵略された国のドイツに対する賛成または反対の政策にほとんど注意を払っていなかったにもかかわらず、ドイツが最終的にイギリスを支援するというアメリカの政策に反応したと想像している。ドイツが見たイデオロギー的考察と戦略的優先順位は常により重要でした。最新の事件は、1941年6月22日のドイツ攻撃の数分前までドイツに重要な物資を供給していたソビエト連邦の事件でした。

現実には、米国との戦争はヒトラーの議題に何年も含まれており、彼は一度に、そして状況下で、彼自身が選択した敵対行為を開始したかったという理由だけで敵対行為を延期し、日本の攻撃は彼の要件に正確に適合しました。 1920年代以降、ドイツはある時点で米国と戦うというのがヒトラーの想定でした。すでに1928年の夏に、彼は2冊目の本で主張していました(1961年に私が彼のためにそれを行うまで出版されませんでした。 ヒトラー第二の書簡)ドイツを強化し、米国との戦争に備えることは、国家社会主義運動の課題の1つでした。彼のドイツの将来への目標は無制限の拡大を伴い、米国はいつかドイツの世界支配への挑戦を構成するかもしれないと彼が考えたため、米国との戦争は長い間彼が想像した未来の一部でした。それは彼自身の支配の間に、または彼の後継者の支配の間に来るでしょう。

1939年以前の彼の首相の数年間、米国との戦争のプロジェクトを実施するために設計されたドイツの政策は、2つの要因によって条件付けられていました。他方でアメリカの軍事力を従事させることの実際的な問題。前者は、ドイツが第一次世界大戦を前線で敗北するのではなく、国内で崩壊したために敗北したという広く知られた信念であり、自動的に非常に重要な逆をもたらし、一般的に無視されてきました。後ろから刺された人に与えられた信憑性が高ければ高いほど、その紛争における米国の軍事的役割は無視できるように思われた。ヒトラーやドイツの他の多くの人々にとって、アメリカの参加が1918年に西側の勢力を維持し、勝利に向けて動くことを可能にしたという考えは、その年の出来事の合理的な説明ではなく、代わりに伝説でした。

ナショナリストの陶酔感に気づかなかったドイツ人だけが、アメリカ軍が過去に重要な役割を果たした、または将来そうするだろうと信じることができました。ナチズムが保証する堅実なドイツの銃後は、次回の敗北を妨げる可能性があります。アメリカとの戦いの問題は、本質的に弱く分裂したアメリカ人が効果的な戦闘力を生み出し、守備し、支援できるということではありませんでした。むしろ、それは、介在する海が大規模なアメリカ艦隊によって封鎖される可能性があるということでした。

ケープコッドに上陸することとロングアイランドに上陸することの相対的なメリットについて議論が実際に議論された1914年以前のドイツ海軍とは異なり、1930年代のドイツ政府はより実際的なアプローチを取りました。空軍の増強に重点を置いて、1937年と1938年にMe 264となる仕様が発行され、すぐに政府内で「アメリカ爆撃機」または「ニューヨーク爆撃機」と呼ばれました。 #8221&#8220アメリカ爆撃機&#8221は、5トンの爆弾をニューヨークに、またはそれより少ない爆弾を中西部に運ぶか、西海岸上空で偵察任務を飛行し、中間で給油せずにドイツに戻ることができます。基地。いくつかのタイプとモデルが実験され、最初のプロトタイプは1940年12月に飛行しましたが、それらのどれも予備モデルを超えて進歩しませんでした。

代わりに、ヒトラーと彼の顧問は、西部への距離を短くするために、アフリカ北西部の海岸、およびアフリカ沿岸のスペインとポルトガルの島々にドイツ空軍の基地を取得するという概念にこれまで以上に集中するようになりました半球。ヒトラーはまた、彼の海軍顧問や日本の外交官とアゾレス諸島からの米国の爆撃について話し合ったが、それらの話し合いは1940年と1941年まで行われなかった。その間、戦前の計画はその焦点を海軍問題に移した。

日本人と同様に、1930年代のドイツ人は、わずかな協議なしに膨張主義の野心を促進するためにアメリカ海軍にどのように対処するかという問題に直面し、お互いのプロジェクトを完全かつ意図的に無知にして、2つの政府はまったく同じ結論。両国では、アメリカの量を質で打ち負かし、超戦艦を建造することを決定しました。超戦艦は、はるかに大きなサイズではるかに重い兵器を搭載でき、より長い距離で発砲できるため、敵の射程でアメリカの戦艦を破壊することができます。 #8217sの銃は一致しませんでした。

日本人はこのような4隻の超戦艦を秘密裏に建造し始めました。ドイツ軍は6隻の超戦艦を建造することを望んでおり、1939年の初めに計画が練られ、4月と5月にキールが敷設されました。これらの56,200トンのモンスターは、ノースカロライナ級の新しい米国戦艦だけでなく、後継のアイオワ級もも凌駕するでしょう。

米国との戦争が実際にどのように行われるかについての正確な詳細は、ヒトラーまたは彼の仲間が多大な注意を払った主題ではありませんでした。時が来たとき、何かが常に解決されることができました、それは成功のための前提条件を準備することがより重要でした。

第二次世界大戦が1939年9月に始まったとき、スーパー戦艦を含む、まだ完成に近づいていない外洋海軍の部分での作業は終了しました。戦争の差し迫った緊急事態は、近い将来に終わらせることができなかったプロジェクトよりも優先されました。しかし、ほぼ即座に、ドイツ海軍は米国を戦争に巻き込むための措置を促した。海軍の最高司令官であるエーリヒ・レーダー提督は、米国との戦争に行くのを待ちきれませんでした。彼は、完全潜水艦作戦に起因するアメリカを含む商船の沈没の増加が、海軍のドイツがまだ敗北できなかったイギリスに大きな影響を与えることを望んでいた。しかし、ヒトラーは控えた。彼が見たように、ドイツにまだ主要な海軍がなく、それを運用するための基地がなかったときに、Uボートの沈没がわずかに増加したポイントは何でしたか?

1940年の春は、両方の欠陥を改善する機会を提供するように見えました。 4月のノルウェーの征服は、すぐに2つの関連する決定をもたらしました。1つは、ノルウェーが第3帝国に組み込まれること、もう1つは、ドイツの新しい海軍の主要な恒久的基地が、トロンハイムのノルウェー(現在はドイツ)の海岸に建設されることです。さらに、そこには完全にドイツの大都市が建設され、複合施設全体が特別な道路、橋、鉄道でドイツ本土に直接接続されます。この巨大なプロジェクトの作業は1943年の春まで続けられました。

ノルウェーの征服直後のネーデルラントとフランスの征服は、さらなる展望を開くように見えました。ヒトラーと彼の仲間の目には、西側での戦争は終わり、彼らは次の目的に向かうことができた。ソビエト連邦の侵略を意味する陸上では、ヒトラーが1940年の秋に完了することを当初望んでいた単純な作業でした。海上では、米国との戦争の問題に取り組むことができることを意味しました。

1940年7月11日、ヒトラーは海軍建設計画の再開を命じました。スーパー戦艦は、他の何百もの軍艦と一緒に建造できるようになりました。そのプログラムが進んでいる間、ドイツ人はトロンハイムに海軍基地を建設し、大西洋岸のフランス海軍基地を引き継ぐだけでなく、ドイツがフランスと同じようにスペインを支配できれば、ジブラルタル海峡への陸路接続を推進するでしょう。 。そうすれば、フランスとスペインの北西アフリカ、そして大西洋のスペインとポルトガルの島々で空軍基地と海軍基地を簡単に取得して開発することができます。米国との戦争では、彼らは新しい艦隊と長距離飛行のための以前の贅沢な仕様をまだ満たしていない飛行機のための完璧な前進基地になるでしょう。

これらのバラ色の見通しはうまくいきませんでした。フランシスコ・フランコがドイツ側で戦争に参加することへの熱意が何であれ、ベルリンで彼の友人を支援する意欲が何であれ、スペインの独裁者は、スペインの主権を他の誰にも譲ろうとしなかった国民主義者でした。スペインによっても、彼がアクシスに参加したことに対する報酬として受け取ることを期待していたフランスとイギリスの領土でも。 1940年のドイツの指導部が、アフリカ北西部の沿岸と沖合にあるドイツが支配する基地への期待をあきらめるのではなく、対等な戦闘パートナーとしてのスペインの参加を犠牲にすることをいとわなかったという事実は、彼らが優先順位を示していることを示しています。米国との戦争の概念に割り当てられました。フランコのスペインの基地の使用の申し出は彼らにとって十分ではありませんでした:ドイツの主権は彼らが彼らの計画が必要であると信じていたものでした。スペインの外相が1940年9月にベルリンに行ったとき、そしてヒトラーとフランコが10月にフランスとスペインの国境で会ったとき、戦争の将来のパートナー間の根本的な亀裂を引き起こしたのは主権問題でした。

しかし、とらえどころのないことが証明されたのは基地だけではありませんでした。ソビエト連邦との戦争の準備が1940年の晩秋に必要な兵器資源の別の再配分をしたので、外洋海軍の建設は再び中止されました。ヒトラーはもう一度、アメリカとの戦争に対するドイツ海軍の熱意を抑えなければなりませんでした。海軍は、第二次世界大戦では、第一次世界大戦と同様に、英国を打ち負かす方法は、たとえそれが米国を紛争に巻き込むことを意味したとしても、無制限潜水艦戦にあると信じていた。しかし、ヒトラーは、前回失敗したことがうまくいくかどうか疑問でした。彼は、爆撃やおそらく侵略など、英国に対処するための他のアイデアを持っていました。アメリカとの戦いに関しては、彼は大きな海軍がなければそうすることができないことを認識していました。日本が登場したのはこの時点でした。

ドイツ人は長い間、西側諸国との戦争をソビエト連邦の容易な征服の主要かつ最も困難な前提条件と見なしていたので、そして東アジアにおける日本の野心がイギリス、フランス、アメリカと衝突したように見えたのでベルリンは何年もの間、西側に向けられた同盟への日本の参加を達成しようとしてきました。東京の当局は一般的にドイツと協力して喜んでいましたが、日本政府の主要な要素は英国とフランスとの戦いに消極的でした。ソビエト連邦との戦争を好む人もいれば、米国との戦争を心配する人もいれば、英国とフランスとの戦争の結果である可能性が高いと考えた人もいれば、中国との戦争を最初に解決するのが最善だと考えた人もいれば、これらのビューの組み合わせ。

いずれにせよ、積極的に西側に反対する同盟に日本を結びつけるためのすべてのドイツの努力は失敗した。この失敗に対するドイツの反応、つまり1939年にソビエト連邦と不可侵条約に署名したことは、日本で親友の何人かを疎外するのに役立っただけであり、その後、それぞれの国境でソビエト連邦との公然たる敵対行為に従事しました。満州国とモンゴルの東アジアの傀儡政権。

東京の見解では、翌年のオランダとフランスの敗北、そしてイギリスが故郷の島々の防衛に集中する必要性は、東南アジアの植民地帝国を容易な征服に開放したように見えた。ベルリンの観点からは、同じ素敵な見通しが日本人の前にありましたが、最大の略奪の一般的な原因への軍事的貢献なしに、これらすべてを彼らに持たせる理由はありませんでした。その貢献は、イギリスがフランスとオランダに続いて敗北する前に、東南アジア、特にシンガポールの大英帝国に襲い掛かることにあるでしょう。さらに、それは一気に米国にどう対処するかという問題を解決するでしょう。

短期的には、日本の戦争への参加は、アメリカの注意と資源を大西洋から太平洋にそらすだろう。長期的には、そしてさらに重要なことに、アクシスは巨大で効果的な海軍を獲得するでしょう。米国が1つの海にかろうじて十分な海軍を持っていたとき、パナマ運河はその海軍を太平洋から大西洋に、そしてその逆に移動することを可能にしました。これは、1940年7月に議会によって承認された両洋艦隊に対するアメリカの願望の背後にある基本的な懸念でした。その両洋艦隊が完成するまでには何年もかかるため、アメリカの主要な関与が太平洋戦争は大西洋での英国の実質的な支援を不可能にするでしょう。さらに、それは明らかにどの海のアメリカの軍艦が沈められたかに違いはありませんでした。

その間、ドイツにとって、独自の海軍を建設することの明白な代替案は、すでに海軍を持っている同盟国を見つけることでした。ドイツ人は、1940年から41年の日本海軍が世界で最強かつ最高であったと信じていました(そしてこの評価が正しかった可能性は十分にあります)。この期待の枠組みの中で、ドイツ人が1941年に従った、米国に対する好奇心が強く、明らかに自己矛盾した政策をおそらくより簡単に理解できるでしょう。

一方で、ヒトラーは、米国をドイツとの戦争に時期尚早に持ち込む可能性のある大西洋での事件を回避するために、ドイツ海軍の拘束を繰り返し命じました。ヒトラーは、アメリカ人がイギリスを支援するという彼らの政策においてどのような措置を講じたとしても、適切な時期を考えるまで、これらをアメリカとの戦争に行く口実としてとらえませんでした。ソビエトのドイツへの援助が同時に大幅に増加したことよりも、米国はその国との戦争に行くという彼の決定に影響を与えました。

一方、彼は、米国との戦争が英国との戦争の本質的な部分であると彼らが信じるならば、ドイツがそのような紛争に参加するであろうと日本人に繰り返し約束した。ヒトラーは、松岡洋右外相が1941年4月初旬にドイツを訪問した際に、個人的にこの誓約を行い、その後も何度も繰り返された。ドイツの指導者の考え方の中心であり、すぐにドイツ政府で一般的に理解されるようになったものを念頭に置くと、明らかな矛盾は簡単に解決されます。したがって、独自の外洋海軍は、アメリカ人との敵対行為を延期することが理にかなっています。しかし、日本がドイツ側で戦争に巻き込まれた場合、その問題は自動的に解決されるでしょう。

このアプローチはまた、ドイツ人がシーケンスにこだわっていなかった理由を理解しやすくします。日本が1941年の春または夏に戦争に行くことを決定した場合、ドイツがソビエト連邦に侵攻する前であっても、それは問題ありません。ドイツしかし、春と夏の日米交渉が何らかの合意につながる可能性があると思われたとき、ドイツ人はそれらの交渉を強打しようと懸命に努力した。一つの方法は、いわば裏口から日本を戦争に引き込むことでした。ドイツ人が東部戦線が迅速で勝利の決議に向かっていることをまだ確信していたとき、彼らは日本軍にソビエト連邦を攻撃するように説得しようとしましたが、失敗しました。

1941年の夏、日本人はドイツ人に躊躇しているように見えましたが、ソビエト連邦でのドイツのキャンペーンは完全に進んでいるように見えました。ドイツの最初のそして最も即時の反応は、海軍建設のプログラムへの復帰でした。 1930年代と1940年代の兵器技術では、大型の軍艦が注文から完成までのリードタイムが最も長いシステムでした。ドイツの指導者たちはこれを完全に認識しており、その影響に非常に敏感でした。機会がそこにあるように見えるときはいつでも、彼らは最初に海軍建設プログラムに目を向けました。しかし、再び1941年に1940年と同様に、直接の敵に対する迅速な勝利の見通しは見えなくなり、再び大きな軍艦での作業を中止しなければなりませんでした。 (しかし、ドイツ人は、自慢の組織にもかかわらず、1944年6月にエンジン契約をキャンセルできず、4隻の役に立たない戦艦エンジンを提供されました。)戦艦の建設を中止したことは、日本が動くという希望と、その熱意を強調するだけでした。そのような行動は迎えられるでしょう。

ドイツ人が他国を攻撃する彼らの計画を日本人に知らせなかったのと同じように、日本人はドイツ人を暗闇に置いた。東京が引っ越す準備ができたとき、彼らが繰り返し主張したように、彼らが米国との戦争に進んで進んでいることを確認するためにドイツ人(そしてイタリア人)に確認するだけでした。 11月下旬と12月初旬に、ドイツ人は日本人に心配することは何もないと安心させた。ドイツはイタリアと同様に、日本が急落したことを条件に、米国との戦争に熱心でした。

ドイツの米国に対する宣戦布告が他国との戦争に行く際の彼女の手続きと異なる2つの方法がありました:タイミングと内部の反対の欠如です。他のすべての場合において、戦争のタイミングは本質的にドイツ自身の手に委ねられていました。これで、日付は、準備ができたときに移動した味方によって選択され、事前にドイツ人に通知することはありませんでした。ヒトラーが4月に日本の外務大臣と会ったとき、彼はまた、東京が最後に彼に確認したとき、日本が何ヶ月もディザリングすることを知りませんでした。

その結果、ヒトラーは真珠湾攻撃の時に町から追い出され、ベルリンに戻って宣戦布告するために国会議事堂を召喚しなければなりませんでした。彼の大きな心配事、そして彼の外務大臣ヨアヒム・フォン・リッベントロップの心配事は、アメリカ人が彼自身の前に宣戦布告を得るかもしれないということでした。リッベントロップが説明したように、&#8220大国は、他人への宣戦布告時に宣戦布告することを許可していません。&#8221

しかし、敵対行為がすぐに始まることを確認するために、ヒトラーは、宣言の正式な前でさえ、1939年10月以来、ひもにつないで、すぐにアメリカの船を沈め始めるように彼の海軍にすでに命令を出していました。ドイツは大きな海軍を横に置いていたので、1時間も待つ必要はありませんでした。平時の日曜日の朝の攻撃で、ドイツがその年の初めにユーゴスラビアへの攻撃を開始した方法で日本人が敵対行為を開始したという事実は、日本がどれほど喜んで適切な同盟国であるかを示した。アメリカ海軍は今や太平洋で破壊され、したがってイギリスを支援することができなくなり、アメリカ軍と物資はその劇場にも転用されるでしょう。

このドイツの宣戦布告がそれ以前のほとんどの宣戦布告と異なった第2の方法は、国内での反対がなかったことでした。かつては全会一致の国会議事堂の熱狂的な拍手が、1938年に最後に選出されたドイツ議会は、全会一致の政府と軍のリーダーシップを反映していました。第一次世界大戦では、ドイツは前線で敗北していなかったが、大西洋全体からのウッドロウ・ウィルソンのサイレンの歌に惑わされた銃後の崩壊に屈したため、新たな刺し傷の危険はないということが合意された。後ろに。自宅の政権の反対者は沈黙していた。その想像上のユダヤ人の敵はすでに虐殺されており、1941年12月11日のヒトラーの演説の時までに数十万人が殺されました。ドイツは強力な日本海軍を擁していたので、勝利は確実であると考えられました。

半世紀の観点から、ドイツ人にとって真珠湾の追加の意図しない結果を見ることができます。それは彼らが最も確実に敗北することを意味しただけではありません。それはまた、彼らに対する活発な連合が、米国と英国、その領土、自由フランス、亡命政府、およびソビエト連邦を含むことを意味しました。 Aid without U.S. participation, there could have been no massive invasion of northwest Europe the Red Army eventually might have reached the English Channel and the Atlantic, overrunning all Germany in the process. If the Germans today enjoy both their freedom and their unity in a country aligned and allied with what their leaders of 1941 considered the degenerate Western democracies, they owe it in part to the disastrous cupidity and stupidity of the Japanese attack on Pearl Harbor. MHQ

GERHARD L. WEINBERG is a professor of history at the University of North Carolina, Chapel Hill. His next book is a general history of World War II, to be published by Princeton University Press.

This article originally appeared in the Spring 1992 issue (Vol. 4, No. 3) of MHQ—The Quarterly Journal of Military History with the headline: Why Hitler Declared War on the United States.

Want to have the lavishly illustrated, premium-quality print edition of MHQ delivered directly to you four times a year? Subscribe now at special savings!


VI。 The Treaty of Ghent and beyond

In April 1813, Russia offered to mediate a peace agreement. The Madison administration was quick to accept the offer, as U.S. gains were expected in Canada. A three-person commission was chosen and instructed to pursue the transfer of Upper Canada to the U.S. The commissioners arrived in St. Petersburg on July 21, 1813. The British government, however, decided to forego the Russian offer and proposed direct negotiations instead, although it was in no hurry to get started. On January 28, 1814, the Madison administration reconstituted the commission to include John Quincy Adams, James A. Bayard, Jonathan Russell, Henry Clay, and Albert Gallatin, and issued new instructions. According to the Canadian historian Patrick C. T. White, “These instructions might be considered the product of an overvaulting ambition.” The American instructions included demands for the abolition of the practice of impressments, reparation payments for impressed Americans, payments for the destruction of American private property, and either the return of slaves taken by the British or payments for them. Most importantly, the delegation was to work for “the cession of Canada.” The latter was needed, according to Secretary of State James Monroe, in order to avoid a future war over control of the Great Lakes, and secondly, in order to end British support for hostile Indian tribes on the frontier. White comments:

As so often in the past, the United States had asked for terms which neither her power nor situation justified. And again, as so often in the past, she hoped that the skill of her negotiators would gloss over the weakness of her case. But America was bound to be disappointed. Only one or two conditions would give American aspirations substance and hope. Either Britain would have to be soundly defeated in Canada, or she would have to be desperately engaged in Europe. Neither of these conditions existed. [129]

By June 1814, the military situation on the ground had shifted in favor of Great Britain. Recognizing this, the Madison administration ordered its commissioners to abandon the issue of impressments and to concentrate on retaining American territory and fishing rights in the Atlantic. The issue of impressments had lost its salience, as the end of the war in Europe meant that Great Britain no longer needed to impress sailors from American ships. At the first meeting in Ghent on August 9, 1814, the British delegation, consisting of Henry Goulburn, Baron Gambier, and William Adams, took the diplomatic offensive. Its first priority was to secure Canada. According to Troy Bickham, “The theme of the British Empire standing up to the bullying American ‘aggrandizers’ was the central pillar of the British position for the first three months of the negotiations.” In a series of formal letter exchanges in September, the British delegation accused the U.S. of extending its empire by the “progressive occupation of the Indian territories, by the acquisition of Louisiana, by the more recent attempts to wrest by force of arms from a nation in amity the two Floridas, and lastly by the avowed intentions of permanently annexing the Canadas to the United States.” Had the U.S. invasion of Canada succeeded, the British delegates asked rhetorically, “is there any person who doubts that they [U.S. leaders] would have availed themselves of their situation to obtain on the side of Canada important cessions of Territory, if not the entire abandonment of that Country by Great Britain?” [130]

One means of bolstering the security of Canada was to establish a permanent, internationally recognized Indian Territory in the American northwest. The British delegation pressed for the cession of some 250,000 square miles of American territory (in the present states of Indiana, Illinois, Michigan, Wisconsin, and parts of Ohio) for this purpose. The British controlled most of Michigan and all of Wisconsin at the end of the war. The thinking behind the aggressive proposal was that the British had been far too generous in the peace treaty of 1783, allowing the U.S. to establish political sovereignty over a territory it had neither won on the battlefield nor settled, and that the First Nations that had defended Canada in its hour of need deserved a protected homeland. The American delegation was shocked at the proposal and almost walked out. The delegates subsequently abandoned their pursuit of Canadian territory and focused on retaining American territory.

A 1914 painting illustraties the signing of the Treaty of Ghent, Dec. 24, 1814

In the end, the British delegation withdrew its proposal for an Indian homeland and settled for the restoration of Indian lands taken since 1811. Although this did little to stop continuing American encroachment and land-grabbing, it allowed the British to save face with their Indian allies. The two parties agreed to the principle of the status quo ante bellum – each side retaining the lands it held before the war. Boundary disputes, fishing privileges, navigation of the Mississippi River, and naval forces on the Great Lakes were left to joint commissions and future negotiations. “The new treaty,” writes White, “simply provided for the cessation of hostilities and the establishment of mixed commissions to settle certain boundary disputes.”

Remembering the War of 1812

The Democratic Republicans were as intent on maintaining their “honor” at the war’s conclusion as they were at its outset, and thus they extolled the treaty as a great success. “The terms of the treaty are yet unknown to us,” said Representative Charles Ingersoll of Pennsylvania. “But the victory at Orleans has rendered them glorious and honorable, be they what they may. 。 。 。 Who is not proud to feel himself an American – our wrongs revenged – our rights recognized.” So began the intentional forgetting of causes and nature of the war. “The myth of American victory continued to grow,” writes Donald Hickey, “so that by 1816 Niles’ Register could unabashedly claim that ‘we did virtually dictate the treaty of Ghent.’” Several months later, Representative Henry Southard of New Jersey spoke of the “glorious achievements of the late war . 。 。 and the Treaty of Ghent has secured our liberties, and established our national independence, and placed this nation on high and honorable ground.” Hickey comments:

As the years slipped by, most people forgot the causes of the war. They forgot the defeats on land and sea and lost sight of how close the nation had come to military and financial collapse. According to the emerging myth, the United States had won the war as well as the peace. Thus the War of 1812 passed into [American] history not as a futile and costly struggle in which the United States had barely escaped dismemberment and disunion, but as a glorious triumph in which the nation had single-handedly defeated the conqueror of Napoleon and the Mistress of the Seas. [132]

A rare marker commemorating soldiers who died in camp (Buffalo and Erie County Historical Society, 2000)

The Federalist view of the War of 1812 as wrong-headed and dishonorable was drowned out amidst the paeans to American righteousness and glory. So, too, were Canadian and British views, and facts and experiences that ran counter to the popular American myth. One Federalist complained that the suffering and losses caused by the war “are carefully concealed,” while a treaty that merely re-established peace and nothing else “is represented as glorious.” Hickey identifies as the number one American myth the notion that the “War of 1812 was a second American war of independence.”

This hearty perennial was first articulated by Republicans at the beginning of the conflict and has been repeated by countless historians ever since. It is not true. None of the British policies that precipitated the war actually threatened American independence, nor was American independence ever at stake in the war itself. British policies that led to the war were a direct outgrowth of the Napoleonic Wars and would cease when that war ended. At no time after 1783 did the British have any real designs on American independence or was American independence in any real jeopardy. Although the War of 1812 was not an American war of independence, it was a war of independence for people living in Canada and for Indians living on both sides of the border. 。 。 。 Since Great Britain’s independence was at stake in the Napoleonic Wars, one might argue that the United States was the only belligerent on either side of the Atlantic in the War of 1812 that had nothing to fear for its independence. [133]

Statue of Gen. Andrew Jackson in New Orleans

The American heroic account helped propel two military generals to the presidency – Andrew Jackson in 1829 and William Henry Harrison in 1841. More broadly, it exonerated the United States from any wrongdoing in its invasion of Canada and set the stage for future aggressive expansionism. As Donald Hickey writes, “American military victories during the war encouraged an aggressive territorial expansion that later generations would call manifest destiny.” Troy Bickham comments, “Rather than humbling the United States, the war helped to create a nation that was far more powerful and resolute in its expansionist plans.” [134] With regard to Great Britain and Canada, however, U.S. leaders pursued a more cautious path, recognizing the limits of American power. Canada was henceforth excluded from U.S. expansionist designs, which in turn allowed for a stable peace. In 1817, the two nations signed the Rush-Bagot Agreement, which limited warships on the Great Lakes. Treaties resolving boundary disputes were signed in 1818, 1842, and 1846. Trade issues remained contentious, but no one suggested war. According to J. C. A. Stagg:

After the war, Americans, as they had in 1783, sought unrestricted access to the [British West Indies] islands, but Great Britain refused to grant it. Congress retaliated, in 1817 and 1818, with two navigation acts, the first excluding British colonial imports into the United States unless they were carried in American bottoms, and the second prohibiting both exports to and imports from all British colonial possessions closed to American shipping. 。 。 。 The quarrel lasted until 1830, when Andrew Jackson ended it – and on terms that favored Americans more than they did Britons or Canadians. As these developments played out, the armistice of Ghent was gradually transformed into a permanent peace. [135]

A Fort York Museum display recounts the American attack and pillage of York (photo by author click to enlarge)

For Canadians, the War of 1812 was most significant, as it drew Canadians together in common defense, established national heroes, and strengthened ties with Great Britain (Canada peacefully gained independence in 1867). Popular history in Canada tends to exaggerate the national unity sparked by the War of 1812, but, unlike its American counterpart, it has the basic story right: Canada successfully resisted foreign subjugation. The Canadian historian Carl Benn served as curator of the Fort York museum from 1985 to 1998, and regularly inquired of his visitors what they knew about the War of 1812:

One thing we asked them was, “What was the most surprising thing you learned today?” From the large number of replies by our guests from the United States, far and away the most common response was, “I never knew we invaded Canada” (with that particular phrase, word-for-word, appearing most often). A little bit of probing revealed that the War of 1812 for most of them comprised the attacks on Washington and Baltimore, the Battle of New Orleans, a select grouping of frigate actions, fought in their minds in a war to protect American rights on the high seas or even to prevent the British from reconquering the United States. This suggest that the interpretations that Americans favored at the return of peace in 1815 remain strong today. Canadian visitors, in contrast, knew about the invasions across the border . 。 。 At the same time, our conversations with visitors told us that Canadians tend to know few details and occasionally thought some odd things, with a number of them believing that the burning of the White House in 1814 had been carried out by Canadians who somehow marched overland from British North America.

Benn draws from these conversations an important lesson about the uses of history: “Obviously much needs to be done to correct common misconceptions, enrich understanding, enlarge the range of subjects and horizons addressed by studying the war, and curtail the misuse of history that only achieves simpleminded patriotic reactions that are sadly subversive to encouraging civic maturity and critical engagement among a nation’s citizens.” [136]

Historical Perspective

At the heart of this viewpoint is the assumption that the most important concern in history is who holds power – who wins and loses it – rather than どうやって that power is gained, morally speaking, and whether it is used for good or ill. More nationalistic versions of this line of thinking simply conflate national power and goodness, such that questions of right and wrong are categorically excluded. The formula is simple: Americans are a good people, with democratic and free institutions, and thus their foreign policies must be good and their wars must be defensive and necessary. To question the legitimacy of the War of 1812 is to challenge this nationalistic bias, and ultimately to invite critical questioning of the whole of U.S. foreign policy.

ENDNOTES

[1] President James Madison, “Special Message to Congress on the Treaty of Ghent (February 18, 1815),” http://millercenter.org/president/madison/speeches/speech-3627.

[2] Robert P. Watson, America’s First Crisis: The War of 1812 (Albany: State University of New York, 2014), p. 353. Similarly, Walter R. Borneman, in The War that Forged a Nation (New York: HarperCollins, 2004), writes: “During the War of 1812, the United States would cast aside its cloak of colonial adolescence and – with more than a few bumbles along the way – stumble forth onto the world stage. After the War of 1812, there was no longer any doubt that the United States of America was a national force to be reckoned with” (p. 3).

[3] Charles DeBenedetti, The Peace Reform in American History (Bloomington: Indiana University Press, 1980), p. 28。

[4] Donald Hickey, “An American Perspective on the War of 1812,” Public Broadcasting Service, www.pbs.org/wned/war-of-1812/essays/american-perspective.

[5] Canadian histories of the war include James Hannay, History of the War of 1812 (Toronto: Morang & co., limited, 1905), and Carl Benn, The War of 1812 (Oxford, England: Osprey Publishing, 2002). In 2012, the 200th anniversary of the War of 1812, the Canadian government issued a number of coins honoring key events and heroic individuals: a two dollar coin celebrating the bloody victory of the British frigate HMS Shannon in capturing the American frigate USS Chesapeake outside Boston harbor in 1813 (60 Americans were killed) a quarter dollar coin honoring heroine Laura Secord, who warned British troops and their native allies of approaching Americans and other quarter dollar coins honoring Shawnee chief Tecumseh, who led native warriors in the fight to capture Fort Detroit from the Americans, British General Sir Isaac Brock, who died leading the charge to repulse American invaders, and Charles-Michel de Salaberry, who organized and led French volunteers to defend Montreal from the Americans.

[6] Jon Latimer, 1812: War with America (London: Belknap Press, 2007), p. 4.4。

[7] See, for example, Andrew Lambert, The Challenge: Britain Against America in the Naval War of 1812 (London: Faber and Faber, 2012) and Brian Arthur, How Britain Won the War of 1812: The Royal Navy’s Blockades of the United States, 1812-1815 (Woodbridge, Suffolk, UK: The Boydell Press, 2011).

[8] See, for example, Donald Fixico, “A Native Nations Perspective on the War of 1812,” http://www.pbs.org/wned/war-of-1812/essays/native-nations-perspective “Turning Point: The War of 1812 from the Native American Perspective,” http://www.harborspringshistory.org/images/downloads/HSAHS_Turning_Point_booklet_WEB.pdf and “Aboriginal Contributions to the War of 1812,” Aboriginal Affairs and Northern Development Canada https://www.aadnc-aandc.gc.ca/eng/1338906261900/1338906300039.

[9] The United Nations Charter bans national aggression but allows for national and collective defense “until the Security Council has taken measures necessary to maintain international peace and security.” Charter of the United Nations, http://www.un.org/en/documents/charter. This prohibition against military aggression is also affirmed in the Charter of the Organization of American States.

[11] Paul A. Gilje, “’Free Trade and Sailors’ Rights’: The Rhetoric of the War of 1812,” Journal of the Early Republic、Vol。 30, No. 1 (Spring 2010), p. 7。

[12] Carl Benn, The War of 1812、 NS。 19. The classic study of expansionist motives is Julius W. Pratt’s Expansionists of 1812 (New York: Macmillan Company, 1925), which documents expansionist rhetoric but without discounting the importance of maritime grievances against Great Britain. His study has been criticized by other U.S. historians, notably Bradford Perkins and Donald Hickey, who assert that maritime issues impelled the U.S. to war, expansionist rhetoric notwithstanding. The argument is probably impossible to resolve as it involves determining a collective motivation, which is an abstraction. In reality, different parties had different interests and their views changed over time in response to new developments. The policies of the U.S. government reflected this mix of interests and views in proportion to the political clout each carried.

[13] J. C. A. Stagg, in The War of 1812: Conflict for a Continent (New York: Cambridge University Press, 2012), pp. 157-58.

[14] “James Madison to Thomas Jefferson, [9 March 1812],” National Archives, Founders Online, http://founders.archives.gov/documents/Jefferson/03-04-02-0433 and Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 308。

[15] Norman K. Risjord, “National Honor as the Unifying Force,” in Bradford Perkins, ed., The Causes of the War of 1812: National Honor or National Interest? (New York: Holt, Rinehart and Winston, 1962), p. 94.

[16] Donald R. Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict (Urbana and Chicago: University of Illinois Press, 1989), p. 74。

[17] Jon Latimer, 1812: War with America (London & Cambridge, MA: The Belknap Press of Harvard University Press, 2007), p. 16 Donald Hickey, Don’t Give Up the Ship! Myths of the War of 1812 (Champaign: University of Illinois Press, 2006, p. 19 and Troy Bickham, The Weight of Vengeance: The United States, the British Empire, and the War of 1812 (Oxford: Oxford University Press, 2012), p. 62. Bickham is an American-born historian who studied and taught in Great Britain before returning to the U.S. he specialty is the Atlantic world, with emphasis on the British empire.

[18] Bradford Perkins, Prologue to War: England and the United States, 1805-1812 (Berkeley: University of California Press, 1961), pp. 90-92 Alan Taylor, The Civil War of 1812: American Citizens, British Subjects, Irish Rebels, and Indian Allies (New York: Alfred A. Knopf, 2010), p. 104 and Bickham, The Weight of Vengeance, pp. 32-33.

[19] Perkins, Prologue to War, pp. 94-95 and Thomas A. Bailey, A Diplomatic History of the American People, Tenth Edition (Englewood Cliffs, NJ: Prentice Hall, 1980), p.120.

[20] Spencer C. Tucker and Frank T. Reuter, Injured Honor: The Chesapeake-Leopard Affair, June 22, 1807 (Annapolis, MD: Naval Institute Press, 1996).

[21] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 42。

[23] Bickham, The Weight of Vengeance、 NS。 11, 55-56.

[24] Ibid., pp. 26-27 and John R. Grodzinski, “The Duke of Wellington, the Peninsular War and the War of 1812 Part I: North America and the Peninsular War – Logistics,” The War of 1812 Magazine, Issue 5 (December 2006), http://www.napoleon-series.org/military/Warof1812/2006/Issue5/c_Wellington.html.

[25] J. C. A. Stagg, The War of 1812: Conflict for a Continent (New York: Cambridge University Press, 2012), p. 30。

[26] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict, pp. 16-17.

[27] Bailey, A Diplomatic History of the American People, pp. 128-29.

[28] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 42 and Perkins, Prologue to War、 NS。 421.

[29] Bailey, A Diplomatic History of the American People、 NS。 144。

[30] U.S. Census of Population and Housing, “Table 1. United States Resident Population by State: 1790 – 1850,” http://lwd.dol.state.nj.us/labor/lpa/census/1990/poptrd1.htm and “Population of the Major European Countries” [Source: B. R. Mitchell, European Historical Statistics, 1750-1975, 2nd ed. (New York, 1980)], http://dmorgan.web.wesleyan.edu/materials/population.htm.

[31] Walter Nugent, Habits of Empire: A History of American Expansion (New York: Random House, 2008), p. 10.10。

[32] Ohio History Central, “Tecumseh’s Confederation,” http://www.ohiohistorycentral.org/w/Tecumseh’s_Confederation?rec=637. On Tecumseh and his movement, see Peter Cozzens, Tecumseh and the Prophet: The Shawnee Brothers Who Defied a Nation (New York: Knopf, 2020).

[33] George C. Herring, From Colony to Superpower: U.S. Foreign Relations since 1776 (New York: Oxford University Press, 2008), p. 124. On the relationship between the British and Tecumseh’s confederacy, see Robert S. Allen, “His Majesty’s Indian Allies: Native Peoples, the British Crown and the War of 1812,” ミシガン Historical Review 14.2 (1988): 1–24 .

[34] Hickey, Don’t Give Up the Ship! NS。 38. On treaties, see Donald L. Fixico, ed., Treaties with American Indians: An Encyclopedia of Rights, Conflicts, and Sovereignty (Santa Barbara, CA: ABC-CLIO, 2008), pp. 294-303.

[35] Bickham, The Weight of Vengeance, pp. 244, 43, 47.

[36] Johnson, Jefferson, and Harper quoted in Julius W. Pratt, Expansionists of 1812 (New York: Macmillan Company, 1925), pp. 51-52, 153. Clay quoted in James Hannay, History of the War of 1812 (Toronto: Morang & Co., limited, 1905), pp. 27-28.

[37] Grundy quoted in Pratt, Expansionists of 1812、 NS。 51-52 Calhoun quoted in Henry Adams, History of the United States of America during the Administrations of James Madison (New York: Literary Classics of the U.S., 1986 first published 1889-91), p. 440。

[38] Patrick C. T. White, NS Nation on Trial: America and the War of 1812 (New York: John Wiley & Sons, 1965), pp. 133, 143, 145.

[39] Jerald A. Combs, The History of American Foreign Policy, Volume I: To 1917 (New York: McGraw-Hill, 1986), p. 52, 49 and Donald R. Hickey, The War of 1812: A Short History (Urbana: University of Illinois Press, 1989), p. 11.11。

[40] Bailey, A Diplomatic History of the American People、 NS。 138 and “Debate in the House of Representatives, December 10, 1811,” in Richard Hofstadter, ed., Great Issues in American History, From the Revolution to the Civil War, 1765-1865 (New York: Vintage Books, 1958), pp. 229-30.

[41] Howard Jones, Quest for Security: A History of U.S. Foreign Relations, Volume I to 1813 (New York: McGraw-Hill, 1996), p. 55。

[42] James G. Cusiak, The Other War of 1812: The Patriot War and the American Invasion of Spanish East Florida (Gainesville: University Press of Florida, 2003), p. 32。

[45] Ibid., p. 137 and Gene Allen Smith, The Slaves’ Gamble: Choosing Sides in the War of 1812 (New York: Palgrave Macmillan, 2013), p. 75。

[46] Bickham, The Weight of Vengeance、 NS。 92。

[47] Cusiak, The Other War of 1812, pp. 191-92.

[51] Smith, The Slaves’ Gamble, NS。 182 and Cusiak, The Other War of 1812、 NS。 308。

[52] Taylor, 1812: The Civil War、 NS。 56, 444 and George Sheppard, Plunder, Profit, and Paroles: A Social History of the War of 1812 in Upper Canada (Montreal: McGill-Queen’s University Press, 1994), p. 37。

[53] Samuel Eliot Morison, Frederick Merk, and Frank Freidel, Dissent in Three American Wars (Cambridge, MA: Harvard University Press, 1970), p. 3.[54] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 176 and Hickey, Don’t Give Up The Ship! p.201. On the “laws of war,” see Donald E. Graves, “’Every horror committed with impunity . 。 。 and not a man was punished!’ Reflections on British Military Law and the Atrocities at Hampton in 1813,” The War of 1812 Magazine, Issue 11 (June 2009), http://www.napoleon-series.org/military/Warof1812/2009/Issue11/c_hampton.html.

[55] Taylor, 1812: The Civil War、 NS。 347 and Hickey, Don’t Give Up The Ship! pp. 257-58.

[56] Latimer, 1812: War with America, pp. 262, 265.

[57] Taylor, 1812: The Civil War, pp. 346-47, 390 and Dianne Graves, In the Midst of Alarms: The Untold Story of Women and the War of 1812 (Montreal: Robin Brass Studio Inc, 2007), pp. 365-66.

[58] Taylor, 1812: The Civil War、 NS。 193 and Latimer, 1812: War with America, pp. 259-60.

[59] Hickey, Don’t Give Up the Ship! pp. 192-94 and Robert Kostoff, Nuggets of Niagara County History (New York: iUniverse, Inc., 2003), pp. 74-75.

[60] Spencer C. Tucker, ed., The Encyclopedia of the War of 1812: A Political, Social, and Military History (ABC-CLIO, 2012), Vol. 1、p。 113.

[63] Stagg, The War of 1812: Conflict for a Continent, pp. 156-57.

[64] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 304.

[65] Benn, The War of 1812, pp. 27, 20 and Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 126.

[66] Latimer, 1812: War with America、 NS。 84。

[68] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict, pp. 152-53 and Robert S. Allen, His Majesty’s Indian Allies: British Indian Policy in the Defence of Canada, 1774-1815 (Toronto: Dundurn Press, 1993), p. 140.

[69] Allen, His Majesty’s Indian Allies、 NS。 135 and Taylor, 1812: The Civil War、 NS。 164.

[70] Benn, The War of 1812、 NS。 34。

[72] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 87 and Allen, His Majesty’s Indian Allies、 NS。 140.

[73] Taylor, 1812: The Civil War, pp. 211-12, 206 Linai Taliaferro Helm, The Fort Dearborn Massacre (Chicago: Rand, McNally, 1912), pp. 9-10 and Sandy Antal, “Remember the Raisin! Anatomy of a Demon Myth,” The War of 1812 Magazine, Issue 10 (October 2008), http://www.napoleon-series.org/military/Warof1812/2008/Issue10/c_Raisin.html

[75] Taylor, 1812: The Civil War、 NS。 302.

[77] Taylor, 1812: The Civil War、 NS。 245。

[78] Ibid., pp. 249-50 and Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict, pp. 141-42.

[79] Taylor, 1812: The Civil War, pp. 254-55.

[80] Ibid., p. 259 and Christopher Klein, “The Burning of Buffalo, 200 Years Ago,” December 30, 2013, History in the Headlines, http://www.history.com/news/the-burning-of-buffalo-200-years-ago.

[81] Taylor, 1812: The Civil War, pp. 385-87, 391 and Robert Leckie, The Wars of America (Edison, NJ: Castle Books, 1998), p. 284.

[82] Dianne Graves, In the Midst of Alarms: The Untold Story of Women and the War of 1812″ (Quebec: Robin Brass Studio, 2007), p. 388。

[83] Benn, The War of 1812, pp. 55, 57 and Brian Arthur, How Britain Won the War of 1812: The Royal Navy’s Blockades of the United States, 1812-1815 (Woodbridge, Suffolk, UK: Boydell Press, 2011), p. 241。

[84] Jeremy Black, “A British View of the Naval War of 1812,” Naval History Magazine、Vol。 22, No. 4 (August 2008), http://www.usni.org/magazines/navalhistory/2008-08/british-view-naval-war-1812 and Benn, The War of 1812、 NS。 56。

[85] Donald R Hickey, Don’t Give Up The Ship! Myths of the War of 1812 (Urbana: Illinois University Press, 2006), p. 122 Black, “A British View of the Naval War of 1812” and John A. Tures, “’A Word of ‘Captain Caution’: Myths About Privateers in the War of 1812,” The War of 1812 Magazine, Issue 14 (October 1810), http://www.napoleon-series.org/military/Warof1812/2010/Issue14/c_Privateers.html.

[86] Hickey, Don’t Give Up the Ship!、 NS。 123 “Privateering in the War of 1812,” War of 1812 website (Canada), http://www.eighteentwelve.ca/?q=eng/Topic/66 and Arthur, How Britain Won the War of 181, pp. 210-21.

[87] Benn, The War of 1812、 NS。 57 and Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 153。

[88] Smith, The Slaves’ Gamble, pp. 91, 93.

[89] Latimer, 1812: War with America, pp. 171-72 and Smith, The Slaves’ Gamble, pp. 104, 92, 96.

[91] Smith, The Slaves’ Gamble、 NS。 211, 101-102 and Government of Canada, “War of 1812 The War at Sea,” http://canada.pch.gc.ca/eng/1442343934051/1442344036829#a2.

[92] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 182。

[93] Henry Adams, The War of 1812, (New York: First Cooper Square Press, 1999 original publication circa 1890), p. 218 and Latimer, 1812: War with America, pp. 303-304.

[94] Hickey, The War of 1812: A Short History、 NS。 62。

[96] President James Madison, “Proclamation upon British Depredations, Burning of the Capitol (September 1, 1814),” http://millercenter.org/president/madison/speeches/speech-3624.

[97] Hickey, The War of 1812: A Short History、 NS。 64。

[99] Ibid., pp. 71-72 and Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict, pp. 206, 194-95.

[101] Robert V. Remini, The Battle of New Orleans (Viking Penguin, 2001), pp. 5-6.

[102] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict, pp. 212-13.

[103] Smith, The Slaves’ Gamble, pp. 164, 170.

[104] Ibid., p. 160 and Kenneth R. Aslakson, Making Race in the Courtroom: The Legal Construction of Three Races in Early New Orleans (New York: New York University Press, 2014), p. 183。

[105] Smith, The Slaves’ Gamble, pp. 205-206, 208.

[108] United States Congress (January 1, 1834), アメリカン State Papers: Documents, Legislative and Executive, of the Congress of the United States, Volume 10, pp. 185-87 also cited in Ellis, A Ruinous and Unhappy War、 NS。 177。

[109] “An Address of Members of the House of Representatives of the Congress of the United States, to their Constituents, on the Subject of the War with Great Britain,” http://www.warof1812.net/p/war-protest-letter.html.

[110] New York Evening Post, April 21, 1812, quoted in James H. Ellis, A Ruinous and Unhappy War: New England and the War of 1812 (New York: Algora Publishing, 2009), p. 73。

[111] Ellis, A Ruinous and Unhappy War、 NS。 9 and John Lowell, Mr. Madison’s War. A Dispassionate Inquiry into the Reasons Alleged by Mr. Madison for Declaring an Offensive and Ruinous War against Great Britain. Together with Some Suggestions as to a Peaceable and Constitutional Mode of Averting that Dreadful Calamity – by a New England Farmer (Boston: Russell & Cutler, 1812), pp. 4, 5.

[112] Ellis, A Ruinous and Unhappy War, pp. 28-29.

[113] Ibid., p. 8 and Hickey, Don’t Give Up The Ship! NS。 206。

[114] Ellis, A Ruinous and Unhappy War、 NS。 11 and Bickham, The Weight of Vengeance、 NS。 193。

[115] Ellis, A Ruinous and Unhappy War, pp. 11-13.

[116] J. I. Little, Loyalties in Conflict: A Canadian Borderland in War and Rebellion, 1812-1840 (Toronto: University of Toronto Press, 2008), pp. 37, 44.

[117]Ellis, A Ruinous and Unhappy War、 NS。 51 and Hickey, Don’t Give Up The Ship! NS。 29。

[118] Ellis, A Ruinous and Unhappy War, pp. 185, 192.

[120] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 272。

[122] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 308。

[123] DeBenedetti, The Peace Reform in American History, pp. 28-37 and Lawrence Wittner, “New York’s 200-Year Conspiracy for Peace,” Counterpunch, http://www.counterpunch.org/2015/03/09/new-yorks-200-year-conspiracy-for-peace.

[124] Bickham, The Weight of Vengeance, pp. 68-69 and Hickey, Don’t Give Up the Ship! NS。 8.8。

[125] Bickham, The Weight of Vengeance, pp. 211, 217.

[126] “War Manifesto” House Foreign Relations Committee Report on a Declaration of War (excerpts) June 3, 1812, Records of the U.S. House of Representatives, https://www.archives.gov/legislative/resources/education/1812/handout3.pdf.

[127] Bickham, The Weight of Vengeance, pp. 162, 72.

[128] Ibid., pp. 205-206 and Hickey, Don’t Give Up the Ship! NS。 7。

[129] Patrick C. T. White, A Nation on Trial: America and The War of 1812 (New York: John Wiley & Sons, 1965), pp. 145-47.

[130] Bickham, The Weight of Vengeance, pp. 244-45.

[131] White, A Nation on Trial、 NS。 164 and Benn, The War of 1812、 NS。 83。

[132] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 309.

[133] Hickey, The War of 1812: A Forgotten Conflict、 NS。 308 and Donald Hickey, “Leading Myths of the War of 1812,” The War of 1812 Magazine, Issue 4 (September 2006).

[134] Donald Hickey, “Review Essay: Small War, Big Consequences: Why 1812 Still Matters,” 外交問題、Vol。 91, No. 6 (Nov.-Dec. 2012), p. 150 and Bickham, The Weight of Vengeance、 NS。 277。

[135] Stagg, The War of 1812: Conflict for a Continent、 NS。 168。

[136] Carl Benn, “Introduction,” in Spencer C. Tucker, ed., The Encyclopedia of the War of 1812: A Political, Social, and Military History (ABC-CLIO, 2012), Vol. 1、p。 xxiii.

[137] On the historiographical debate in the U.S., see Thomas Sheppard, “Dubious Victories: Refighting the War of 1812,” The Annual Journal produced by the Corcoran Department of History at the University of Virginia, Fall 2013, http://www.essaysinhistory.com/content/dubious-victories-refighting-war-1812 and Warren H. Goodman, “The Way of 1812: A Survey of Changing Interpretations,” ミシシッピバレーヒストリカルレビュー 28 (September 1941): 171-186. The debate is revived in Stephanie M. Amerian, “‘Difficult to Relinquish Territory Which Had Been Conquered’: Expansionism and the War of 1812,” 外交史、Vol。 39, No. 1 (January 2015). Amerian asserts that the Madison administration was not expansionist at heart, but only wanted to repeal the Orders in Council (p. 77). She cites as evidence the administration’s lack of preparation for the military invasion of Canada and Federalist objections to it, neither of which prove the point. In the end, she makes the convoluted argument “that U.S. leaders consistently rejected the possibility of absorbing Canada and merely asked Britain for sparsely populated western territories during peace negotiations” (p. 96), as if absorbing Upper Canada was not expansionist in design. The U.S., moreover, did not “merely” ask, but used every means of force at its disposal to obtain these territories, resulting in the deaths of thousands.

[138] Walter Borneman, The War that Forged a Nation (New York: Harper Perennial, 2004), p. 3.3。


Declaration of war

DECLARATION OF WAR. An act of the national legislature, in which a state of war is declared to exist between the United States and some other nation.
2. This power is vested in congress by the constitution, art. 1, s. 8. There is no form or ceremony necessary, except the passage of the act. A manifesto, stating the causes of the war, is usually published, but war exists as soon as the act takes effect. It was formerly usual to precede hostilities by a public declaration communicated to the enemy, and to send a herald to demand satisfaction. Potter, Antiquities of Greece, b. 3, c. 7 Dig. 49, 15, 24. But that is not the practice of modern times. In some countries, as England, the, power of declaring war is vested in the king, but he has no power to raise men or money to carry it on, which renders the right almost nugatory.
4. The public proclamation of the government of a state, by which it declares itself to be at war with a foreign power, which is named, and which forbids all and every one to aid or assist the common enemy, is also called a declaration of war.


Activity 1. Answers Lead to More Questions

Briefly review the list of troubling passages and questions in President Madison's War Message that the class compiled in Lesson One, above. Then read with or to the class "President Madison's War Message, Edited/Annotated Version," on pages 1-2, or "President Madison's War Message, Full-Text Version" in the PDF. When you come to previously troubling sections in the text or those relating to student questions, determine if the concerns/questions have been clarified.

Ask students to assume the role of newspaper reporters present when President Madison's message was read in the House of Representatives. Have them write a concise, accurate account of what the message contained. Students should remember to begin the account using the reporter's formula, a brief paragraph summarizing the key elements: who, what, where, when, and why of the event. The text of Madison's message should be available to students as they compose their articles.

  • Secondary accounts offer slightly different versions of the importance of the War Hawks in the run up to the War of 1812. According to The Encyclopedia of American History:

"The prowar feeling that swept the country in 1810-11 left its mark on the congressional elections.

"Most of the War Hawks came from the agrarian areas of the South and West whose people were hardly affected by maritime issues (although some Westerners claimed that the orders in council had crippled their markets for agricultural produce) yet they chose to view maritime seizure and impressments as outrages upon national rights and honor. Northern and Southern War Hawks found common ground in expansionism, (J.W. Pratt, 1925). Those from the Northwest, eager to destroy the frontier Native American menace they attributed to British intrigue and incitement, equated security with land hunger and demanded the conquest of Canada. The Southerners wanted to wrest Florida from Spain, Britain's ally.

"Despite expansionist pressures, the U.S. would not have been involved in war had it not been for maritime and commercial issues. Madison was no tool of the war party (see Theodore Clark Smith, 1931), although he ultimately supported its program." (P. 1548-1549)

According to Donald Hickey's The War of 1812 (Urbana: University of Illinois Press), "By directing debate and interpreting the rules, by packing key committees and acting forcefully behind the scenes, he [Henry Clay, Speaker of the House and an important War Hawk] insured that the War Hawks dominated the 12th Congress." (P. 30) Among the legislators Hickey lists as War Hawks are Henry Clay and Richard M. Johnson of Kentucky Felix Grundy of Tennessee Langdon Cheeves, William Lowndes, John C. Calhoun, and David R. Williams of South Carolina George M. Troup of Georgia Peter B. Porter of New York and John A. Harper of New Hampshire. (Students can look for these names as they read documents from Congress.)

According to American Military History: The War of 1812 on The United States Army website, a link from the EDSITEment resource Internet Pubic Library:

"The seat of anti-British fever was in the Northwest and the lower Ohio Valley, where the land-hungry frontiersmen had no doubt that their troubles with the Indians were the result of British intrigue. Stories were circulated after every Indian raid of British Army muskets and equipment being found on the field. By 1812, the westerners were convinced that their problems could best be solved by forcing the British out of Canada.

"While the western War Hawks urged war in the hope of conquering Canada, the people of Georgia, Tennessee, and the Mississippi Territory entertained similar designs against Florida, a Spanish possession. The fact that Spain and England were allies against Napoleon presented the southern war hawks with an excuse for invading Florida. By this time, also, the balance of political power had shifted south and westward ambitious party leaders had no choice but to align themselves with the war hawks, and 1812 was a Presidential election year."

  • Did the War Hawks tend to come from certain regions of the country?
  • How did they promote a war agenda, if at all?
  • How did the Foreign Relations Committee advance the move toward war, if at all? How did it increase American preparedness for war?
  • What did the War Hawks hope the U.S. would gain from the war?
  • Were their goals reasonable? Legitimate?

A long protest against the 1812 Declaration of War was inserted into the Congressional Record by Samuel Taggart, a Federalist from Massachusetts. (少数派の連邦主義者は、多数派が秘密裏に討論することを主張したため、沈黙を守ることによって討論を「ボイコット」することを決定した。)タグガルトの演説は、衆議院議会年報、第12回議会、第1セッションの1638ページから始まる。 、EDSITEmentリソースAmericanMemoryで。彼の発言は1679ページで終わります。

彼の演説の過程で、タグガルト議員は、戦争に対する連邦主義者の反対を完全に説明します。たとえば、彼はカナダを征服したい人々の野心について次のように述べています。

「カナダの征服は、喜びのパーティーに過ぎないほど簡単であると表現されてきました。私たちは、軍隊を国に進軍させ、米国の基準を示す以外に何もすることはないと言われています。 、そしてカナダ人はすぐにそれに群がり、私たちの保護下に置かれます。彼らは反乱の熟したものとして表され、暴君政府からの解放をあえぎます…しかし、成功の見込みがある国に侵入するには、侵略者の力が必要です侵略された党のそれよりはるかに大きいこと」。 (P.1663)

上院での戦争に対するさらなる異議は、同じくアメリカン・メモリーについて、ニューヨーク州の上院議員であるオバデヤ・ジャーマンによって表明された。

戦争抗議の頂点は、1814年にハートフォード会議でもたらされました。マディソン大統領によると:EDSITEmentでレビューされたウェブサイトの外務アメリカ大統領:


ビデオを見る: מלחמת ששת הימים: 4 מפקדים מספרים על מהלך הקרבות, ארכיון צהל ומעהבט (六月 2022).


コメント:

  1. Zulkilmaran

    優れたアイデア

  2. Zolojin

    お詫び申し上げますが、あなたは間違っていると思います。 PMで私に手紙を書いてください、私たちは話します。

  3. Channing

    Tomorrow is a new day.

  4. Hussain

    どんな言葉...素晴らしい、壮大な考え



メッセージを書く