新しい

フランス語の音声を理解するためのヒント

フランス語の音声を理解するためのヒント

の文字、単語、表現については、フランスの音声学演習が多数あります。これらの演習のエントリは、より詳細な説明が記載されたページにつながるため、プロンプトが表示されたらクリックしてください。話し言葉のフランス語を理解するための基礎を学ぶための優れたリソースになります。

また、市場に出回っている多くの自習用フランスのオーディオ雑誌やオーディオブックも強くお勧めします。これらのツールには、音声ファイルと英語の翻訳を含む広範な長いテキストが含まれており、話し言葉のフランス語を理解するための優れたリソースです。

音声学のレッスンでも、フランスのオーディオ雑誌や本でも、最初に聞いてから言葉を読んだ方が良い結果が得られるでしょうか、それとも同時に聞いて読んだ方が良いでしょうか?実際、これらの方法はどちらも問題ありません。どちらが最適かを判断するだけです。

このプロセスを最も効果的にする方法について考え、オーディオエクササイズを最大限に活用できるようにするためのいくつかのアイデアを提供します。

サイトの各口頭演習には、少なくともサウンドファイルと翻訳が含まれています。これらを使用して口頭理解を高めるためのいくつかの可能なシナリオがあります。どちらを採用するかはあなた次第です。

1.最初に聞く

聴覚の理解度をテストしたい場合や、リスニングスキルに満足している場合は、サウンドファイルを1回以上聞いて、理解度を確認してください。次に、ギャップを埋めるために、サウンドファイルを再生する前または再生中に単語を読みます。

2.最初にお読みください

最初に聞くことの難しさを感じていない学生は、逆のことをするほうが良いかもしれません。最初に言葉を読んだり、ざっと読んで、それが何であるかを理解してから、音声ファイルを聞いてください。読みながら聞くこともできますし、ただ聞いてから言葉に戻ってどれだけ拾えたかを確認することもできます。

3.聞いて読む

この3番目のオプションは、話されているフランス語を理解するのに苦労している学生に最適です。新しいウィンドウで単語を開き、音声ファイルを開始して、聞きながら単語を追跡できるようにします。これは、あなたの脳があなたが聞いているものとそれが意味するものとの間のつながりを作るのに役立ちます。これは、英語の字幕を読みながらフランス映画を見るのに似ています。

どの方法が最適かを決める

「最初に聞く」手法は最も困難です。リスニングスキルが高いと自信がある場合、またはテストする場合は、この方法が効果的です。

ただし、上級の学生は、最初に聞くことは難しすぎて、イライラする可能性があります。したがって、最初に単語を読むことは、概念(意味)を音(話し言葉)に結びつけるのに役立ちます。

リスニングスキルが弱い場合は、リスニング前またはリスニング中に単語を見ると役立つでしょう。

どの方法を選択しても、ここでの目標はリスニングの理解を向上させることです。単語を見ずにサウンドファイルを理解するまで、必要な回数だけ単語の聞き取りとチェックを続けてください。

3つのテクニックすべてを使って、単語を読んでいるときに自分で単語を話してみてください。どうして?学習しているとき、より多くの感覚が関与するほど、脳内で深く刻み込まれた記憶経路が深くなり、より速く学習し、より長く保持します。

この種のエクササイズを定期的に行うと、話し言葉のフランス語に対する理解が向上します。

フランス語の理解度を向上させる

フランスの理解の1つ、またはより可能性の高いいくつかの領域で改善する必要があると判断する場合があります。結局のところ、言語を習得することは、ネイティブスピーカーでさえも対処する微妙な点で散らばる長いプロセスです。常に改善の余地があります。どの分野に焦点を合わせたいかを決め、フランス語をさらに磨くためにもう少し勉強してください。あなたは__したいですか:

  • ここで議論してきたように、話し言葉のフランス語の理解度を向上させます
  • フランス語の発音を改善する
  • フランス語の読解力を向上させる
  • フランス語の動詞の活用を改善する
  • フランス語の語彙を改善する